読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

【南京大虐殺】「中国人の日本への渡航を禁止すべきだ」 新華社の女性記者らが新宿のアパホテルに潜入、ネットでは賛否の声

mix2ch.blog.fc2.com

fxya.blog129.fc2.com

 

昨日から世間・・・ではなく中国を騒がせているアパホテルの件ですが、中国が噛みつきまくって面白い展開になっています。

アパホテルの「漢」っぷりにネットでは絶賛、中国外務省まで噛み付いてきてアパの株価は上昇中。もしもこれがアパホテル側の経営戦略だとしたら、広告費は浮くは、マナーが悪い中国人客への「魔除け」になるは、株は上がるは(実際上がってるし)でとんだ策士っぷりですな。炎上を商売にするとは、お主も悪よのう(笑

しかし、このニュースでちょっと引っかかるところがありました。

それは。。。

 

ちょっと待て、このソースの元の元は?

2ちゃんねるでのこのニュースのソースは産経新聞となっていますが、その産経はどこからネタを取ってきたかと調べてみたら・・・なんと!

 

鳳凰衛視

 

じゃないですか~!

知らない人に解説すると、鳳凰衛視(フェニックステレビ)とは、香港を拠点とする中国系のテレビ局で、内容は全体的にお硬い番組が多いのが特徴です。

いくつかチャンネルがあるのですが、その中の「中文台」(中国語チャンネル)が代表的で、「中文台=鳳凰衛視」とみなしても良いかもしれません。

 

で、この鳳凰衛視、拠点が香港なので、

「香港を拠点」→「香港なら中国よりはマシか」→「まともかも、Maybe」

となりそうですが、そうは問屋がおろさない。

この鳳凰衛視トップは人民解放軍出身の中国人で、かの北京の中央電視台にも籍を置いていたことがある、ある意味情報のスペシャリストです。

そして、もうここでお察しがつくように、ここは報道が思いっきり中国寄りで、

「中央電視台 香港支局」

なんて、俺は中国に住んでた時に言ってました。

中国通・・・というまでもなく、中国情勢をちょっと知ってる人であれば、「鳳凰衛視」と聞いただけではいお察し。おまけに新華社との大凶コラボときたので、あからさますぎてもうブログを書くのもバカバカしい。いつもなら、

「な~んや、ただの鳳凰衛視か」

と、そっとブラウザを閉じます(笑

でも、2ちゃんの中ではそれを知らずに脊髄反射して頭に血が上っている人を多く見かけるので、こういう裏があるということで、敢えて書いてみました。

 

そして、韓国の脊髄反射ニュースと違い中国のしたたかなところは、オーストラリア人という今回の件とは関係ない第三国の人間を出しているところですね。

インタビューされている人間が中国人なら、目が肥えてる日本ネットのこと、

「はいはい、自演乙」

でスルーされてしまいます。

しかし、オーストラリア人を出すことによって、

「ほらほら、第三国の方もこうおっしゃってますよ」

と揺さぶりをかける戦術が見え隠れします。

日本人は「世間体」、つまり第三者の目を気にします。ネットでもテレビでも、「外国人から見た日本」的なものが人気があるので、無意識にそれを気にしてします。でも、それは悪いことではありません。それも我々が築いてきた「日本文化」なのだから。

しかし、中国のしたたかなところは、それを知ってて戦術に使ってくることです。

最近のネットでは戦前の「暴支膺懲(ぼうしようちょう)」ではないですが、中国へのマイナスニュースが駆け巡っている傾向で、中国を少し侮った目で見る人が多くなっている気がします。

個人的には、良くない傾向だと思います。

いや、お前は親中か!?共産党のハニートラップにかかったか!?という前に、ちょっと俺の話を聞いてね(笑

正直なところ、中国の情報戦術は日本や日本人の想像を超えています。紀元前から情報戦のキャリアがある歴戦の猛者、のほほん日本人にははっきり言って侮れません。最近の中国情勢叩きも、中国と長年お付き合いしている俺から見ると、中国の策略じゃないかとさえ思ってしまうのです。要するに、

「中国なんて屁じゃん!経済も下向きだし」

と油断させる裏工作だと。

戦前の「暴支膺懲」は日本人の傲慢さから始まったことですが、中国はちゃっかりそこを研究していて、ちょっと弱いところを見せたらたちまち天狗になると踏んで、敢えてマイナス情報を流してるんじゃないかと、疑心暗鬼になるのは考え過ぎですかね?

まあ、韓国は素であんな感じなんでしょうが(笑

 

それはさておき、こういうニュースも冷静に見ると他愛もないこと。今回は鳳凰衛視マンセーニュースということで、あまり脊髄反射をしないようにしましょう。特に中国にはご存知の通り言論の自由がなければ、報道の自由もない国なので、こういうニュースは「ソースのソースはどこか」をしっかりつかむことも、正しい目を養うヒントになります。