読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

ある日、ブログがなくなるリスクを考えたことはあるか

Doblogの思い出

13年くらい前になりますが、Doblogドブログというブログサイトでブログを書いていました。

 

当時は既にgoo、Livedoorなどのブログサイトがメジャーなブログサイトとして君臨していました。
はてなはダイアリーがあったのは覚えてますが、ブログはなかったはず。

その中で何故Doblogを選んだのか、今思えばなんでだったんですかね?わかりません。

 

Doblogは、管理会社こそNTTデータという大企業でしたが、サイト自体はマイナーなせいかこじんまりとしており、Doblogユーザーは自虐を込めて「Doblog村」と呼んでいました。
「村」とつくだけあって、ブロガー同士の横のつながりは深いものでした。

ツイッターFacebookも当然なかったので、その分村の住人どうしで和気あいあいとお互い肩を寄せ合っており、サイト自体SNSの元祖のような雰囲気がありました。

はてなブログもけっこう横のつながりが強いブログサイトだと思いますが、Doblogは人数が少ない分、濃度はそれより高めでした。

仲が良くなった「村民」どうしでオフ会をしたり、モノを交換したり、交流は非常に盛んでした。10年以上経った今だから言いますが、ちょっとした恋物語も。まあ実りませんでしたが(笑

 

medium.com

の中に書いてある、

ちょっとしたSNSのような雰囲気もあるブログサービスでした。

には全面的に同意です。
サラッと書いている文章ですが、あの雰囲気を味わった「Doblog村の元住民」しか書けません。

くそ、俺が書きたかったことを先に書きやがって(笑

 

ブログサイトとしては非常に原始的なものだったので、はてなブログのようにスターははてブなどはなく、トラックバックすらありませんでした。

写真も一記事につき5枚しか貼れなかったし。

しかし、このDoblog、しょっちゅうサーバーダウンしてしまう上に、めちゃくちゃ重いという欠点がありました。
しかし、それもDoblogの醍醐味とばかりに、みんな
「またか~」
とのんびり復旧をお待ちする、実にのんびりとしたものでした。
なにせ「村」なので、「村長」であるDoblog運営との距離も非常に近いものでした。

 

NTTの実験ブログサイトという意味合いもあったこのDoblog、ブログサイトとしてはホンマに欠点ばかりでした。

しかし、Doblogを愛するドブロガーたちはそんな欠点でさえも愛でるような寛大な心を持っていました。まるで、出来の悪い不良息子を愛おしく思う母親のように。

まあ、そういう境地でないと、Doblog村民なんてやってられなかったんですけどね(笑

 

 

 中国のメモリーが詰まったブログ

ブログを始めた当時、私は中国の上海に仕事で駐在していました。
テーマはもちろん中国。
3歩歩けばブログネタに当たるという、ネタの宝庫中国。ネタには困らないどころか、多すぎて結局書ききれなかったほどでした。

当時は中国の経済発展もあって猫も杓子も中国だったのですが、きらびやかな表の面しか取り上げない、まるで中国の太鼓持ちのような日本のマスコミに、かなりの反感を持っていました。

東京の新宿か渋谷駅前だけを映しては、「これが日本です」と言っているようなもの。中国の現実を毎日、目の前で見ている私にとっては、甚だ不満が残りました。


「じゃあ、俺が『本当の中国』を伝えようやんけ!」


ブログというツールがあれば水を得た魚、鬼に金棒。メディアというフィルターを通さずに、良くも悪くも生の中国を伝えることができる。
治安の悪化や人身売買、上海に存在した巨大スラムなど、テレビでは採り上げない、いや、ブログでも微妙なラインかもしれない、裏の中国まで記事にしたちょっとした「ブログジャーナリスト」気取りでした。

 

その調子でブログを書いていると、ある日突然、家のドアをノックする音がする・・・。
開けてみると公安(警察)がドアの前に。

 

「我が国のマイナス面を世界に晒したアルね!『国家機密漏洩罪』で逮捕アルよ!」

 

というのを毎日覚悟しながらでした(笑)

 

 

しかし、もちろん遊びに中国に行っていたわけではありません。
仕事は非常に忙しく、月の半分は出張、上海にいても帰宅は毎日日付が変わる頃。
それでも、ブログが楽しくて楽しくて、毎日更新していたのを覚えています。
今思えば、毎日ブログを更新する体力と気力がよくあったな、とまるで同じ自分とは思えません。それだけ楽しかったのでしょう。


のちにいろいろあってブログをFC2に移し、Doblog村から出ていくことになりました。

新居はFC2という大都会ブログサイト、村での横のつながりに慣れた身にとっては、寂しさもひとしおでした。知り合いが一人もいない大都会の真ん中に、急に放り込まれたようなものでした。

 

Doblogの閉鎖

 

Doblog閉鎖のお知らせ

それから数年の時が経ち、大都会での生活も慣れた頃、Doblogが閉鎖という風のウワサを耳にしました。

 

閉鎖の話を聴き、久しぶりに旧居を訪れてみました。

閉鎖はしなかったのでDoblogには籍を置いていたものの、旧居は引っ越し以来放置プレイのため荒れ放題。

そのまま放置してブログの自然消滅を待つのも良かったのですが、上海時代の思い出がすべてここに詰まっていると言っても過言ではない。ブログはやはり「自分の過去のログ」なのです。記事をPCに保存しようかと思いました。

しかし、閉鎖までほとんど時間がなかったのです。すべての記事を引っ越しさせるのは物理的に不可能でした。

結局、選りすぐりの記事だけを引っ越しさせたところでDoblogは終了。取り壊しとなり今は跡形も残っていません。

そこにかつて、サーバーダウン&メンテばっかりの超~重い「村」があった、という伝説だけが残りました。

冷たい風が頬を叩くような、一抹の寂しさを覚えた記憶があります。

さようならDoblog、遠くの世界へ旅立つ、二度と会えない友を見送る気分でした。

 

Doblog村との住人と「ネットお別れ会」を行いながら、別れを惜しみつつもみんな散り散りに別のブログへ移っていきました。
その時から今でもブログを続けている人は、ほんの一握りになってしまいましたが、当時の村の仲間たちとはmixiやFBなどで繋がっている人もいます。

はてなのブロガーの方には、元Doblogの村民だった人も、もしかしているかもしれませんね。誰かいたらコメントかはてブでメッセージ下さい~。

 

こうやってブログを書いていると、ブログサイトがある日突然閉鎖されるということは考えてもいないと思います。ネット資源は無限、永久的に残ると思っている人もいることでしょう。

しかし、100&あり得ないとは誰が言えるのでしょうか。

ここはてなブログはしばらくは大丈夫とは思います。しかし、十数年後にも残っている保証はありません。はてなもボランティアでやっているわけではないので、儲からなくなったら閉鎖ということもあり得ます。

それでも、「んなアホな!」と思うかもしれません。

 

しかし、「元の家」が取り壊しになったという現実を経験した私にとっては、そういうリスクも考えていかないといけないかなと。

ブログも記事をいくつも、数年も積み重ねると一つの自分の財産になります。

そんな「財産」は一瞬で壊れるリスクも、頭の片隅にくらいは考えておくことが、リスクヘッジになるのではないかなと思います。

 

なんだかこの記事、書くにつれてDoblog時代のことを思い出し、自分で書いていて涙が出てきてしまいました(笑

 

☆☆よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪☆☆