昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

大江ビルヂング【昭和考古学】

 

所は大阪市北区。地下鉄の駅で言うならば淀屋橋駅と梅田駅の間の界隈をブラブラ歩いていると、こんな素敵な建物を見つけました。

 

大江ビルヂング正面


大阪市内には戦争の空襲の衝撃や猛火にも耐えた、大正時代から昭和初期、たまに明治時代に建てられた、レトロな香りがする建築がけっこう残っているのですが、これもその一つに違いない。

 

大江ビルヂングの看板

名前は、

グンヂルビ江大

・・・なわけがない。これじゃ日本語になってへんし(笑
これは今はすっかり少なくなった、右から読む「右文字」です。当然ながら、

大江ビルヂング

右から読むとちゃんとビルの名前になります。
「ビル」というと、我々戦後の世代は何十階建ての垂直に建つ高層ビルを思い浮かぶことが多いです。これは和風のような洋風のような、なんだかどう表現してええのか言葉に困る、独特のたたずまいをした和洋折衷「ビルヂング」であります。

「ビル」でもなく「ビルディング」でもなく、ビルヂングというところがなんとも時代を感じます。
それより、右読みだけで相当レトロな雰囲気を醸しだしてますな。というか、「ビルヂング」という名前自体を文化財に登録してもいいのではないかというレトロ感。

 

そこで、私の中にある好奇心の血が騒ぎ出しました。
このビルの正体は一体何なのか?
一昔前なら家に帰ってパソコンで調べて・・・となるのですが、今はスマホ全盛の21世紀、手持ちのiPhoneですぐに調べることができます。とても便利な世の中になったもんやな。

しかし、ここであることがわかりました。「ビルヂング」なんて「ビル」やん~と面倒臭がって「大江ビル」で検索すると、中央区にある全く別の場所にある別のビルがヒットしています。ググる時は本名(?)の「大江ビルヂング」で検索して下さいね。

 

 

大江ビルヂングは、大正10年(1921)に建てられた、もうすぐ築100周年を迎えるテナントビルで、大阪初のオール賃貸型オフィスビルとしてスタートしました。
ビルから声が聞こえる・・・。

「あたし、こう見えてもオフィスビルなんです♪」

 

設計は葛野壮一郎(かどの そういちろう、1880- 1944)という建築家が行い、同じく大阪市渡辺橋にある「中央電気倶楽部」という建物も設計しています。

 

大江ビルヂングの側面ファザード

こう見ると、ものすごく重厚感がある石造のビルに見えます。直線を多く使うことによって重厚感を増している気がします。建築学に詳しい人によると、西洋の新古典主義様式やルネッサンス様式、あるいはウィーン分離派の様式がところどころに散りばめられているユニークな建物で、和洋折衷ながら「ほぼ洋風」とのこと。

まるで高級な石が使われたような高級感があるのですが、石造り見えるのは実はフェイクで、ただの鉄筋コンクリート製だったりします。

 

 

大江ビルヂングの玄関のひさし

サメというか、シャチのような青銅製の雨除けのひさしが、入り口にあります。戦前の建物には、玄関に「車止め」を造っていたことが多いですが、これは「車止め」にしてはやけに小さい。

 

大江ビルヂング玄関のひさしを下から撮影

コンクリの塊のよーな建物にちょこんと付け加えられた青銅のひさしは、ひさしという実用性の他に建物にアクセントをつけるためのデコレーションとしても、立派に存在感があります。
そして、建物に威厳をつけるためでもあると思います。
これは、何も気まぐれでつけられたわけではなく、絶対に計算されたものに違いない。


さて、気になる中身は・・・

 

大江ビルヂング正面玄関

重厚な茶色のドア。
何か「懐かしさ」を感じる、レトロな扉ですね~。

 

大江ビルヂング正面玄関のタイル

そして、お客を迎える玄関の床は、こんなタイルで装飾されています。
このいかにも戦前感たっぷりのタイル装飾を見た時、10年ほど前に訪ねた京都の「泊まれない旅館」を思い出しました。

「泊まれない旅館」って何やねん!?と思われますが、これは京都市内にあった旧島原遊廓に建てられた元揚屋、「きんせ」のこと。今はカフェとして開放されています。

 

泊まれない旅館「きんせ」の正面玄関

「きんせ」に入ると我々を歓迎してくれる、玄関のタイル張りです。
「きんせ」は、外観は純和風ながら、一歩入るとこのように超洋風。このすさまじいギャップの虜になってしまう不思議な建物です。建てられた時期は不明だそうですが、大正時代後期にダンスホール付きに改造された和風建築、たぶんこの大江ビルヂングと同時期にリフォームされたのだと思います。
おそらく、大正時代にこんなタイル装飾が流行ったのでしょうね。
「きんせ」については、前のブログで書いたことがあるのですが、近いうちに再訪問してレポートを改訂してみようかと思います。こういう建物に興味がおありなら、軽くお茶でも如何でしょ?大正時代にタイムスリップしたかのようなハイカラ(って表現が古いけど)な洋風っぽさに驚くと思います。

そもそも「きんせ」が現存しているか定かではないけれど、たぶんあるでしょ。

 

==「泊まれない旅館」きんせ==



話をもとに戻します。大江ビルヂングについてある謎が浮かびます。
なんで・・・とは言わないけれども、こんなオフィスビルが何でこんな場所に建てられたのか。
別に作りたけりゃ作ったらええやん!と言われればそれまでですが、一言で片付けたらせっかくのブログがそこで終わってしまう(笑
それに、今でこそ5階建ての建物なんか掃いて捨てるほどありますが、大正時代で5階建てというと、大阪で言うならあべのハルカスとは言わないが、梅田のグランフロント大阪並の「高層ビル」に等しい規模やったりします。階数は当然負けるけれど、平屋かせいぜい2階建てがメインの中に5階建ての威圧感は、10階20階建てなんて当たり前の我々の時代の人間には理解できないと思います。
そんな「高層ビル」を、和洋折衷の香りがムンムンする個性的なビルを建てるのには、何か理由があったはず。

 

 

そのヒントが、実はこの界隈にあったりします。

f:id:casemaestro89:20170722184451j:plain

どこにでもありそーな建物ですが、どこか威厳というかいかつさを感じません?
これ、大阪地方裁判所高等裁判所の合同庁舎です。
できればお世話にはなりたくない建物ですが、大江ビルヂングはそのすぐ近くにあるビルだったりします。
何の関係もなさそうな裁判所が、このビルの歴史の物語を語る上で絶対不可欠な要素になっています。

 

 

f:id:casemaestro89:20170722185111j:plain


青い◯が裁判所赤い◯が大江ビルヂングです。
すぐ近くどころかもう横、徒歩2分くらいな位置に建てられていることがおわかりだと思います。裁判が始まる前に、弁護士が「あ!忘れ物した!」とうっかりミスしても、往復5分くらいで戻ってこれそうな距離であります。ここに事務所を構えたら、心置きなく忘れ物ができます(笑

実はこの大江ビルヂングは、当時の控訴院、今の高等裁判所があるという地の利を活かして、弁護士事務所向けに作られたビルなのです。

 

大江ビルヂングのテナント一覧

ちょっと見にくいですが、今の大江ビルヂングのテナント一覧です。
弁護士事務所専用ビルとして建てられて90年近く経った今でも、まだ弁護士事務所が多く入っています。サラっと超どんぶり勘定で数えてみても、10軒は余裕は下らない。
弁護士事務所としては、まだまだ立派な現役でございます。

建てられた当時は、地下に食堂や散髪屋や貸金庫、1階にはビリヤード場や売店、ミニバーまで備えていたといいます。それだけでも弁護士という知的職業者たちのためのギルドビルでもあり、サロン(社交場)でもあったのでしょう。

 

f:id:casemaestro89:20170722183000j:plain


上の写真の左端にサラリと「貸室」の看板があるように、今は普通の会社も普通に構えていたりします。前職でこのビル内にオフィスを構えている顧客がいたのですが、ただの輸入業者で弁護士稼業とは何の関係もありません。まさか弁護士の副業が輸入業者ではありまい。

 

そしてこの界隈、知る人ぞ知る大阪屈指の

弁護士街

だったりします。
ここ界隈を一回りウロウロしてみるとわかります。大江ビルヂングを中心軸に、弁護士や司法書士の事務所が固まっているのです。
もちろん、大江ビルヂングの周りにはごくふつーのオフィスビルもあるのですが、そこを覗いてみたらやはりというかまさかというか、「◯×法律事務所」の名前がズラリ。
もし大阪で法律相談があったら、ヘタにネットで調べるよりここ近辺の弁護士事務所をローラーで訪ねた方が早いんちゃう?というくらい、法律事務所の多いこと多いこと。
東京の神田みたいな「古本屋街」や秋葉原みたいな「オタク街」はあっても、弁護士街」は聞いたこともない。全国でもかなり珍しいのではないかと思います。
「弁護士街」とは私の造語ですが、この事実、非大阪人が知らなくても当たり前、大阪人でも司法関係者以外知らないのではないですかね?
はい、大阪人やってもうン十年経つわたくしでも、今の今まで知りませんでした。

 

そんな「弁護士街」にも、昭和感を醸し出す建物がいくつか残っています。

 

f:id:casemaestro89:20170722192757j:plain

 

大阪にはよくある、二戸の家が合体した「ニコイチ」という長屋を利用した家です。右側が洋風にリノベーションされています。おそらく戦後の昭和20年~30年代の建築でしょう。

この建物だけでも見とれてしまいそうですが、ここは現役の弁護士事務所なのです。訪ねてみたら、なんだか口ひげを生やした弁護士がパイプを咥えながら登場するという、シャーロック・ホームズのような展開が待っていそうです。それじゃ弁護士やなくて探偵やん。

 

そしてこの界隈、法律事務所よりは少ないものの、それでもけっこう目についたのが画廊。大江ビルヂングの中にも画廊がいくつかあり、レトロな大江ビルヂングとぴったし合っています。
「弁護士街」と「画廊街」、なんかスーツでビシッときめ背筋を伸ばした法律事務所、かたやダランと自由きままな芸術的なもの。水と油で反発し合いそうなものが隣り合わせで共存しているのも、また大阪ならではなんかもしれませんな。

 

一つのことを色々調べていくと、今まで知らなかったおもろいことが見つかるものです。だから一つのことを掘り下げていくのが面白く、「昭和考古学」などの探求がやめられないのですが、この大江ビルヂングにも衝撃の歴史が!?

 

 

f:id:casemaestro89:20170722190352j:plain

大阪が全国に誇る暴君(?)いや、その発言で全国の民をハラハラドキドキさせた(笑)元大阪府知事及び市長の橋下徹さんが元弁護士なのは、みなさんご存知のことでしょう。今は弁護士もやりながら、メインの肩書は「国際ジャーナリスト」らしいです。松井一郎大阪府知事がテレビで言っていたので本当でしょう。
個人的には橋下さんの言いたい放題、しかし筋が通っているキャラって好きなのですが、まあ品格はない(笑
しかし、本人も「僕にそんなの期待しないで下さい」と言っている以上、こちらもそういうことに期待はしていませんでした。


そんなことはさておき、この橋下氏が弁護士事務所を開いたのが、この大江ビルヂングだったんです。

過去にあった橋下氏のオフィシャルブログによると、前々からこのビルに惹かれていたそうで、弁護士になったら「ここに事務所を構える」と決めていたといいます。実際弁護士となり独立して最初に事務所を開いたのがここでした。
あのキャラなら、

「あんな古臭いビルなんか壊してしまうべきですよね!」

って言うた途端、さっさと実行しそうなイメージ(※あくまでイメージなだけですw)なのですが、あの(?)橋下さんが「魅せられた」そうなので、彼は実はけっこうなレトロ趣味なんかもしれませんな!?
それか、この大江ビルヂングが弁護士に「ここに事務所を作るのが夢なんです」と言わせるくらいの権威を備えていたことがわかります。
こう言うと橋下さんには失礼ですが、あのキャラと大江ビルヂング、越えられない溝のようなギャップがあるのですよね。

 

ここまで引き伸ばしてきましたが、さてお待ちかね(?)の建物内部の画像を今からゆっくり公開!!


・・・といきたかったんけど、この建物内部は

撮影禁止

で~す。
玄関には「撮影禁止」と書かれているので、まあ写真撮ったらあかんのやろなとはすぐわかります。0.1%の可能性を賭けて玄関に座っとる守衛さんに「撮ってええ?」と聞いてみました。
すると、「ダメ」と冷たい一言が。
そうか・・・あかんのか・・・。まあそりゃ仕方ない。
拝み倒してなんとか玄関までの撮影はOKもらったものの、玄関ドアから先の撮影はダメったらダメ。
はいはい、わかりましたよ~。
何せビルの性質が性質なので、これ以上ゴネたら守衛がボタン押して、けたたましいブザーの音と共に弁護士が3~4人飛んできそう(笑
何せ弁護士事務所ビルなので、ヘタに写真撮ると、

「訴えてやる!!」
って声がどこからか聞こえてきそうで。
たかが趣味と見学で訴えられたらたまらないので、カメラはそっとポケットに忍ばせながら撮影・・・してません。
しかし、見学は自由とのことで、少し構内を散歩させていただきました。中も相当レトロな匂いがする、非常にええ意味で古ぼけた構内です。レトロな建物に興味がある方は是非このビルを見学してみて下さい。私に絵心があれば、絵にして公開といきたいのですが、私の絵のレベルはヘタな幼稚園児以下の水準なので(汗)
構内の共用トイレはなかなかええ感じがします。トイレ借りるだけでもええんちゃいます?また画廊もあるので、ついでに目と心の保養に絵画の鑑賞でも。

 

そして、法律でお悩みの方は是非当ビルに。なんちゃって(笑

 

■■最後までご覧いただきありがとうございます。そしてお疲れ様でしたm(_ _)m

よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪■■

 ↓↓


にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ