昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

懐かしの昭和のテレビ番組ー象印クイズヒントでピント

クイズ番組全盛期時代

 

f:id:casemaestro89:20180616175226j:plain

私のような40代が思い浮かべるクイズ番組と言えば、

・クイズダービー

・連想ゲーム

・アップダウンクイズ

・クイズ百人に聞きました

などなど、挙げていけばキリがありません。うんうんと頷いている人も多いのではないでしょうか。あ、伝説のアメリカ横断ウルトラクイズも忘れちゃダメですね。

『世界まるごとHowマッチ』『世界一周双六ゲーム』で、海の向こうに「海外」という未知の世界があることを覚え、『ウルトラクイズ』で絶対海外に行ってやる!と決意し、参加資格年齢に達した途端に番組が終わってしまった悲しい思い出。しかし、それらを見ることがなければ、おそらく私は大阪の田舎の井の中の蛙で終わっていたことでしょう。

 

1980~90年台は個性的なクイズ番組花盛り。チャンネル変えてもクイズばかり。でもテレビが楽しかったあの時。日本史におけるクイズ番組全盛期ではなかったのではないかと。 

そんなクイズ番組の百家争鳴時代の、知る人ぞ知る番組があります。

 

 

クイズヒントでピント

 

クイズヒントでピント

それが、クイズヒントでピントでした。1979年~1994年の間、テレビ朝日*1で放送されていたクイズ番組でした。

日曜の午後7時半から8時までの30分間の番組(関西の場合)で、私は家族と毎週欠かさず見ていました。

これが終わるとNHKにチャンネルを合わせ大河ドラマタイム・・・というパターンの家庭も多かったのではないでしょうか。



クイズヒントでピントと土居まさる

「直感と連想能力に挑戦する、象印クイズヒントでぇ~ピント!」

という司会の土居まさるさんの舌なめらかな挨拶と共に、番組がスタートします。

土居まさるはフリーアナウンサーの草分け的存在で、軽快な話術で人気の司会者でした。番組内でも雑談ギリギリのようなトークを展開しており、この番組ってこんなに司会がベラベラしゃべっていたんだと、数十年ぶりに見て気づきました。

私がリアルタイムで見ていた頃、司会者のことは特に気にかけていなかったのですが、年を経て客観的に見てみると、今や掃いて捨てるほどいる(?)フリーアナウンサーの大先輩格にあたる人だったのかと。ただの口の上手いおっさんだと思っていました(笑

 

我々視聴者側は「ヒントでピント」と呼んでいましたが、番組の正式名称は「象印クイズ ヒントでピント」。司会者のテーブルの下にも「ZOJIRUSHI」と書かれているように、魔法瓶でお馴染みの象印が独占スポンサーの番組でした。

 

番組の内容

 

番組は、男性チームと女性チームに分かれ、レギュラーが4人、ゲストが1人という構成でした。男女チームにはそれぞれキャプテンがおり、歴代のキャプテンは博学博識のアナログWikipedia的文化人の指定席でした。

 

司会の、

「まずは頭の準備体操~!」

という掛け声から始まるのは、モザイクがかかった画面の人物を当てるというもの。

f:id:casemaestro89:20180616165748j:plain

こんな風にモザイクがかかっていますが、私が見た動画では、

 

舛添要一

かの舛添要一氏でした。

動画は1989年、つまりバブル絶頂期の頃のものですが、舛添さんはこの年に文化人タレントとして大ブレイクしました(当時41歳)。東京都知事で自爆し空中分解した感がありますが、当時は大人気者だったのです。海外志向だったこともあって、舛添さんの「数カ国語ペラペラ」「国際政治学者」という肩書に憧れたことがありました。今となっては黒歴史にしたい若気の至りですが。

しかし舛添さん、敢えて比較画像を出しませんが、当時はまだ頭の上が熱帯雨林だったのですな。砂漠化が少々進んではいるようですが、まだまだ余裕だった頃でもあります。そして、昔の方が人相がすこぶるよろしい。

 

ところで、司会の土居さんは番組内で、

「今年(1989年)7月東大助教授からデューダしました」

と言っていますが、「デューダする」って表現、いやはや懐かしいなーと。

「デューダする」とはすなわち「転職する」ということ。

「デューダする」は当時の流行語で、「女性が」転職することを「とらばーゆする」とも言っていました。どちらも転職雑誌が語源で「DODA」は男性用、「とらばーゆ」は主に女性用でした。1985年の『現代用語の基礎知識』に出てくる言葉なので、その頃の流行語でしょう。

「デューダする」はすぐに廃れたと思いますが、「とらばーゆする」は私の20代後半、1990年代末あたりまで使われていました。

ちなみに、どちらも雑誌としては消滅しましたが、ネット上の転職サイトとしては現存しています。

 

 

クイズヒントでピント2分割4分割16分割

これ以降は、ヒントと共に画面に表示される「2分割」「4分割」「16分割」などに分かれているのですが、珍問・奇問も多く、知識もさることながら発想の柔軟さも求められる難易度高めの番組です。

リアルタイムで見ていたときの私は、ほとんど答えられず。そして約30年後にようつべで改めて見て見たのですが、今見ても全然わかりませんでした(笑

 

 

分割の画面などを大人の眼で見てみると、あることに気づきました。

画面下の得点のフォントというのか、それがカセットビジョンにそっくりじゃないかと。

カセットビジョン与作

カセットビジョンの名ゲーム「与作」の画面ですが、これと『ヒントでピント』の数字のフォント、そっくりではないですか。

心底どうでもいいことにいまさら気づく私も私ですが、ヒントでピントは当時の最新のコンピュータを使って処理しており、制作ソフトかなにかがカセットビジョンと同じだったのではなかろうか。確認する術はないのであくまで私の仮説ですが、こんなメシの種にもならないことに想像を巡らせるのも、また平和なひとときなり。

 

『ヒントでピント』には、こんな問題も出てきます。

 

クイズヒントでピントテクニカル

画面が文字化けしているのではありません。画面にモザイクがかかっており、そのモザイクがすべて消える間に「ものや動作」を当てる問題なのです。

この問題を、番組内では「テクニカル」と言っていました。この問題になったら目を細めて画面を凝視していた人は、スターを5つ押すか、はてブにコメントして白状するように(笑

現在は、画面にモザイクがかかるのは当たり前ですが、それをテレビ界で初めて試みたのが、この『ヒントでピント』の「テクニカル」クイズでした。画面モザイク、1980年当時は最先端の映像技術だったのです。

ちなみに、ゲストがガッツ石松さんの時、モザイクがかかっているのを見てエッチビデオを想像したか、

「セックス!」

と答えたことがありました。今なら編集でカットされそうな放送事故でしたが、レギュラー陣全員がひっくり返った程度で済んだようです。

また逆に、親の目を盗んで友達の家で見たエッチビデオのモザイクを、「テクニカル」と言っていたクラスメートが中学生時代にいました。これを書いている最中に思い出したのですが、これもブログを書いている途中に湧き出た副産物か。

 

 

日曜のはらたいら

 ヒントでピントの男女チームには、それぞれキャプテンがいるということは前述しましたが、その中でも印象に残ってるのが、男性陣キャプテンのこの人。

 

ヒントでピント浅井慎平

写真家の浅井慎平さんです。

私は前のキャプテンである小林亜星さんの頃から見ていました。小林さんもさすが作詞家という博識ぶりでしたが、私の記憶が正しければ、ホームランか三振かで不正解回答も多かった気が。その点、浅井さんの博学ぶりと間違えないという安定感は抜群でした。

ところで、これを良い機会に、私がこの番組をいつから見出したのか。Wikipedia先生を参照に整理させていただきました。ちょっと個人的な無駄話にお付き合いを。

男女それぞれのキャプテンは(数字は西暦)、

==男性==

笹川左保:1979

山藤章二:1979~1980*2

小林亜星:1980~1984

浅井慎平:1984~1994

 

==女性==

江利チエミ:1979

小内山美江子:1979~1980

中島梓:1980~1982

楠田枝里子:1982~1983*3

中島梓:1983~1986

山内美郷:1986~1994

 

参照:Wikipedia先生

太字にしたのが、私の記憶に残っている人です。これを見ると1983年、私が9歳の頃以降に見ていたことになります。家族がクイズ番組好きでよく見ていた上に、小林亜星さんの時期もけっこう長い間見ていた記憶があるので、もしかしてもっと古くから見ていたかもしれません。

 

同時代のクイズで、その人間離れした博識ぶりと正解率で今でも伝説となっている人がいます。

 

はらたいらクイズダービー

『クイズダービー』で無敵っぷりを発揮した、故はらたいらさんです。

将棋の羽生善治竜王が永世七冠獲得で神の領域を超えて以後、ファンの間で「将棋星人」(=宇宙人)と呼ばれるようになりましたが(とでも考えないと永世七冠なんて人間には達成不可能)、それと同次元で「宇宙人」と呼ばれていた人物でした。

 

しかし、はらたいらとガチでやりあえそうなほど、クイズ無双っぷりを発揮していた人がいました。それが安定のアサーイ。彼は番組内の最高難易度、「16分割」での正解率の高さから、「16分割の鬼」とも呼ばれていました。今なら「鬼畜眼鏡」と呼ばれていたかもしれません・・・ってそれ羽生さんのあだ名や。

3~4問目くらいで当てると、女性陣二枠の「おっかさん」こと小林千登勢さん(故人)がよく、

「なんでそんなのわかるのよ~!」

「もう(浅井さん)やだ~!」

と、悲鳴に似た野次を飛ばしていたのを覚えています。

三つ子の魂百までかクイズ番組は好きなので、テレビをすっかり見なくなった後もネットでよく見ています。が、一視聴者として、浅井さんほど頼りがいがあり安心して見ていられる回答者は、(はらたいらを除いて)他に見当たりません。また、ポーカーフェイスで幼心にちょっと怖さを感じたはらさんに対し、浅井さんはダンディーで感情豊か。そちらに親近感が持てたのもあります。

 

ただ、浅井さんの不幸(?)は、両者の番組の知名度がダントツに違ったということ。『ヒントでピント』も有名ですが、NHKに『クイズおもしろゼミナール』という強力裏番組があり、そちらに視聴者を食われていた感があります。対して『クイズダービー』は裏番組など意に介さない伝説のお化け番組。今の40歳以上で、『クイズダービー』を知らぬ者は日本人にあらずというくらい、みんな見ていましたからね。

また、『ヒントでピント』自体の最盛期が1985年前後と言われており、浅井無双を誇っていた頃は番組として下降線だったことも、はらたいらの後塵を拝している理由でもあります。本人にとっては、こんなことどうでもいいでしょうけどね。

私は子供心にそんな浅井さんを、

「日曜7時半のはらたいら」*4

「6チャンネルのはらたいら」*5

と呼んでいました。

はら、浅井、そして『世界ふしぎ発見!』の黒柳徹子さんの3人で「三大クイズお化け」。平成に入ってからの『マジカル頭脳パワー』の所ジョージさんを足して、「クイズ四天王」なんて呼んでいた人もいました。

黒柳さんはその昔、『世界ふしぎ発見!』の収録2日前は『徹子の部屋』以外の仕事を入れず、その2日間で図書館でテーマに沿った書籍を数十冊読破。それを見た某人が、これは敵わんと番組レギュラーを下りたというエピソードがありますが、それでも脳にWikipediaアプリでも入っているかのような、はら・浅井の正解率ぶりは、一歩抜きん出ていた気がします。

安定っぷりがヤバいと個人的に興味を持ち、小学校6年生の夏休みの自由研究はなんと浅井慎平研究。「浅井慎平はなんであんなに賢いのか。どうしたら浅井慎平になれるのか」、まあそんなタイトルでした。もしも今の私が少なからず博識なら、研究のさなかに浅井さんの垢を呑んだのでしょう。

 

 

 今求められるクイズとは

 

『ヒントでピント』が終わってから24年後の今年、ようつべにアップされていた番組を何度も再生し見てみました。

アップされているものはバブル経済華やかな1980年台後半のものが多いですが、なんでやろと考えてみると、高嶺の花だった録画機能付きビデオデッキが、この頃から誰でも買える値段になり大衆化したはず。そんな時期に録画した番組がビデオテープに残っていたのをデジタル保存、ようつべにアップしたのでしょう。

 

心だけ少年のままのおっさんが、

「懐かしいなー」

という気持ちをひとまず横に置き、客観的かつ冷静に見てみると、セットがシンプルだなということに気づきました。一部に当時最新のコンピュータを使っているとはいえ、良くも悪くも金をかけていない。

 

f:id:casemaestro89:20180616160023j:plain

また、番組の最後にはゲスト回答者にプレゼントが贈呈されるのですが、スポンサーが象印なだけにすべて象印の製品。それも電気炊飯器やポットばかり。負けた方は水筒ですよ、あーた。

スポンサーなんやから当たり前やんかという意見もありますが、ゲストは有名な芸能人ばかり。

「そんなもん、芸能人やったらお金出したら電気屋で買えるやん!一般家庭でも買えるわ!」

世間を何も知らない田舎のガキンチョは、こんなことを思いながら、

「象印ってめちゃケチな会社やなww」

と極大マイナスイメージを持ち、本社が大阪ときいてさもありなんと固い確信を持つ始末。象印さんごめんなさい。お詫びに今、御社の炊飯器使ってます。

でも、リアルタイムで見ていた方、正直同じこと思いませんでした?(笑

 

しかし、セットは派手になり、CGを駆使して表だけの豪華さを繕っても、今のクイズ番組は芸能人がテレビの向こう側でワイワイ騒いでいるだけで、面白くも何ともない。

昔のクイズ番組は、最後まで見てくれた視聴者へのプレゼントなども豊富で、『ヒントでピント』もゲストがもらった電化製品プレゼントでした。別にプレゼントが欲しいとは言わないけれど、見てくれている人への敬意、感謝が今の番組にはない。

その上番組としての質も落ちており、内輪だけで騒いでいるクイズを見ては、君たち何が楽しいの?と超絶冷めた眼で見、すぐにリモコンに手を伸ばしてしまいます。『ネプリーグ』は、個人的にネプチューン贔屓もあってちょっとおもしろいなーとは思うけれどね。

 

クイズ番組は、お金をかければ良いものが出来るというものではありません。

昔のクイズ番組は、お金をかけなくても視聴者が、家族が一つのテレビでワイワイやれる楽しさがあった。『ウルトラクイズ』のように夢もあった。今のクイズ番組には夢がない、知的好奇心をくすぐらない。

なんというか、お金だけかかって内容が制作側の自己満足に終わっていないでしょうか。そこに制作側の、視聴者側に立っていない傲慢さが見え隠れしている気がします。

『ヒントでピント』は、改めて見ると30年経っても難易度が色あせていません。良い意味で斜め上の珍・難問題が出てくる質の高さがそれを物語っています。

テレビ離れと言われて久しいですが、クイズはそろそろ原点、つまり

「装飾に金をかけず、中身に金をかける番組」

に戻る時期かもしれません。

思い出・懐かしい補正はついているとは言え、ようつべで見る30年前のクイズの方が楽しめる現実。これは気のせいではないと思いますけどね。

 

 

最後に

ここまで読んで、

「懐かしいな~」

と涙で画面が歪んで見える方に、こっそり動画を置いておきますね。1989年の番組です。

夫婦で懐かしいなーと見るのもよし、親子で一緒に問題を解いてみるのもよし。CMも含め、ちょっとの時間80年代ノスタルジーに浸ってストレス解消ってのは如何?

 

(前半)

www.youtube.com

 

(後半)

www.youtube.com

 

この動画の中では、

・小林千登勢

・宮尾すすむ

・岡田真澄

そして司会の土居まさるがすでに故人です。

 

ここでちょっと裏話を。できれば、上の動画を一度見てからお読み下さい。その方が、

「ああああ!」

と膝を打つことになるので。

 

司会の土居さんは、特に16分割で顕著ですが、

「こいつはわかってないな」

という回答者へのフリはテンション低めで、

「こいつは正解だ!」

と思った人に対してはテンションが高めです。上の動画でも、正解する山内美郷さんに対して、答えを言ってないのに、

「それだ!」

と言っていますね。当然、

「~さん、それ違うよ・・・」

という逆バージョンもありました。

ようつべの動画でそれを思い出し探してみたところ、長年のクイズ番組司会者の経験から来る勘だと、番組終了後の回想で述べていたそう。そして、レギュラー陣が和気あいあいと肩の力を抜いているため、私わかりましたと顔に出ていたとも。

どんな分野でも経験からくる勘というものは存在しますが、司会者としては番組上隠しておかないといけないはず。しかし、土居さんはそれを隠そうともせず感情豊かに話している。土居まさるという人はいろんな意味で正直だったのでしょうね。

*1:関西では6チャンネル

*2:キャプテンを下りた後も、小林・浅井の代役として出演。

*3:産休の中島梓の代役。9ヶ月間。

*4:『クイズダービー』が土曜午後7時半からの30分、『ヒントでピント』が日曜の同じ時間なのに対して。

*5:テレビ朝日系列は関西では6chだから。『クイズダービー』は4ch。