読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

日本人留学生S、中国人彼女の父からの怒声。減少した駐在日本人は中国に戻るのか

headlines.yahoo.co.jp

 

俺も長い間中国に留学していて、もう20年以上前になりますが、現地の中国人と恋沙汰になったことがあるので、彼の傷心は痛いほどよくわかります。

しかしながら、

「日本人だから」

それだけの理由で交際を反対されたら、その恋愛はご縁がなかったと諦めるしかない。いくら人格が優れていても、「日本人だから」と生理的に拒否されるからです。まあ、中国人は「現生教」というくらいお金崇拝が激しいから、実家がすごい金持ちだったら心を入れ替えていたかもしれません(笑

 

2015年卒業したSは、中国に留まって就職するのか、それとも帰国すべきか逡巡した。日中関係は緊張し、中国経済は減速していた。Sは帰国し飲食店チェーンに就職した。睡眠時間は2時間程度だった。学歴社会の日本では中国語が話せたところで出世のプラスになるかどうかわからない。

1年後Sは日本の仕事を辞め、広東省・広州へ行き、人材仲介会社に職を得た。やはりチャンスは中国のほうが多いと実感しているという。

 

俺も中国で職を得た口だけれども、15年以上前の話だし、当時は日本企業の中国進出ラッシュで中国語が話せる人材が不足していた時期でもありました。人材登録会社に登録しておけば、何もしなくても就職の話が持ち上がっていたので、今振り返ると良い時期に良い青年期を過ごしたものだと。

そうして俺は中国の日本企業で職歴を積み、現在に至っているわけですが、彼の場合は少し時期が悪かったのかもしれない。「交換留学生」というのだから、大学には行っていたのだろうと推測できるのですが、それであまり就職口に恵まれなかったようです。それは学歴がどうだのというより、単にその彼に実力がなかっただけなのかもしれません。

俺も「元留学生」なので留学の現実を見てきたのですが、語学留学をしたからといってペラペラになって帰ってくるとは限りません。甘く見て留学生の8割くらいが遊び呆けた挙句、

「俺(私)の留学って何だったんだろう?」

と首を傾げながら帰国した・・・というのが現実でした。まあ、「8割」っても統計を取ったわけではないですけどね(笑

中国人との恋にかまけてロクに勉強しなかった人も数多く見てきたので、想像の範囲ではありますが、中国語の実力がそれほどでもなかったと判断されたのかもしれません。ぶっちゃけ、俺は高卒でかつ語学を使って仕事をしてはいますが、「学歴社会」の壁を感じたことはありません。最近は「高卒」なことを誇りにさえしている自分がいます(笑

じゃあ、「留学の成功」って何を基準にするのか?という疑問が浮かびます。

留学というと、どうしても

「◯◯語ペラペラになって帰ってくる」

というような、技術面ばかりがクローズアップされます。

それはある程度致し方ない部分はありますが、「◯◯語」というのはあくまで道具に過ぎません。留学にしても、その先にある就職などにしても、

「◯◯語を使って何を学んだか」

ということが、留学の「成功」と「失敗」を分ける境界線になるかと思っています。

ほとんどの人は、

「◯◯語がペラペラになる」

ということを留学のゴールにしています。

数週間までの短期留学ならそれもいいでしょう。しかし、長期になると話せるようになるなんて当たり前という心持ちで挑んだ方が、留学をより「成功」へのベクトルへ向けさせるカギとなります。

なので、長期留学に関してはそれなりの自分のテーマを持って臨んだ方が、留学生活はより楽しくなることでしょう。

 

話は外れましたが、S氏が中国で職を得て幸せになれるかどうかは、未来なんて誰にもわからないから誰もわかりません。

「S氏の人生に幸あれ!」

一ブロガーの俺は、それしか言えません。

しかし、一つだけ言えることがあります。

それは、良くも悪くも自分の経験にはなるということ。

正直、中国に住んでると色んなことが起こります。修羅場から詐欺まで、中国のことを書き出したらキリがないくらい散々な目に遭いました(笑

しかし、10年以上経った今ではそれが良い経験になっていることに気づきました。つまり、

「中国人の思考パターンがある程度読めるようになった」

ということ。

これは経験だけではなく、中国古典から新書まで読みふけった読書の効果もありますが、体当たりで経験していくとそれが積み重なって見えない財産となっていきます。そして、それが積み重なって自分というものを形作っていく。まあ、中国で散々な目遭いまくって、その後の人格形成に多大な影響を受けた人も、数多く見てきましたけどね(笑

 

久しぶりにブログを書いたので、今日はリハビリ程度にこれまでとします。

まだまだブロガー「暖機中」ですが、これからエンジンが暖まればどしどし書いていきたいと思います!