昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

日本人のネガティブ・マイナス思考は遺伝子が決めていた!?

みなさんお馴染み、ぐわぐわ団のまけもけさんが、実によくわからな…もとい、意味深なブログを書いておられます。

 

www.gw2.biz

 

脱マイナス思考!ときたかと思えば、脱プラス思考?そしてたどり着いたのは「脱思考」。さすがです。そうきたか。実にわけがわから(以下自粛

 

と私が壊れている場合ではありません。

 

 

日本人は、マイナス思考だとよく言われています。ラテン系の「ケ・セ・ラ・セラ」、が代表的ですが、世界中にはまけもけさんの言う「脱思考」のすすめと言うべき言葉が軒を連ねています。

しかし、日本語にはそれがない。それだけでも日本人のネガティブな思考があらわれているのではないかと、言葉に興味がある一人の人間として、切に感じます。

 

この日本人マイナス思考説、我々も薄々は感じていることだろうと思います。しかし、その根拠となるとわからない。霧の向こうにある、実体はあると思うけれどつかめないなにかに近い存在です。

が、ある本を読んで衝撃の事実を知ってしまいました。日本人のマイナス思考は

 

遺伝子レベル

 

なのだと。

 

脳内にはセロトニンという、不安を和らげ精神の安定を保つ脳内物質が分泌されます。喫煙者がタバコを吸えずにイライラするのも、一言で言ってしまえばセロトニン分泌不足です。うつ病患者は決まってセロトニンの量が少ないことから、うつ病の原因も、セロトニン不足が大きく関係しているのではないかと、目下研究が進んでいます。

このセロトニンの分泌量を調整しているタンパク質があり、セロトニンを細胞内に取り込むはたらきをしているのですが、それにはある遺伝子があることがわかってきました。それを「セロトニントランスポーター遺伝子」と言います。

これは遺伝子の長さによって、S(Short:短)L(Long:長)に分かれ、父親と母親から1つずつもらい、SS型SL型LL型の3タイプに分けることができます。

この遺伝子のうち、S型はセロトニントランスポーターを生み出さない結果、セロトニンの吸収力が弱く、不安や恐怖の感情が発生しやすくなります。逆にL型は吸収力が強「ケ・セ・ラ・セラ」型ということです。

平たく言ってしまうと、SS型>SL型>LL型の順にマイナス思考が強いとここではお考えください。

 

上記3タイプのうち、日本人はSS型とSL型の所有率、なんと

 

98%

 

だそうです。人によっては97%とか95%とか言う人もいますが、90%以上の数%などただの誤差。

逆に、アメリカの白人ではLL型がいちばん多く、SS型は3割ちょっと。

S型を所有者はアジア系の農耕民族に多いらしいですが、それでも日本人の所有率は世界的に見てダントツだそうで、これが日本人のマイナス思考に拍車をかけてるのではないかと。

 

この恐怖・不安が強いSS型またはSL型、語学を勉強したり教えたりしていると、納得できることがあります。

中国語教師をやっている台湾人のTwitterフォロワーさんがある日、愚痴っていました。

要約すると、中国語を使う機会がないと生徒さんがボヤくので、ならLINEで中国語必須のグループ部屋を作り、無理やり使わせようとしたそうな。内輪のグループだし人の目がない、これでみんな中国語を使えるだろう…

結果は予想外のものでした。みんな発言しないのです(笑)

さすがの先生も、これどういうことやねん!と呆れていました。

何故みんな発言しないのかというと、端的に言えば間違えを指摘されて恥をかくのが怖いのです。

「中国語が使える!嬉しいな!」

より、

「中国語使って間違えたらどうしよう…」

という不安が先に出てしまうのです。語学勉強中の方、少しは心当たりがあるんじゃないでしょうか。

日本人はそもそも、性格的に外国語習得に向いていない。英語教育改革なんて無駄無駄無駄無駄、センスない人に学ばせても無駄無駄無駄無駄(ある人だけ勉強すればいい)というのが私の四半世紀に及ぶ外国語人生から得た持論ですが、 遺伝子学が私の持論を裏付けてくれた気がします(笑)

 

では、なんでLL型が日本人に少ないのか。

 結論から言ってしまえば、自然淘汰されたのでしょう。

日本は地震や津波、台風や火山の噴火など、自然災害が非常に多い地域です。我々は当たり前のように受け止めていますが、外国人から見ると、なんであんたらこんな(危険な)ところに住んでるの?日本人はクレイジーなりと、望んでもないのに極東ミステリー扱いしてくれています。

予期せぬ災害が多い我が国では、「備えあれば憂いなし」が自然と身についていきます。「アリとキリギリス」でいえばアリです。キリギリスなLL型は滅んでしまうか、こんなとこ住んでられるか!と他のところに移住するでしょう。この移住を苦にしないのもLL型の特徴と言えます。

ます。不安はマイナスに捉えられることが多いですが、あるからにはなにか役目があるはず。おそらくは、本能として備わった危険予知装置だと私は解釈しています。その装置がインストールされていないLL型は、災害大国日本では滅びるべくして滅んだ…私はそう考えています。

 

LL型の日本人、わずか2~3%ですが、いるにはいます。日本が住みづらいのか、みんな海外へ移住してしまって日本で会うことはかなりレアですけどね。ただし、SS型にとってはLL型はガイジン以上の違和感を感じます。ガイジンなら仕方ないかで処理できますが、SS型から見れば、日本人のLL型は変人か、躁病か、まけもけさんの言う「脱思考」のバカにしか見えないと思います。

 

しかし、遺伝子ですべてが決まるとは、遺伝学者は一言も言っていません。環境によって思考のプラスマイナスが左右されるのも確かです。

自分の人生を鑑みても、

「中国語で『こんにちは』ってなんて言うんやろ?まあそんなことええわ~!」

という気分で中国に留学したり、世界中を放浪したり、傍目から見るとLL型どころかLLLLL型です。自分でもそう思っていました。

が、年を取ったせいか、社会人になり人生が受け身になってしまったせいか、それとも鬱ってしまったせいか、マイナス思考の塊に。今でもこのマイナス思考の呪縛は解けず、SS型どころかSSSSSSS型です。ブログの文章を見ているだけでは、到底そんなふうにには見えないと思いますけどね。

 

なんでも妖怪のせいにするのは、なんとかウォッチを見ているお友達ですが、自分のマイナス思考は、もうね、遺伝子のせいにしてもいいんじゃないでしょうか。

遺伝子のせいなのね、そうなのね。ワッハッハーと叫んでマイナス思考妖怪がはびこる伏魔殿、日本列島を生き抜きましょう(笑)