昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

ついにニーハオトイレ撲滅?-中国に「便所革命」か

f:id:casemaestro89:20170531110825p:plain

 

本文の前に
この記事はちょっと下世話な話なります。
食事中の方は、とりあえず食事を済ませてからご覧下さい。
気分を害しても当方は一切の責任を終えません(笑)

 

 

 

f:id:casemaestro89:20170531110906p:plain

 

 

ついに、あの中国が重い腰を上げたようです。

中国のトイレと言えば、あれだと思い浮かぶ人はすぐ浮かぶ「ニーハオトイレ」

呼ばれる戸がないトイレや、溝でみんな並んで「大」をするトイレなどなど。トイレの「愉快さ」にかけては世界に類を見ない国であります。

ガイドブックには載らない、いや載せられない中国の観光名所と言っても過言ではないですが、中国でニーハオトイレのキツい洗礼を浴びた方も多いはず。

トイレなら中国、中国ならトイレ。これは世界も認める常識です(!?)

 

 

 

 

f:id:casemaestro89:20170531111215j:plain

ニーハオトイレの一例ですが、こんなものまだまだまだまだ「序の口」です。
中国在住歴10年以上の私に言わせれば、こんなものニーハオトイレの風下にも置けない。

田舎に行くと、それはもう、語るも思い出すのもおぞましいトイレが待っています。外務省なら危険度5、ヘタなホラー映画より怖いです。
数々のニーハオトイレを見てきた私も、ここで用を足すくらいなら潔く腹を切る!と本気で思ったほどのすさまじさ。たかがトイレなのに生命の危険すら感じました。

画像はあるのかって?そんなのアップしたら冗談抜きで、はてな編集部から制裁を喰らうと思います(笑)


旅行で中国を訪れてニーハオトイレで腰を抜かす気持ちはわかります。
かく言う私も、中国在住歴10年以上のキャリアがありながら、最後まで慣れることはありませんでした。
小なら別に支障はないですが、問題は大。
これだけは、出るものは仕方ない。ある程度は我慢できても、その我慢はいずれ限界が来ることになります。

 

そのために私が行った対策とは。

中国各地を旅行する際は、常に5つ星ホテルの場所をチェックしていました。
ホテルにはビジター用トイレがあるのは当然ですが、中国の場合ヘタなホテルのトイレもニーハオトイレだったりします。これは用便上、非常にいただけない。

 

しかし、私の数ある経験値データでは、5つ星だとハズレを引く確率が非常に低い。
4つ星じゃダメなんです。華の4つ星でも外資系なら安心ですが、中華資本だとニーハオ率が意外に高い。
ニーハオではなくとも、不潔極まりなかったりトイレットペーパーがなかったりと、何かと欠陥が多い。
従業員に「部外者は使うんじゃねーよ」と止められることもあります。いやいや、それやったらビジター用トイレは何のためのトイレやねん(笑)
緊急時や街に5つ星がない場合は仕方ないですが、5つ星の方が確実と言えば確実。

しかしそこは中国、5つ星でもたまに期待を裏切られ・・・否、裏切らないない時があるのですが。

 

なので、中国の5つ星ホテルのビジター用トイレは、かなりの数をこなしました。けっこう詳しいつもりです(笑)

ニーハオトイレで困惑している方は、5つ星or4つ星ホテルのトイレを使う(外資系なら尚更良)という選択肢も設けてみては如何でしょうか。


記事中の、

不衛生な公衆トイレの一掃を目指す「トイレ革命」に取り組んでいる中国政府は、
これまでに便器5万個の新設、もしくは改修を終えたと明らかにした。
中国では今年末までに計7万1000個のトイレが新設、
もしくは改修される見込みで、2015年に設定された当初の目標数を大きく上回る見込みだという。


7万個も新設されるのか!と日本の感覚ではすごいと思うでしょうが、
日本の20倍以上の国土を持つ中国での「7万1000個」です。ほとんど焼け石に水でしょう。
さらに、中国のことだから「便所革命」が起きるのは観光地や都会の上辺だけ。
田舎に行けばいつものニーハオトイレが待っているに違いありません。
大丈夫、そこは絶対に、中国は期待を裏切りません。

 

新設するのは至って良いことなのですが、これも元中国在住チャイナウォッチャーの眼から見ると、


そのトイレが果たして10年間持続できるほどメンテできるのか?


という冷ややかな眼(まなざし)で見てしまいます。

そこは生暖かい目で見るしかないのですが、作っても持続力がない現代中国人のこと、結果は10年も待つ必要はないかもしれません。

 

中国では、地域によってはかなり深刻な水不足に陥っています。水洗便所にするとまた水を使うこととなり、人民は

「トイレより俺たちの飲料水を何とかしろ!」

と不満が溜まることは間違いない。第三者の私でも、

「トイレより飲み水確保が先ちゃいますか?」

と思っちゃいますから。


10年後にはゴーストタウンの「鬼城」ではなく、7万1000個のゴーストトイレこと「鬼厠」になっていないことを祈ります。

(※「鬼」は中国語では「幽霊」「ゴースト」という意味になり、日本語とは意味が違います)

 

☆☆最後までご覧いただき、ありがとうございます。

よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪☆☆