昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

ある日、ブログがなくなるリスクを考えたことはあるか

Doblogの思い出 13年くらい前になりますが、Doblog(ドブログ)というブログサイトでブログを書いていました。 当時は既にgoo、Livedoorなどのブログサイトがメジャーなブログサイトとして君臨していました。はてなはダイアリーがあったのは覚えてますが、…

筆談-日本人と中国人の漢字コミュニケーション

今日は、漢字を書いて中国人とコミュニケーションを取る話やで~ 日本語を勉強している外国人に、 「日本語の難しいところはどこですか?」 と聞くと、いろんな回答が返ってきます。 しかし予想通り、大多数の人が答えるのは漢字です。 中国語を勉強している…

【シリアの国内・国際政治】シリア内戦ABC 後編

前回の記事 わかりやすく解説!シリア内戦ABC 前編-宗教対立 - 昭和考古学とブログエッセイの旅へ では、宗教の面からシリア内戦の事情を書いていきました。 しかし、原因はこれだけではありません。 お次はシリアの国内や国際政治、特に大国が絡んだ政治的…

面白い、そして恐るべしうどん県の風景

先日、うどんが食べたくなってうどん県こと香川県に行ってまいりました。 うどんレポートはまた後で別記事にするとして、初めてうどん県に上陸していろいろとカルチャーショックを受けてきました。

「エモい」ブログ-自分のブログの原点を考察する

自由ネコさんのブログの記事。 gattolibero.hatenablog.com ここを見て、考えさせられることがありました。 朝起きてすぐに見ていたのですが、それを見てインスピレ~ションが湧き朝イチからブログを書く。私の「ブロガー時間」は夜なので、朝から筆を走らせ…

上海日本人租界散歩 先人たちの跡を訪ねて 第ニ章

前回の旧日本人居留区(日本租界)を歩く旅、 parupuntenobu.hatenablog.jp から話を進めます。 ガーデンブリッジの北側にある日本人の足跡 戦前は熙華路(Seward Road)と呼ばれた長治路あたりも昔の建物がよく残り、租界時代の住宅地の名残をよく留めていま…

シリアの宗教からシリア内戦の原因を考察する

今シリアが荒れています。 シリア化学兵器「使用確認」 | 2017/4/6(木) 21:04 - Yahoo!ニュース 米、対シリア単独行動を示唆「アサド大統領一線越えた」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース 米ミサイル攻撃で複数の死者、シリア空軍基地ほぼ壊滅か (AFP=時…

あなたの知らない福沢諭吉と生命保険

1万円札でおなじみの福沢諭吉。知らない日本人は誰もいないでしょう。知らないという人はエセ日本人です(笑 しかし、何をした人?となると首をひねって考えてしまう人も多いのではないでしょうか。 今日は、そんな謎多き(?)福沢諭吉の、日本史や我々の生…

淡路弁-関西弁のようで関西弁ではない方言

淡路島の方言の淡路弁って、聞いたこともないという方のほうが多いと思います。かく言う私も、海を隔てた大阪出身ながら、その存在は知りませんでした。淡路島に住むまでは。 現在私は、淡路島で「島流し」に遭っております。 といっても別に犯罪者ではあり…

上海日本人租界散歩 先人たちの跡を訪ねて 第一章

序章-日本租界とは何か 戦前の中国上海。 東洋でありながら西洋の街をコピペしたような華やかな表の世界と、海外スパイと特務とアヘン商人が暗躍する裏の世界。光と闇が紙一重に混在する上海を、人は「魔都」と呼びました。 当時の上海は、海外の事実上の植…