昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

宝塚のブスの25か条

f:id:casemaestro89:20171223195707j:plain

いきなりですが、この記事は女性にケンカを売っているわけではありません(笑

 

『宝塚のブスの25か条』

というものを聞いたことがありますか?

「宝塚」とは宝塚歌劇団(以下タカラヅカ)のことで、音楽学校や舞台裏に突然、誰でも目が届く所にある日突然貼られていたものでした。

しかし、書かれていた貼り紙はいつの間にかなくなった、謎の戒めだったそうです。

なので、タカラヅカの劇団員に代々伝わっている伝統の教えでもなく、全員知っているわけでもないものです。

『ブスの25か条』をリアルタイムで見たある元団員さんが本で書いたことで有名になり、今ではタカラヅカファンはもちろん、ビジネス面でも知る人ぞ知る教えになっています。

 

 

ブスの25か条とは

 

f:id:casemaestro89:20171223195856j:plain

 

この25か条は以下のとおり。

 

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.精気がない
5.目が輝いていない
6.いつも口がへの字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスであることを知らない
10.声が小さく、イジケている
11.自分が正しいと信じ込んでいる
12.愚痴をこぼす
13.他人を恨む
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人に嫉妬する
17.他人に尽くさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない
21.なんでもないことに傷つく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.人生においても仕事においても意欲がない
25.存在自体が周囲を暗くする

 

 改めて見てみたら、この「ブス」は顔ではなく、「性格」のことなのだろうと感じたりします。

 つまり、この「ブスの25箇条」は、
「性格歪んだら顔もブサイクになる」
という戒めであり、逆読みすると、
「美人になりたかったら、心もきれいでないとダメ」
ということ。
タカラヅカに美人が多いんは、元もきれいなのはもちろん、中身もこれを見て常に自分を戒め、ドロドロとした心のヘドロのお掃除を定期的にしているからじゃないですかね!?
もちろん、タカラヅカの女優全員がそうとは限らないとは思うけど、少なくても輝いとるトップスターは、常に自分に厳しくしているからこそ、あの美貌なのだと思います。
才色兼備の女優を産出するタカラヅカの奥義は、案外ここにあるのかもね。

で、これを実行さえすれば「ブス脱出」とも限りません。

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない

だと、

「笑顔やったらいいんでしょ!」

「お礼を言ったらいいんでしょ!」

と無理やり+イヤイヤそうする人がいるはず。そんな単細胞な考えこそが「ブス」なんやってと、気づかないのは本人ばかりなり。
そういう意味では、「美人」の条件は歪めずまっすぐに理解する力も必要だけれども、「社交辞令」「愛想笑い」「心がこもってないお礼」はむしろ逆効果、本心の卑しさを自分から晒すことになります。知らぬは本人ばかりなり、見抜く人は見抜いているし、見抜けます。


以前働いていた会社に、ホンマ残念やなーと思う女の子がいました。
私が入った頃は、それこそ目が覚めるほどのべっぴんさんで、確か20代前半。私も下心なしでこの女の子はかわいいなと思いました。当然、男からはモテモテで飲み会があると彼女の周りに野郎どもの人だかり。野郎どもの闇オークションで彼女のプライベートメールアドレスが、嘘かまことか10万円で売れたとかいう伝説もありました。

しかし、私はなんだか違和感を感じました。確かに美人なんだけど、なんだか喉元に引っかかるようなものを彼女に感じたのです。

それから数年経った今、彼女は脂が乗って更にべっぴんさん・・・と思ったら、逆に非常にブスになっておりました。化粧が変わったとか髪型が変わったとか逆整形手術したとか(笑)、そういうブスではないおです。
顔はほとんど変わっていない。相変わらずのべっぴんさんです。が、内面からにじみ出るようなブサイクになっているというのか、いや、ブサイクではなく「醜さ」と言っても良い程。醸しだす雰囲気が「ブサイク」。うまく表現できないのですが、そんな感じです。
周囲からチヤホヤされ甘やかされて育ったのか、少し贔屓目で見ても「ブスの25箇条」すべてに当てはまる、タカラヅカ風に言えば「ブスの完全体」のいい見本。
あまりに当てはまるので、

「いやいや、そんなことはない。

1項目くらいはハズレな所あるやろ」

と何度も考えてみても、やはり25箇条全部に当てはまるロイヤルストレートフラッシュ。


それからまた月日が経った時のこと。前に彼女と同じ部署だった元同僚が、1年半ぶりに彼女を見つけました。私はその横で一緒にタバコを吸っていたのですが、彼女がええっと声を出し一言。

「彼女、めっちゃブサイクになったな~!」

元同僚の顔は、激しくドン引き気味でした。


私も激しく同意なので、淡々と言いました。

「ああ、ついに性格の悪さが顔に出たんちゃうのん?」

すると、その人も

「やね(笑」

と納得しとったのには少し笑いました。がははは、あなたもそう思ってたか。
ルックスと、背も低くなく高くもないという男好みのスタイルは文句なしなのに、性格ですべて帳消しどころか、帳消しオーバーのマイナス計上。実に、実にもったいないと思いました。
これは彼女の悪口・陰口ではありません。何というか、

「お前は自分を見つめ直したら一皮むけたら、もっとええ女になれるのに・・・」

と妹を心配している兄の気持ちですね。
出来たら、彼女本人にこのブログ見てもらいたいくらいです。これ以上醜くなったらおっさん・・・やなくてお兄ちゃん悲しいぞ(笑

 

彼女の心の奥に潜むヘドロを、『論語』に書かれた人物鑑定法、
「視・観・察」
などを使ってプロファイリングしてみると・・・。
本来ある「7.自信がない」からか劣等感を持ち、自分が努力や問題解決しないことを棚に上げ、「16.他人に嫉妬する」「12.愚痴をこぼす」。事実、彼女は愚痴や他人の悪口が多かったそうです。
それが基盤になって視野のレンズが歪み始め、「11.自分が正しいと信じ込んでいる」「15.いつも周囲が悪いと思っている」せいで、

「なんであたしが反省せなあかんの!」

「19.謙虚さがなく傲慢である」となる。

人生の「甘い味」しか知らず、苦言は「20.人のアドバイスや忠告を受け入れない」と感情的に拒否。これを俗に「甘ちゃん」と言います。
人生の「苦味」「渋味」を知らず「甘味」だけ摂り続けると、甘いものばかり摂ると太るのと同じく「心の肥満体」になる。それが顔にも出る。周りも厳しいこと言わず甘味ばっかし与えるor本人が「苦味」を拒否して「甘味」しか受け入れないので、「9.自分がブスであることを知らない」ことにもなる。
そして、せっかくのアドバイス「21.なんでもないことに傷つ」き、その人を敵とみなして「13.他人を恨む」ようになる。実は私、仕事上のことでキツく注意したことがあるのです、一度だけ。しかし、結果はものの見事な逆ギレ&逆恨みでした。


以上、タカラヅカ風「ブス」のいっちょ上がり~♪

 

心の歪みは顔に出る


そんな彼女を見て思うのが、心の歪みは顔に出るというのは事実ということ。
リンカーンに、こんな名言があります。


「四十歳を過ぎた者は、自分の顔に責任を持て」


大統領になったリンカーンに、知り合いがある男Aを側近にどうですかと推薦してきました。大統領はとりあえずAに会い面接をしたものの、返事を全くしないまま時が経ちました。

知り合いが痺れを切らせ、

「Aのことはどうなったのですか!」

と詰め寄ったのですが、リンカーンは、

「あの男はダメだ。何がダメって、顔がダメ」

と答え、上の言葉を言ったと伝えられています。

知り合いは納得しないまま去ったのですが、のちにAは詐欺かなにかの犯罪で捕まったそうです。

 

リンカーンは40歳と言っているのですが、彼女の場合、40どころか20代後半に現れてきました。20代の顔はまだ安定していないもの、彼女の歪みはもしかして予想以上の重症だったのかもしれません・・・。

私も40歳を過ぎ、果たして自分の顔に責任を持てているのかは疑問ですが、悪い顔にはなっていない・・・はず。

 

そして会社を辞めて数年経った昨年、元職場の近くを通りかかると彼女と道端で出くわしました。その顔を見て衝撃を受けました。ブサイクを超え、醜さを越えた「何か」になっていたのです。年齢のせいとかそういう次元ではありません。

あれだけの美人が、哀れ、見るも無残な姿になっていたのを目の当たりにし、自分も鏡を見直さないといけないなと、自分の褌を締める思いでした。

そして、改めて悟りました。

性格・人生経験・ものの考え方・・・それはすべて顔に出ると。

 

☆☆最後までご覧いただき、ありがとうございます。

よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪☆☆