昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

あなたの知らない「外行語」の世界

「最近の日本語は乱れている!!」

という声をよく聞きます。20年前も、10年前も、そして今も(笑)

特によく聞かれるのが、。

「カタカナ語が多い」

ということ。特に最近は英語の氾濫で日本古来のことばが滅んでしまうのではないか・・・そう声高に主張します。

別にカタカナ語は今に始まったことではありません。
明治時代の学生の話し言葉を忠実に描いた「当世書生気質(かたぎ)」には、こんな会話があります。

「我輩のウォッチではまだテンミニッツ位あるから急いで行きよったら大丈夫じゃろう」

お前はルー大柴かと突っ込みたくなりますが、当時はこういう英語やドイツ語混じり会話がインテリの間で流行していました。

だから、そんなに神経質にならなくても言葉は自然に駆逐されるものだし、仮にカタカナ語に駆逐されたとしても、文書として残るので滅びはしません。


日本語は、外来語を柔軟に受け入れるソフトな言語に入ります。英語も歴史的経緯から、かなり柔軟に外来語を吸収できる軟体動物のような言語なのですが、英語が世界共通語になったのも、そんな軟体動物ぶりが一因というのが私の持論です。逆に言うと、19世紀に英語と国際共通語の座を争っていたフランス語が破れたのは、外来語の流入に保守的だったからじゃないかなと。


中国語は逆に外国語をいちいち意訳します。

たとえば、DVDは「数字視頻光盤」。「デジタル」「ビデオ」「ディスク」をいちいち漢訳したものですが、DVDでええやんか!と思うでしょ?

中国人も内心ではそう思うみたいで、DVDは日常会話ではDVD。台湾人と香港人はもともとDVDですけどね。しかし、中国語を学ぶ人は四の五の言わず、「数字~」の正式名称は覚えておきましょう。


さて、カタカナ語は基本的には外国から来た言葉。これを「外来語」と言います。
まあ、そんなことは私が書かなくともわかることですが、その逆って何というかわかるでしょうか。
「海外に出て行き現地の言葉として定着している日本語」。それを、「外行語」と言います。「がいぎょうご」なのか「がいこうご」なのか、この記事ではどちらでもいいということにしておきます。どっちで入力しても変換できないし。

 

本日は、そんな「海を渡った日本語」の世界を。

 

 


英語

Everybody Samurai Sushi Geisya, beautiful Fujiyama...

米米CLUBの"Funk Fujiyama"という歌のサビですが、昔のガイジン様が思いつく日本語はこんな感じです。
他にも、古くから英語として定着している日本語に、"tsunami"(津波)があります。英語では力強さをあらわすこともあるのか、スポーツチーム名として使われていることもあります。


しかし、最近は日本のサブカル文化が世界中に広がったため、けっこういろんな日本語が英語化されています。
「弁当」も"Japanese lunch box"なんてくどくど言わなくても"bento"の一言でいいし、エロアニメは"hentai"の一語で済みます(笑)

 

英語に入った日本語なんか挙げているとキリがないので、「オックスフォード英英現代辞典(Oxford Advansed Learner's Dictionary)」に掲載されている日本語を。
これはいちおう世界一権威のある英語辞書とされており、ここに掲載されたら、
「おめでとう!あなたは立派な英語の仲間入りです」
ということ。
ここに載る基準は厳しい。たとえば、「台湾人」は最近"Taiwanese"と表記するのが一般的です。Chineseなんて言おうものなら、その瞬間罵声を浴びてSNSブロックなんてまだマシな方、リアルではビール瓶で殴られても文句は言えません。その深い事情は、ここでは語りません。

しかし、この辞書には掲載されていません。
「タイワニーズ?そんな英語知らん!」
とエゲレス人はみなしているということ。アメリカ英語の権威とされるWebstarには、"Formosan"とともに載っているので余計にね。

そんな超上から目線なOxford辞典には、どんな日本語が載っているのでしょうか。

Origami
Haiku
Bonsai
Hiragana
Katakana
etc...

まあ無難な日本語ですね。
しかし、その中には「こんなのも『英語』なの!?」というものもあったりします。

 

1.Walkman
SONYが誇るあのウォークマンのことです。Walkmanとは当時の会長だった盛田昭夫が思いついた和製英語なのですが、ウォークマンのイギリス販売の際、現地の社員は猛反対したとか。
仕方なく別の名前で販売したものの、ミュージシャンが"Walkman"を使い始め、彼らが沈黙の応援団となりました。現在は、オーストラリアを除いてWalkmanに統一されました*1
そんなWalkmanは、本場の英語にバージョンアップした数少ない和製英語です。

 


2.kawaii
「かわいい」です。ちゃんと形容詞として載っています。
日本サブカル、特に漫画やアニメが世界中で人気となり世界中の人が使い始めたのが、この"kawaii"
英語にも"cute" "pretty"という「かわいい」があるのですが、「かわいい」より使用範囲が狭く、またロリコン・ショタが入った性的なニュアンスもあるんだとか。
人にもモノにも何でも使え、さらに意味も中立的な"kawaii"は、非常に使い勝手がよろしいのです。特に女の子の間で大人気となりました。


正直、"kawaii"はオタクの間やネットスラングとしての価値しかない。私はそう思っていました。
しかし、オックスフォード英英辞典に載っているということは、いわば地下アイドルが一躍メジャーデビューという感じですね。
また、オックスフォードには掲載されていませんが、"sugoi"(すごい)もcoolと同じ意味で世界中で使われています。


3.kanji
「感じ」ではなく「漢字」です。
漢字は、もともと"Chinese charactor"です。おそらく学校で習う「漢字」の英訳はこれのはず。
しかし、やはり日本のサブカルの影響と、"kanji"の方が画数が少ない(日本風に言えば)のもあるのか、我々の想像以上に"kanji"だらけです。
これも最初はネットだけの現象かと思ったのですが、テレビの外国人観光客の会話を聞いていても、"kanji"ですね。


猫も杓子も"kanji"な世界に、漢字総本家の中国人は「なんでやねん!」と頭を抱えているとかいないとか。

 

 

4.cosplay
なにこれ?はい、「コスプレ」です。
コスプレは"Costume play"の略であり和製英語でもありますが、これもオックスフォード英英辞典に掲載されているオタク力の恐ろしさ。世界中の英語を監視してる(らしい)オックスフォード大学英語協会(?)が認めたのだから、コスプレってもはやバカにできません。ちなみに、"cosplay"は名詞でもあり、動詞でもあります。

ここで、一般人は使うことがなさそうな英語を。

cosplay as A from B

で、「BのA(役)のコスプレをする」という意味になります。

例文)I'm cosplayng as Goku from Dragonball
(「私はドラゴンボールの孫悟空のコスプレをしています)

そんなこと言わなくても見た目でわかると思うけどね(笑)

 

フランス語

フランスは、ある意味世界で最初に日本文化を受け入れた国であります。
幕末・明治のジャポニズムからアニメまで、フランスから世界へ拡散した日本文化は多く、今でも知る人ぞ知るJapan Expoに代表されるように、欧州への日本文化発信基地となっています。世界での日本文化の広がりは、ある意味フランス様のおかげと言っても言い過ぎではありません。


「外行語」としては英語とけっこうかぶるところがありますが、あるサイトに掲載されていた「仏仏辞典に載っていた日本語」を少し拝借します。


この仏仏辞典の良いところは、はじめて文献に現れた時期も書かれていることですが、最初にフランス語に出てきた日本語は"obi"(帯)
1551年の文献に出てくるそうですが、フランシスコ・ザビエルが日本に上陸しキリスト教を伝えたのが1550年です。
日本史ではザビエルが「日本初の西洋人」となっていますが、"obi"が1551年に文献に出ているということは、それ以前に西洋人との接触があった可能性もあります。
そこまで調べる気はありませんが、そう考えると歴史が楽しくなってきませんか。歴史は「想像の科学」なのです。


仏語に日本語が大量に入ってくるのは、やはり本格的に接触が始まった幕末(1860年代~)からですが、それ以前に既にフランスに入っていた日本語は、

・"bonze"(坊主)
・"sake(saque)(酒)
・"Nippon"(日本)
・"MIkado"(天皇)
・"samourai"(侍)綴が英語と違うことに注意

あと、面白い伝わり方をしたのが"Banzai"。
これはつい最近、ある人気テレビのMCが番組の終わりに、「では、ごきげんよう」というニュアンスで何故か"Banzai"を使い、それが広まったのだとか。

 

ロシア語

インテリ、イクラ、ノルマ、コンビナート、カンパ・・・
これらの共通点はなんでしょうか。
答えは、日本語になっているロシア語。ロシア語なんて全然わかんなーいと言っておきながら、意外に食い込んでいます。


では逆はどうか。
海を渡りロシア語になった日本語は意外に少なく、иваси(イヴァシー)とсакура(サクーラ) くらいです。前者は「鰯」、後者は「桜」です。
ивасиは特にマイワシを指す語で、イワシ全体はсардина(サルディーナ)を使うそう。
桜の木はロシアにもあるそうですが、сакураはその中で日本で咲く桜、またはソメイヨシノを指すとロシア人に教えてもらったことがあります。

 


ヒンディー語・ウルドゥー語

これらの言語の使用範囲はインドとパキスタンですが、彼らが必ず知っている日本語が2つあります。
まずは「リクシャー」

これは日本の人力車のことなのですが、明治時代から人力車のシステムがアジア中に輸出され、中国や香港、インドで新しい花が咲きました。

 

f:id:casemaestro89:20181013201841j:plain

f:id:casemaestro89:20181013201856j:plain


香港では1970年代でも現役でした。


インドでは「人力車」が訛って「リクシャー」となり、今では自転車の「サイクルリクシャー」、バイク版の「オートリクシャー」なるものがあります。これでぼったくられたインド旅行経験者は数多し(笑)
リクシャーとは言いませんが、タイのバイクタクシーことトゥクトゥクも人力車の流れかもしれません。

 

もう一つが、「スズキ」
厳密に言えば、インドとパキスタンでは「スズキ」の意味合いが少し違ってきます。
インドでは軽自動車のSUZUKIが古くからインドに進出しており、今やインドの自動車の50%を占めるようになりました。もはや敵なし、スターを取ったスーパーマリオ状態です。
インドにスズキがなぜそこまで食い込めたのか、トヨタが頭を下げて聞きに行ったという話もあります。

その影響で、小型自動車はすべて「スズキ」です。

 

対してパキスタン。
パキスタンでの「スズキ」は、百聞は一見に如かずなので、まずは画像をどうぞ。

 

f:id:casemaestro89:20181013195354j:plain

 

f:id:casemaestro89:20181013195552j:plain

!!!!!

日本車を魔改造したものくらいはわかると思います。
これは実は、軽トラの荷台部分を改造し、客を載せて走るミニバスです。サイトによっては乗り合いタクシーと表現していますが、実際にパキスタンでスズキを使いまくった私に言わせると、ルートがだいたい決まっているのでタクシーではないでしょと。ただし、バスと言ってもバス停などあると思うなそれがパキスタン。


「スズキ」はスズキの軽トラを改造・・・しているとは限らず、ダイハツやマツダの軽トラもありました。しかし名前は「スズキ」。
パキスタンに行ってスズキのお世話にならない日はないというほど、パキスタンの街を縦横無尽に走る生活の足となっています。

 

そのついでにもう一つパキスタンにある乗り物が、「トヨタ」
これはトヨタのマイクロバスかハイエースのことで、スズキのデカい版のような感じです。ただし、料金はスズキの数倍なり。
ラワールピンディという街に宿を取り、ビザの用事で首都イスラマバードへ向かうとき、宿の主人いわく。
「イスラマバードにはスズキで行くのか?トヨタか?それともタクシーか?」
聞いたときはわけがわからなかったですが、実際に行ってみるとその意味がわかります。

f:id:casemaestro89:20181013195838j:plain

このように、日本のを直輸入しすぎやんか!というものも、ふつうに走っています。私は「◯◯とうふ店」というのを見ましたし(笑)

 

 

韓国語


韓国語とは、漢語という大媒体もあって共通する単語は非常に多いです。今でこそハングル(文字)を使っていますが、漢語由来の単語は漢字に直すことができますし。
その漢語でも、日本語から伝わったものとして有名なものに、「土方」「案内」「約束」「高速道路」などがあります。
しかし、それを挙げていくとまたキリがないので、今回はそれ以外に限定します。
韓国語としてすっかり定着している日本語として、
・かばん
・ズボン
・バケツ
・オーライ
などがあります。これらは韓国人も、
「これって日本語だったの!?」
と驚くほど、ふつうに韓国語として使っている日常会話です。なお、現時点では起源を主張していません(笑)

逆に、韓国語→日本語で伝わったものは、キムチなどの料理用語の他に、チョンガー(独身男性)がありますね。
昭和40年代の映画にも出てくる表現ですが、今はチョンガーなんて使われなくなりましたね。


中国語

こちらは、漢字という「見ればわかる」媒体があるため、その量は膨大となります。
特に明治時代以降、政治や経済、哲学など近代概念語を中国人留学生がカンニング、そのまま中国語に採用されたという経緯があります。
「中華人民共和国」も、日本人が作った熟語を省けば「中華」しか残らない…国がなくなるやんというジョークもあります。
「国」だって、英語のcountryの訳に当てたのは幕末の日本人。それまで「国」という概念自体が、中国にも日本にもなかったですから。

 

同じ中国語でも、台湾には「台式日語」(または「日式台語」)というものが存在しています。
「和製英語」ならぬ「日製台(湾)語」ということですが、台湾には歴史的経緯もあ

り、驚くほどの日本語が定着しています。

私の仮説ではあるのですが、「日式台語」を時期別に分けると、


1.日本統治時代から定着していたもの(~1980年代)

2.1990年前半の日本文化全面開放*2による「哈日族」の出現と、彼らによる伝播(1990~2000年)

3.ネットの発達による日本の新語の流入(2005年~)

となります。

1.をまた分類すると、「日本語の発音のまま残っている」「日本語の漢字を台湾語(か北京語)で発音」となります。
前者には「ビール」「トラック」「ドライバ」「ラジオ」「たんす」「リンゴ」「おじさん」「おばさん」などがあり、車など機械用語は「モーター」「ベアリング」「バッテリー」「スパナ」「バックミラー」など・・・一度高校生が使う工業用語図解事典を見たことがありますが、なんやこれ日本語辞典ちゃうん?いうほど日本語だらけでした。
後者は、「便所」「住所」「看板」「口座」「出張」「登場」「注文」「便當(弁当)」「丼」「料理」「旺年會(忘年会)」「物語」など、これも山ほど。
以前は現在よりはるかに多く、「郵便局」「役所」「先輩」「赤チン」「アイスクリーム」「だしの素」まで残っていたのですが、さすがに死語になってしまったよう。

おもしろいところでは、「頭コンクリ」こと「アタマコンクリ(阿塔瑪控苦力)」(融通がきかない石頭、転じて「頭悪い」という意味)や、日本人の朝風呂の習慣に違和感を持った台湾人が、

「日本人わけわからん」

「めちゃくちゃ、非常識」

という意味に変化した「あさぶる(阿撒不魯)」。また、「洋服を着たおしゃれな男」→「七三分け」に意味が変化した「ハイカラ」という変わり種もあります。髪の毛を「セット」するも残っているそう。
もし台湾人に
「なにか台湾語知ってる?」
と聞かれたら是非、
「アタマコンクリ!」
と言ってみましょう。向こうはひっくり返るはずです(笑)

 

2.の代表は、1990年代前半に日本で流行った「チョーXX」の台湾版、「超XX」。すっかり台湾に定着し、今の台湾の10代はこのルーツが日本語なことすら知らないんじゃなかろうか。それほど日常用語化しています。

あとは、「がんばって」「さよなら」「だいじょうぶ」「ちょっとまって」などもそのまんま使われています。ただし、台湾人は促音(「っ」)が脱落する癖があり、「だいじょぶ」「がんばて」「ちょとまて」に聞こえます。

 

3.は、サブカル用語目白押し。「二次元」「腐女子」「痛車」「魔改造」「黒歴史」「ネ申」まで様々。最近のネット用語は漢字が多いため、彼らも直感で意味をつかみとりやすいのでしょう。

 2と3が合体した「超可愛、超萌」なんて台湾人アニオタのSNSを除くと山ほど出てくるし、嘘のようなホントの話ですが、「リア充」まで「現充」としてSNSにガンガン出てきます。「リア充死ね」は「現充去死吧 !」です(笑)

 

さらに、これらが香港や中国、シンガポールなど他の中国語圏へ伝わり、ネットでの伝播速度の速さもあって中国人も平気で使っています。中国人はおそらく、これらがもともと日本語だということを知らないまま使っていると思います。

 

おわりに

「外来語」にはけっこう目を向けても、「外行語」はなぜかあまり注目されません。しかし、一歩目を向けてみると日本語が意外に使われていることがわかります。

Twitterで、リツイートされたある言葉が流れてきました。

「世界のマンガ・アニメ好きにとって、日本語はラテン語だ」

原文は英語だったのですが、これは現在の日本語がどういう位置に立ち、外国人に日本語がどう思われているのかを説明した名文だと思います。たかがオタクと侮るべからず、kawaiiのように世界中に伝わり、世界共通語になってしまったものもあるのだから。

 

 ==興味があればこんな記事もどうぞ!==

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

*1:オーストラリアは先に商標登録されていたらしく、現在でも使えません。

*2:1993年まで、建前上日本文化は法的に制限されていた。