昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

こんなに違うの!?日本語と中国語で意味が違う単語

日本語と中国語の違い

 

以前、ブログで日本語と中国語で同じ漢字を書いても意味が違う、ということを書きました。

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

この記事では、日本語と中国語の漢字の熟語の意味はほとんど同じと書いたのですが、「一部を除いて」とも書きました。
今回は、その「一部」を一部紹介します。別にダジャレじゃありません(笑)

日本語と中国語で、同じ漢字を書いて意味が違う割合は、暇人・・・もとい偉い学者が調べた結果によると1.7%なんだそうです。

1.7%なら、ぶち当たる確率は交通事故並みですが、ここぞという時に当たったりもするんですよね(笑

 

今回は、そのぶち当たりそうかつ日本人が誤解しそうな単語を中心に、日本語と中国語で全く同じ漢字を書いても、意味が全く違うものを紹介していきます。

 

 

「工作」 

ネイティブ使用頻度:★★★★★
中国語ネイティブに
「我在東京工作」「我是○○的工作人員」
と書かれたり言われると、
「こいつ、工作員(スパイ)か?テロでも起こすのか?」
と警察に連絡してはいけません(笑)
中国語で「工作」は、「働く」という意味ですから。つまり上の中国語は、
「私は東京で働いています」
「私は(○○の)スタッフ(職員)です」
と表現しているだけなのです。

現地のレストランのかわいいおねーさんの名札にも、「工作人員」と書いていることが多いですが、食事に毒を盛られたり後ろからVXガスを吹かれたりことはないので大丈夫です(笑)

 

ちなみに、中国南方では「工作」はあまり使わず、「打工」を使うことが多いです。

 

 

「告訴」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★★
日本語では「訴えてやる!」というような、物々しい法律用語になりますが、中国語では「カオス」と読み、単に「言う」「伝える」という意味です。英語なら”tell”ね。
日本語の「告訴」にあたる中国語は、「打官司(タークァンスー)」です。

 

この「告訴」、中国語会話では1日1回以上は使うだろう、というくらい使用頻度が高いのです。
時によっては「ニーハオ」よりはるかによく使う(笑)
中国語勉強してるなら、「告訴」くらいとっとと覚えろよ!というほどの初級単語です。

 

中国やシンガポールでは、「告訴」は「カオス」と言い、「訴」の部分が「軽声」(声調なし)となります。
しかし、台湾の中国語にはそもそも軽声が存在しないので、「カオスー」(語尾を伸ばす。「訴」が第四声になる)と言い、実際そう聞こえます。
中国人と台湾人がどっちかわからない場合、「告訴」を言わせたら一発。語尾が伸びなかったら中国人、伸びたら台湾人です。
それも、中国人も台湾人もこれを意識していません。

 

中国語ネイティブに
「我告訴你」(ウォーカオスニー)
と書かれたり言われたりしてもビビらないように。英語の" I tell you"ということだから。

 

「小心」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★★
この「小心」、中国語ではしょっちゅう使うほど使用頻度は高めです。
しかし、日本語の「気が小さい」という意味は全くありません。

特に香港で、こんな立て看板を見たことがある人は多いはずです。

 

小心地滑

私は、この看板を見ないと香港に来たって気になりません(笑

これは「地面が(濡れて)滑るので注意してね」という注意喚起で、「小心」はもちろん「気をつける」「注意する」という意味です。
こう書くと、「地滑」も意味が違いますね。大丈夫です、空港のトイレで「地滑り」なんて起きませんから(笑

 

「老婆」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★★
日本語では「年老いたご婦人」という意味ですね。

ん?誰や、ババアなんて言うたのは(笑)
これも中国語になると、全く違う意味なのです。


中国語では夫の妻に対する「カミさん」、「奥さん」という意味になります。「ラオポー」と言います。
これ、漢字で騙される日本人数多しなので、要注意です。中国人に「我老婆」と書かれて驚かないように(笑)
中国にいた時も、「你老婆」と書かれて自分の祖母のこと聞かれてるのかと思い、トンチンカンな会話をしていた筆談猛者がいました。

 

この「老婆」は、中国では奥さんに対する呼びかけにも使います。
「おい、お前!」
という感じです。

 


「湯」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★★
これは中国語では「スープ」になってしまいます。中国語で「お湯」は「開水」「熱水」です。
日本人が間違える中国語の一つですが、中国人も日本語でよく間違える例です。それくらいお馴染みの単語です。

 

「筆談で中国を旅していた日本人が、ホテルで持参したティーパックのお茶を飲みたくてフロントで「我欲湯」と書いたら、部屋に中華スープをどんぶり一杯持ってきてくれた(スープ代はもちろん請求された)」

 

「中国人留学生が日本で銭湯に行き、『男湯』『女湯』と書かれた看板を見て、
”男用スープ””女用スープ”ってなんじゃ??もしかして、日本人は人間を煮て出汁取るのか?』
と考えると怖くなって中に入れなかった」

 

などという、「湯」にまつわる笑い話があります。

 

「先生」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★★
これは有名と言えば有名ですね。
「先生」は中国語では男性に対して「~さん」「~様」という意味で、学校の先生という意味はありません。
「学校の先生」は、「老師(ラオシー)」です。

 

しかし、歴史的都合で日本語が中国語の中に残っている台湾は、ちょっと事情が違います。
最近は少なくなりましたが、台湾の方言である台湾語には、「先生」が日本語の意味のまま残っています。
それも、昔は「~さん」で使う場合は台湾語読み、「学校の先生」は「せんせい(セセーに聞こえる)」と日本語読みして区別していたとか。
私が台湾にいた時(ジャスト20年前)は、「台湾語帝国主義」の台南を中心に若干残っていましたが、今の若者は使わず、ほぼ死語となったようです。

 

「先生」の使い方は台湾の方が細かく、お客さんや招待した男性のゲストには必ず「○○(名前)先生」とつけるのが礼儀です。中国や香港ではフルネームの、日本語でいう呼び捨てでOKです。別に失礼なことではないので。

福山雅治が香港や台湾ツアーに行った時の現地のニュースを見てると、香港では福山雅治とフルネーム呼び捨てだったのに対し、台湾では常に「福山雅治先生」でした。

別に「男神」と呼ばれて大人気の福山雅治だから「先生」をつけたわけではなく、これが台湾流の礼儀です。

なので、台湾人を日本へ招待してパーティーなどで紹介するとき、中国・香港流にすると台湾のゲストはムッとなるかもしれません。

 

さらにややこしいことにこの「先生」、中国福建省広東省、香港、台湾では、妻が夫に対する「主人」「夫」という意味にもなります。
南方限定ローカル表現なのでNHK中国語講座では絶対に教えてくれない中国語ですが、南方ではそこら中で飛び交っているので、覚えておいて損はない表現です。

 

 

「娘」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★☆
日本語では「女の子の子供」という意味になる「娘」、中国語では真逆の「お母さん」という意味になります。
発音は「ニイァン(ニャン)」です。
なので、「モーニング娘」はかわいい女の子ではなく、朝に集まる子供連れママ集団になってしまうという(笑)
中国語で「モーニング娘」は、たしか「早安少女組」のはず。

「娘」がまったく「娘」という意味にならないことはなく、「姑娘」(クーニャン)という熟語になると、少女という意味になって娘感が出ます。


しかもネイティブの間では、
「おかあさ~ん!」
「おかん!」
という呼びかけにも使うので、使用頻度は高めです。
中国人の子供が大声で「ニャンニャン」言ってたら、猫のマネをしているのではなく、お母さんを呼んでいると思って下さい。

 

 

「丈夫」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★☆
日本語では「身体が丈夫だ」のような具合で使われますが、中国語では夫婦間で、妻が夫を指す言葉です。
この「丈夫」は比較的フォーマルな言い方なので、日本語で正しく訳すと「主人」ということになるでしょうか。

 

 

「鬼」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★★☆

日本では、「鬼」といえばおなじみ二本の角が生えたあれですよね。

しかし、中国にはそんな「鬼」は存在しません。

「鬼」と言えば幽霊のことなのです。英語のghostですね。

だから日本語の用法の「鬼軍曹」「鬼嫁」は、中国人が読むと「幽霊軍曹」「幽霊嫁」になります。一体なんじゃそりゃ!?と意味が通りません。

 

そして、中国語の「鬼」にはもう一つ意味があります。

日本語で言うとどう説明すればいいのだろう・・・わからないので辞書の力を借ります(笑

『中日辞典』(小学館)によると、

「悪い行為や悪い癖を持っている者に対する蔑称」

ああ、そうそう、そんな感じです。

例えば、

酒鬼:呑兵衛、アル中

胆小鬼:臆病者

というような感じです。

 

私は今も昔もヘビースモーカーなので、

煙鬼:ヘビースモーカー

なのですが、それがあまりにひどいので、

火車頭:(蒸気)機関車

と周囲の中国人に実際に言われていました(笑

 

日本でも有名になった「鬼」の使い方

この中国語の「鬼」、日本でもあることで一時期有名になりました。

一つ目が「鬼城」

テレビでは「きじょう」と読んでましたが、これは「鬼」と「城」をそのまま英訳すると「ゴーストタウン」

地方政府がデタラメな都市計画でニュータウンを作ったものの、住む人がほとんどいない「鬼城」と化したニュース、一度は聞いたことがあると思います。

 

もう一つが、「日本鬼子」

中国語で「リーペンクイズ」と言うのですが、日本人を罵った言葉です。英語のJapみたいなものですね。

しかしこの日本鬼子、もっとキツいバージョンがあります。

それが「東洋鬼子」

「東洋」も日本語と中国語で意味が違い、中国語では「日本」を表します。

「洋」は欧米列強のことなのですが、近代になって「東から新しい『洋』(=日本)がやって来やがった」というニュアンスが元になっています。

この「東洋鬼子」はさすがに中国では死語、というかお蔵入りワード(放送禁止用語)扱いされていて、もはや現代中国で聞くことはありません。

 

 

「愛人」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★☆☆

日本語で「愛人」というと、奥さんの他の女、古い言い方で「二号さん」という意味です。
しかし、中国語にそんなネガティブな意味はありません。
夫婦が「旦那」「夫」「妻」「カミさん」などと言うようなニュアンスになります。
女性連れの中国人に、
「我愛人」
と書かれてドキっとする日本人もいますが、別にそんなニュアンスはありません。


私も中国語を習った時は「愛人」で覚えたのですが、実は実際に聞いたことは過去4~5回しかありません。
それもすべて西安や東北地方(旧満洲)など、中国北方だけです。
留学も仕事もずっと南方だったので偏りがあるかもしれませんが、たぶん北京などの北方の表現なのでしょう。と勝手に思っています。

北方在住歴が長い方どうでしょ?「愛人」って周りの中国人言ってます?

 

中国語では、「夫→妻」「妻→夫」に対する呼び方ってバラエティがあります。

■「夫→妻」

「妻子」(チーズ)
:これがいちばんフォーマルな言い方。地方は問わず

 

「愛人」(アイレン)
:おそらく北方での言い方

 

「老婆」(ラオポー)
:地方を問わずよく使う。台湾では甘えるようなカジュアルな表現なので、フォーマルな場ではあまり使わない方がいい(中国では全然OK)

 

「太太」(タイタイ)
:南方(中国福建省広東省・台湾・香港)ではこっちがポピュラー


■「妻→夫」

 

「丈夫」(チャンフ)
:これがいちばんフォーマルな言い方

 

「愛人」
:おそらく北方での言い方

 

「先生」(シエンション)
:中国広東省・香港ではこっちがふつう。台湾では最もフォーマルな言い方として使われます。

「私の旦那」と言う時、必ず「我先生」となります。「我的先生」は間違いです。


「老公」(ラオコン)
:台湾人がよく使う。しかし超カジュアル表現なのでフォーマルな場で使わない方がいい

 

「阿那達」(アーナーター)
:日本語の「あなた」の音訳。台湾オンリー

 

ややこしくはないですが、地方によって言い方が違うので、独学や学校でしか中国語を勉強していないと、予備知識がない状態で実際に聞くとかなり戸惑います。

 

 

「料理」

 

ネイティブ使用頻度: ★★★☆☆
私が中国に留学していた20年以上前は、「料理」なんて書いても誰もわからず、「中国で通じない日本語」の筆頭格でした。
中国語で「料理」は「菜(ツァイ)」といい、北京料理なら「北京菜」「京菜」となります。
ちなみに、台湾では日本統治時代の「料理」が残っていたので、ふつうに通じていました。

 

しかし時代が変わってIT時代になり、さらに日本料理が浸透したせいか、台湾から中国語が流入したのか、「料理」の通用度が爆上がり。
今は若者ならたいがい通じるようになっています。


「日本料理」も、昔は「日本菜(リーペンツァイ)」と言わないといけなかったですが、今は「リーペンリアオリー(日本料理)」と言っても、若い人なら通じますし。
日本料理の時だけ、敢えて「日本料理」と言う人もいました。

 

 

 

「勉強」 

 

ネイティブ使用頻度:★★★☆☆
勉強、イヤですよね。出来ることならやりたくないですよね。お気持ちわかります。
でも、中国語の「勉強」って、上そのままの意味なんです(笑)

 

中国語で「勉強」は、「無理やり(強制的に)~させる」「嫌々~する」という意味で、
「他人から無理やり何かをさせられる」
「自発的だけど、本当はやりたくない。でも仕方ないからやる」
というニュアンスです。

旅行などで使ったり耳にする機会はあまりないかもしれませんが、「勉強地+動詞」という形で日常会話ではけっこう使われます。
日本語の「勉強」は、中国語では「学(習)」「読書」「念書」です。

 

広州に留学時代、京都に留学して日本語、というか京都弁を覚えて帰ってきた先生がいました。
ある日普段日本語で話すその先生が、あえて中国語でいわく。


「日本に行って初めてわかったの。『勉強』ってイヤイヤするものだってww」


日本語と中国語の「勉強」の意味の違いを踏まえたナイスユーモアでした。

 

「読書」 使用頻度:★★★★★

そう思えば、「読書」も日本語とニュアンスが違いますね。これは日常会話でかなり使います。

そのままの意味もあるのですが、どっちかというと「勉強する」という意味で使う方が多いです。

「我在大学読書」だと、「私は大学で読書をします」ではなく、「私は大学で勉強しています」転じて「私は大学生です」という意味になります

じゃあ、読書は中国語で何というかというと、「念書」となります。でも、これもこれで「勉強する」って意味もあるからややこしい。

 

 

 

「手紙」 

 

ネイティブ使用頻度:★★☆☆☆
これはよく日本語と中国語の違いの筆頭ネタとして挙げられることが多いので、知っている人は多いでしょう。私が中国に留学していた頃は、ふつうに使う単語でした。
しかし、最近は「手紙」より「衛生紙」という表現の方が多いので、使用頻度は減る一方のはずです。
又聞きなのでホントかどうか知りませんが、最近の日本のドラマやアニメの影響で、手紙」を日本語のまま使う人もいるとかなんとか。

 

「単車」 

 

ネイティブ使用頻度:★★☆☆☆

単車とくれば、原付バイクのことですが、中国語になると「自転車」となります。

しかし、何故これが星二つなのかというと、広東省ローカルの中国語で他の地方では使わないからです。

広東省の方言、広東語では自転車のことを「単車」と書くのです。特に香港は「単車」一択です。これは香港に住んだり広東語を習わない限り、まず知らないと思います。

広東語を習った頃、「単車」が出てきてドキッ、意味が「自転車」と知って更にドキッとしました(笑

 

「自転車」は、中国ではふつう「自行車」なのですが、台湾になると「脚踏車」になります。中国と台湾の中国語は、単語レベルでけっこう違ったりするのですが、自転車はその典型です。

しかし、実は台湾で一軒だけ、「自行車」と書かれた自転車屋を見たことがあります。

台北で見つけた自行車の自転車屋

はい、証拠です。場所は忘れましたが、台北のどこかです。

 

 

「外人」 

 

ネイティブ使用頻度:★☆☆☆☆
中国語で「外人」は、「よそ者」「赤の他人」「その土地以外の人間」という意味になります。
しかし、日常会話で使うことはほとんどありません。
ふつうは「外地人」を使います。日本語の「ガイジン」の意味なら、そのまま「外国人」ね。

 

「若」 

 

ネイティブ使用頻度:★☆☆☆☆

漢文が得意な人は、「若」が「もし~ならば」という、英語のifの意味で使われていると知っているでしょう。
中国語も同じ意味で使われています。日本語の「若い」という意味は全くありません。

 

じゃあ、何故「若」が「若い」の意味になってしまったのか。
諸説ありますが、遣唐使の頃に日本の留学生が、本来「若い」という意味だった「弱」と全く発音の「若」を、間違えて「輸入」してしまったという説があります。

遣唐使A「『若い』って唐の言葉で何って書いたっけ?」

遣唐使B「『若』だったっけな!?よくわからんけどまあそれでいいか」

こんなノリだったかもしれませんね!?

 

しかし、この「若」は古い文語表現なので日常会話ではまず使いません。文章でたま~に出て来る程度です。
でも、ここだけの話、ビジネス文章でたまに使ったりすると中国人に対するいいブラフ(ハッタリ)になります。

「こいつ、『若』なんて難しい言葉使いやがる。外国人のクセにやるな」

って感じで。ハッタリ国家なのでハッタリはやればやるほどお得です(笑

 

 

こう書いてみると、意外に多いですね。

漢字の罠にハマってトンチンカンな会話にならないよう、皆さんも気をつけましょう~。