昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

iPhone6から赤い7に変えました【大阪弁エモログ】

4月下旬、ついに我が携帯が2年経ち、無事更新月を迎えました。
これは携帯を変えるチャンス、即刻iPhone7にしてやる~と携帯ショップへ走りました。

 

「7Sまで待てばええのに~」
という声もあったんやけど、

 

・イヤホンジャック壊れた~
・充電の挿し口がもう限界~
・バッテリーも限界~

 

7Sまで待たれへん、やんごとなき事情があるのです。

3GSからのiPhoneユーザーなのでiPhone歴はかなり長し。
iPhoneはそろそろ飽きたから次はAndroidにしようかな、こっちの方がケータイ本体の選択肢多いし。


と思ったんやけど、どうしてもAndroidに踏み込めん理由があるんです。

 

 

どうしてもiPhoneでないとあかん理由

①外国語辞書アプリが豊富
私は仕事で外国語を使い、プライベートでも外国語の勉強が趣味なので、語学アプリは必須です。
中でも辞書系アプリは、もう手放されへんものになっています。
いちおう、私のiPhoneの中には、
・英和辞典 x 3
・英英辞典
・中日・日中辞典 x2
・中中辞典
スペイン語辞典
・日韓・韓日辞典
・日露・露日辞典
・英露・露英辞典

・国語辞典(大辞林
・漢語辞典
類語辞典


などなど、知らん間にけっこう入っています。普段から使っとるかどうかは別問題として(笑)
ほとんどが紙ベースで売っている辞書のアプリ版なんで、もちろん有料。
超どんぶり計算で総額3万円以上だと思います。

 

今から携帯をAndroidに変えるとなると、アプリから買い直しとなります。それだけで3万円以上かかる。
が、それはお金さえ出せば問題はありません。


それ以上に問題なのが、そもそもAndroidって外国語辞書系アプリが少ないのです。
英語系は支障あらへんけど、それ以外の語学となるとお寒い限りのマイナス50℃です。
中国語ですらビミョー、スペイン語・ロシア語になるとゼロです。
こういうマイナー言語(?)の辞書に限って使用頻度が高いので、スペイン語・ロシア語は手放せません。

 

瞬発力と機転が求められる同時通訳などは、仕事やと電子辞書を使っている人が多いけど、うちはのんびりリーマン翻訳やからアプリで十分対応可能。
おまけに、アプリやと常に新語をバージョンアップしてくれるので、辞書がどんどん進化していくメリットもあります。
せやから、外国語をどっぷり勉強したい人は、iPhoneという選択肢も全然アリです。

 

②アンドロイドで一度ひどい目に遭っている

実は4年前に一度iPhoneからAndroidスマホにしたことがあります。
当時最先端だったXperiaだったのですが、画面をフリックする時の、なんというか「もっさり感」がもう(以下自粛
タップしても、iPhoneより反応が1秒くらい遅い。なんやねんこれは。
iPhoneみたいにサクサクっといかへんのか!!と非常にストレスでした。

後で知ったんやけど、iPhoneのフリック時のサクサク感って、あれ特許やったんやな。それをパクってアップルに訴えられたのが、かの某国の某スマホだとのこと(ドコモの人いわく)。
当時のその某スマホをいじってみたら、全く違和感なかったのはそのせいやったのか!?

 

結局、3ヶ月くらいでiPhoneに戻ってしまいました(笑)

 

今のAndroidは、その点かなり改善されているみたいやけど、あの時のAndroidPTSDがまだ完治しておりませぬ。

 

しかし、Androidにしようかという悪魔か天使のささやきは、この登場によって解決しました。

 

 

 

赤いiPhoneの登場

赤iPhone7

 

赤や、赤や!!
俺のトレードカラーのやんか!!


これで一発一目惚れ。Androidという選択肢は、一瞬でバシルーラ(※1)されてしまいました。
(※1 バシルーラ:ゲーム「ドラゴンクエスト」にある敵を弾き飛ばす呪文)

 

しかし、赤なのはええんやけど、ひとつ気に食わんことが。

 

赤iPhone7

 

なんで表が白やねん!
ちゃうねん、赤ときたら黒やねんって!!アップルわかってへんわ。
これが黒やったら、もう文句なしやのにな・・・orz

 

その時、俺にあるアイデアがひらめきました。

 

「フィルムで表を黒にしたらええんやん♪」

 

我ながらナイスアイデアです。

 

というわけで、機種変したあーうーショップで、

「赤いiPhone、黒化プロジェクト」

を即実行。

 

赤いiPhoneの表面を黒にする計画

 

こんなんになりました。
赤と黒って、すごく締まりがあって格好ええでしょ?
我ながらこの配色はエクセレント。

 

 

しかし!

 

f:id:casemaestro89:20170427174907j:plain

 

ホームボタンが白になってしまったのは予想外でした。

しもた、そこまで考えてへんかった(笑)
いつも最後の最後でツメが甘いのが、俺の悪いところです、反省orz

でも、ホームボタンくらいは気分の問題。白を黒と思い込んでいれば何の問題もありゃしません(無茶

 

家に帰ってデータ転送しながらいじいじしとったら、6→7Plusにしたことであることに気づきました。

 

デカっ!!!

 

今までの6のクセで、左の親指で画面右端をタップしようとしたら、なんだか届きそうで届かへん。
両手でやればええ話なんやけど、クセでどうしても片指でタップやフリックしようとするんです。
なんだか指がつりそうになるのです。
Plusになると、片手では扱えない代物になってしもたみたいです。

 

そして何より、ポケットの中の存在感がすごい。
ジーンズに入れると、足を上げる度に本体が折れそうなんですが(笑)
かといって、後ろポケットに入れたら、そのまま座ってしもて
「バキッ!!」
とかいきそうやし、なかなか取扱要注意な奴です。

 

しかし、6と較べて内蔵メモリ3倍増効果は大きいようです。
(7のメモリは2GBやけど、Plusは3GB。6は1GB)
メモリが3GBもあったら辞書アプリ4つ立ち上げても、ふーんとばかりに涼しい顔(?)してます。
辞書系アプリってけっこうメモリ使うのですが、何事もないようにサクサク動いています。6やと3つ立ち上げたら、他のアプリが強制終了するくらいアップアップやったのに~。
これだけでも、かなりiPhoneライフが快適になりました。

 

せやけど、このデカいのはどないかならへんかな・・・ってそれは無理か(笑

 

☆☆よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪☆☆

広告を非表示にする