昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

今は亡きゲーム会社を偲ぶ

昇天

 

私の自分史は、ゲームと共にあり。ゲームをすれば寝食を忘れ時間を忘れ、そして我を忘れたゲーム少年でもありました。
現在ゲームをやることはほとんどないですが、たまにレトロなゲームが置いてあるゲーセンなどに行くと、やはり時間を忘れ夢中になっています。
こんな有様なので、プレステなどゲーム機を買うと途端に生活に支障が出てしまうのは明白。「やらない」というより「封印中」と表現した方が正解です。

そのきっかけは、やはりファミコンでしょう。
ファミコンの発売日も、スーパーマリオの発売日も覚えている、さらに初代ドラクエの発売日にお札を手に持ちおもちゃ屋へ走った世代。
我が人生、ファミコンと共にあり。そういう意味では、私の人生、いや日本の子供数千万人の人生を狂わせたファミコンの罪は深い。

 

今まで市場で販売されたゲームの種類は、それこそ神のみぞ知るの数量になります。自分ではかなりの数のゲームをやったつもりですが、実際は氷山の一角程度なのでしょう。ファミコンからプレステ4まで、一体いくつのゲームが販売されたのか。それをカウントした人はいるのだろうか。おそらく、世界のどこかにいると思います。

そんな星の数ほどある、もしくはあったゲームは、土の中に種を植えて水を撒けばできるものではありません。ちゃんとゲームメーカーというものが存在します。
ゲーム会社も、開発会社から販売会社まで星の数ほどあるのでしょうが、ゲーム業界は常に戦国時代、小さな牌を奪い合う修羅場と聞きます。
プレステのSONYだって、SWITCHの任天堂だって、いつ倒産するかわかりません。実際、あのSEGAでさえハード機の失敗で倒産1分前まで追い詰められ、創業者が全財産をはたいてなんとか死亡を免れたというほどの際どいところでしたから。

今は全く聞かないあのメーカーも、ゲーム業界から撤退しただけで会社自体は存続しているケースがほとんどですが、中には倒産・破産で跡形もなく消え去ったメーカーも多数あります。
今回はその中でも、
「え?こんな有名なゲームを作っていたのに!」
と驚くような、「今は亡き」なメーカーを。

 

 

1.ジャレコ

f:id:casemaestro89:20180806232017p:plain

 

ジャレコと言えば、ファミコンのあの伝説のゲームが真っ先に思い浮かびます。

 

f:id:casemaestro89:20180806160514j:plain

「燃えろ!プロ野球」です。

 

 

f:id:casemaestro89:20180806160547j:plain

f:id:casemaestro89:20180806160600j:plain

40代以上なら、ファミコンの野球ゲームとくれば「ファミスタ」かこれを思い浮かべる人も多いと思います。
また、
「さすがは落合だ、バントでホームランが打てるぜ!」
という裏キャッチフレーズでもお馴染みの野球ゲームです。
私がこれを初めてやったのが中学校1年の時。同級生が買ったというのでやりに行った記憶があるのですが、Wikipedia先生によると発売日は1987年6月。記憶とばっちり一致します。
おっと、また長くなってしまうのでこのゲームの話はこれまでだ。

 

ジャレコの他のゲームと言えば、

f:id:casemaestro89:20180806161659p:plain

(画面はアーケード版)

主人公は実はかわいいおねーちゃんだったと、当時の二次元好きの萌えバロメーターを急上昇させた「シティコネクション」や、

 

f:id:casemaestro89:20180806162138p:plain

(画面はアーケード版)

ゲーセンでもファミコンでも人気があった「忍者くん」も、ファミコン版はジャレコからでした(アーケード版は別会社ですが、それは後述)。

 

 

f:id:casemaestro89:20180806162236j:plain

その続編的な「忍者じゃじゃ丸くん」もありましたね~。これはファミコン中期の名作の一つでした。

 

f:id:casemaestro89:20180806162811j:plain

また、30年の月日を経てもいまだ内容が賛否両論、究極のクソゲーなのか名作なのか議論が続くレジェンド、「ミシシッピー殺人事件」もジャレコでした。

 

f:id:casemaestro89:20180806162358p:plain

個人的には、「うる星やつら ラムのウェディングベル」というゲームも意外に面白かったのを覚えています。

 

ファミコン世代な方はおそらく、これらのゲームすべてを記憶していることでしょう。それほどの名作を夜に送り出したメーカーだったのです。

 

しかし、2000年頃に外資に買収されてからジャレコは迷走し始め、2006年に「新ジャレコ」(謎)を設立するも数年後には事実上の休眠状態に入りました。
そして2014年、親会社の破産と共にジャレコは共倒れという形で消滅しました。
これだけの記憶に残るゲームを作った会社が、最後は誰にも知られることもなく消滅…世はかくも非情なのか。

 

 

 

2.データイースト

f:id:casemaestro89:20180806101425j:plain

 データイーストは、ゲーム業界の中では老舗の一つでした。「DECO」という名でも知られていました。 

 

 この会社が世に出したファミコンでの名作と言えば、

f:id:casemaestro89:20180806164112j:plain

この「ヘラクレスの栄光」でしょう。

ギリシャ神話をベースにしたRPGで、基本システムは言っちゃ悪いが、ドラクエのン番目のどじょうです。 が、防具の「耐久力」が斬新でかつ結構うざかった記憶があります。

とは言うものの、RPGとしてはかなり面白かったことは確かで、続編も出てデータイーストのシリーズ作品となったことからも評判は良かったのでしょう。

 

f:id:casemaestro89:20180924195141j:plain

新宿・歌舞伎町に事務所を構える私立探偵の活躍を描いた推理アドベンチャーゲーム、「探偵 神宮寺三郎」シリーズもありましたね。

…というか、神宮寺三郎はいまだ死なず。新作が12月に発売される予定の現在進行系シリーズです。

データイーストが現存しない現在、神宮寺シリーズは版権を得た別メーカーが発売しています。

 

 

空手道アーケード

ゲーセン派なら、大阪新世界のレトロゲーセン「ザリガニ」で懐かしのゲームを満喫しよう!で紹介した、「世界初の格闘ゲーム」という真偽不明の伝説を持つ「空手道」も、データイースト製です。

 

バーガータイムゲームデータイースト

また、具を踏んでハンバーガーを完成させるという、保健所から営業停止を食らいそうな「バーガータイム」というゲームのメーカーも、データイーストです。てっきりナムコと思っていました。 

 

しかし、データイーストのゲームと言えば、この「珍」…いや「奇」なゲームを外すわけにはいきません。

 

チェルノブ

「チェルノブ 戦う人間発電所」という、なんのこともないアクションゲームなのですが、これが伝説の「奇ゲーム」と呼ばれるゆえんはそのネーミング。

このゲームが出る2年前の1986年、ソ連(現ウクライナ)で起こったチェルノブイリ原子力発電所爆発事故が起こりました。事故もひどかったのですが、大量の放射線漏れで世界中(特にユーラシア大陸)が、

「もう世界は終わりだ」

とパニック、ノストラダムスの大予言はやはり本当だったとか、北斗の拳の世界が現実になるだとテンパる始末。テレビでは、当時画期的だたCGを駆使して核の冬とやらをビジュアルで再現。さんざん国民を煽っていたのは、30年後の今から見ると一体何だったのかと。

そんな矢先に出たのがこの「チェルノブ」。

これで誰の逆鱗に触れてしまったのか、チェルノブイリを、原発を茶化したと非難轟々。データイースト側は関係ないと言い訳するも誰も信じず。やっちまったデータイースト。

まあ、当時中学校2年だった私でも、直感でチェルノブイリを茶化したなと思いました。ATMIC RUNNERにチェルノブでは、中学生でも容易に想像できる。
今後も日の目を見ることができない、ゲーム界の永久封印中のゲームとして「奇」なのです。

 

「名」から「奇」まで、幅広いゲームを生み出したデータイーストですが、バブルで手を広げすぎたのか1990年代から経営の雲行きが怪しくなります。

経営に行き詰まった挙句、データイーストはとんでもないものに手を出します。

 

 

f:id:casemaestro89:20181001201552j:plain

(画像はイメージです)

なんですとぉぉぉぉぉ!!!!

椎茸の栽培にまで手を出してしまったのです。溺れる者は藁をも掴むとはこのことか。

しかし、起死回生の(?)椎茸攻撃も実を結ばず、2000年に負債33億円で和議成立。2003年に破産宣告して消滅しました。

 

 

3.ハドソン

 

f:id:casemaestro89:20180806101435j:plain

 バァ~~イ、ハドソン!

ファミコンを朝から晩までやり尽くした1980'sキッズにとって、ハドソンは神にも匹敵する存在でした。本社があった北海道に足を向けて寝ていた人は、おそらくいるまい。

ファミコン史を語るには不可避のこんな会社が現存せず…まだどこかに「コドモ」な心を残している私には、それが未だに信じられない気分だったりします。

 

それはさておき、ハドソンと言えばやはり高橋名人でしょうね。

 

f:id:casemaestro89:20180924200622j:plain

(1980年代の高橋名人)

プロゲーマーの先駆けとして海外でも有名な人です。大人になって冷静に見れば、ただのハドソン宣伝部のサラリーマンだったのですが、そんな大人の事情など知らないコドモたちには大人気。今で言えばヒカキンのような立ち位置です。

高橋名人が我々コドモにどれだけの影響を及ぼしたのか。

関西には、東日本と比べ高橋姓の比率が高いのですが*1、その例に漏れず私の同級生・同期生は高橋だらけ。そんな周囲の高橋姓が男女問わず全員、

「高橋名人

というあだ名に変わったほどでした。彼らが名人と呼ばれる特技があろうとなかろうと、そんなものコドモには関係ない。

ちなみに、私の記憶が確かならば、コナミに毛利名人っていましたよね?

オリンピックでは現在、競技としてのゲーム、e-sportsを採用するか否かが海外で議論されているそうですが、高橋名人はその開拓者とも言える人と言えるでしょう。

 

その高橋名人がどれだけコドモたちの心を揺さぶったか、一つの証明があります。

 

www.youtube.com

 懐かしすぎてようつべに残っていたCMを持ってきてしまいましたが、「高橋名人の冒険島」という名ゲームです。

ただのサラリーマンたっだ高橋名人を冠に抱いているところに、当時の名人がどれだけ人気だったかを物語っています。

このゲーム、うちの地元では品薄になってなかなか手に入らなかったのですが、それもそのはず、あれだけ人気があったのに100万本しか出荷しなかったから。

奇跡的に(?)「冒険島」を手に入れることが出来た小学校の友人は、まるで超レアポケモンをGETした時のようなチヤホヤぶりで、彼の家は押すな押すなの超満員。今冷静に考えると、彼のお母さんが出してくれていたお菓子代だけでもすごい額になっていたと思います。

しかし、あの歴史に残るクソゲー、「いっき」で100万本弱「売れた」のに、大人気だったこのゲームが100万本しか「出荷」してない、そりゃ品薄になるわけやわ。

 

 

 

ハドソンのゲーム業界におけるもう一つの功績は、

 

f:id:casemaestro89:20181001222040j:plain

これです。そう、家庭用ゲーム界で無敵モードだったファミコンにあらわれた任天堂殺戮マシーン、PCエンジンです。

当時を知っている人は、こう書くとこんな疑問が浮かぶはず。

「これって確か、NECが作ったんじゃ・・・」

いえ、これCPUやOSなど中身はハドソンで、販売担当がNECなだけ。技術屋集団のハドソンには独自の販路がなく、パソコンで販路も知名度もあるNECに販売を委託したというのが歴史の事実ですが、覇王NINTENDOに真っ向からケンカを売りたくないという大人の事情もあったと思います。

今や当たり前になった円盤型ソフト(CDやDVD、ブルーレイなど)を日本で初めて作ったのも、今にして思えばハドソンでしたしね。

そういう意味では、ハドソンはゲーム業界を変えるほどの実力を持つすごいメーカーだったのです。高橋名人?あんなの飾りです、コドモにはそれがわからんのです。

 

ハドソンは他にも、「ファミコン界初のクソゲー」という冠を持つ(?)

 

バンゲリングベイ

『バンゲリングベイ』という移植ゲームも販売していました。個人的にはけっこう面白かったんやけどな~。

 

以前、レトロゲーセンザリガニの時に熱く語った、

 

ボンバーマン

『ボンバーマン』もハドソン。

 

f:id:casemaestro89:20181001222922j:plain

 

今でもシリーズ化されている『桃鉄』こと『桃太郎電鉄』など、ハード力もソフト力もあるすごい会社だったのです。 

 

そんなハドソンも、メインバンクだった北海道拓殖銀行が1998年経営破綻して、風向きが一気に変わります。ハドソンは拓殖銀行と心中、いや拓殖がハドソンを道連れに無理心中する形となり破産寸前になったのですが、コナミが助け舟を出し子会社化(事実上の買収)。2012年には会社としても解散、現在はゲームブランドも含め、ハドソンの形跡は跡形も残っていません。嗚呼、つわものどもが夢のあと。

ちなみに、「高橋名人」はハドソンが商標登録しており本来は使えないはずなのですが、会社に貢献してくれたのでと無料で使用認可を得ているそうです。

 

 

4.UPL

 

f:id:casemaestro89:20180806101520p:plain

UPLという名前の知名度は、おそらくかなり低いと思います。はて?そんな会社あったっけ?と頭上に「??」が飛んでいる人もいるかもしれません。

しかしこの会社。

 

f:id:casemaestro89:20180806162138p:plain

かの「忍者くん」を作ったメーカーです。ジャレコの欄で既に書いたとおり、「忍者くん」のファミコン版はジャレコが販売しましたが、アーケード版はUPLです。

 

 

5.日本物産

f:id:casemaestro89:20180806101605j:plain

 

日本物産というどこかの海鮮問屋のような名前ですが、「ニチブツ」といえば、あああそこかと気づく人がチラホラいるかもしれません。以下ニチブツにします。

こちらは1975年にゲーム界に進出したのですが、ニチブツを大手ゲームメーカーにのしあげたのが、

 

f:id:casemaestro89:20181001223258j:plain

 『クレイジークライマー』です。

私の記憶が正しければ、インベーダーブームが終息した次に出現し、たちまちゲーマーたちの心をつかんだ名作でした。

ファミコンのゲームも作ってはいましたが、家庭用ゲームでの名作は、

 

f:id:casemaestro89:20181001203626j:plain

『F1サーカス』というゲームです。これはファミコンではなくPCエンジンで発売されたのですが、F1ブームに乗って売れに売れ、内容も面白かったPCエンジン界の名作と言われています。

 

他にもセガサターンなどのゲーム製作も行っていたニチブツでしたが、バブルの頃に自社ビルを建てたりした放漫経営のツケがバブル崩壊で回ってきたのと、脱衣麻雀などエロゲーム路線に偏ってしまい、健全な社員が去ってしまったなどの要因で経営が傾き、2009年に事業を停止しました。のちに、別のゲーム会社がニチブツのオーナー社長だった人物と直接交渉し、版権を得ています。

 

 

 

6.テクノスジャパン

f:id:casemaestro89:20180806101810j:plain

あまり馴染みがない名前ですが、上のロゴを見れば膝を叩く人も多いはず。

ザリガニくにおくん

くにおくんドッジボール

(どちらも大阪新世界のゲーセン『ザリガニ』にて)

『くにおくん』シリーズを作った会社と言えば、大きなお友達にはお馴染みですね。

テクノスジャパンは、上で述べた椎茸栽培会社・・・もといデータイーストから独立した会社でした。「くにお」とは社長の滝邦夫から取られています。

「くにおくん」シリーズは、当時の世のヤンキーブーム(?)に乗ってヒット作となりました。今でも懐かしいなーと目を細めている人もいるはず。

しかし、それ故に成功体験に溺れたテクノスジャパンは、それ以後ヒット作に恵まれず、さらに何を血迷ったか自社ビルまで建てる始末。これが仇となってしまい、1995年に破産。『くにおくん』というゲームだけを遺し、消えていきました。

  

 

7.コンパイル

こちらも、会社名ではピンとこないと思います。

 

しかし、このゲームは少なからずやったことはあるでしょう。

ぷよぷよコンパイル

f:id:casemaestro89:20181001224514j:plain

あの大人気ゲーム『ぷよぷよ』を作った会社でした。

『ぷよぷよ』のような、上から何かが落ちてくるパズルゲームを「落ち物」というのですが、その代表が、

 

アーケード版テトリス

『テトリス』ですね。

落ち物ゲームは、やもすれば単調すぎてゲーム中に寝てしまいそうなのですが、『ぷよぷよ』は対戦プレイを重視した「バトル」を持ち込み、革命を起こしました。社会現象にまでは至っていませんが、「ぷよぷよしない者は人に非ず」なほどのブームを引き起こした記憶があります。落ちゲーは女性ウケするという傾向がありますが、『ぷよぷよ』でゲームにハマったという女性も多いと思います。

また、この会社はこんな名作ゲームも作っています。

 

ザナック

 

f:id:casemaestro89:20181001210059j:plain

「ザナック」というシューティングゲームです。これはMSXやファミコンでけっこうヒットし、私もやった覚えがあります。ファミコン版は確かディスクシステムでしたが、販売元はコンパイルではなく、ブランド力が高いポニーキャニオンという会社になっています。

他にも、MSX版のロードランナー(販売はソニー)も作っています。

 

結果として、『ぷよぷよ』で予想以上の大ヒットを叩き出したのが、逆にコンパイルの息の根を止めることとなりました。

質素な生活をしていた人間が、大金を手に入れると人生が狂うとよく言われます。コンパイルはその会社版でした。

すっかり調子に乗ってしまった経営陣は急速に事業を拡大、ぷよぷよ肉まんやぷよぷよもみじ饅頭まで作ってしまう始末。しかし、『ぷよぷよ』以外にこれといった自社ブランドでのヒット作もないのに無理をした結果、これらはすべて大ずっこけ。結局、1998年に経営破綻しました。

のちに他の会社の支援もあって復活するものの、『ぷよぷよ』の地縛霊に取り憑かれたかぱっとせず、2003年に再び経営破綻しこの世から消えることとなりました。

 

ちなみに、『ぷよぷよ』の版権はコンパイル破産時にセガが版権を取得しており、ユーザー(消費者)的には特に影響はありません。

 

ご臨終メーカーのアンカーを務めるのはこの会社。

 

8.SNK

SNKネオジオ

SNKとくれば、そう、あれです。

 

f:id:casemaestro89:20181001230612j:plain

NEOGEO(ネオジオ)というハードがあったことを覚えているでしょうか。

「THE 100 MEGA SHOCK!」

という言葉と共に1990年に登場したこのゲーム機、プレステ4なら「THE 50 GIGA SHOCK!」ですが、ゲーセンの格闘ゲームがそのまま移植が売りのこのハード、当時のアーケードゲームの容量がそんなものだったのでしょう。

そのSNKが売りにしてたのは格闘系のゲームですが、カプコンが『ストリートファイターⅡ』(以下ストⅡ)なら、SNKは『餓狼伝説』というゲームでした。

 

f:id:casemaestro89:20181001231847j:plain

奇しくも同い年、それも同じ大阪のメーカー産のこの二つのゲームは、1990年代前半の格闘ゲームを引っ張る機関車としてゲーマーたちを虜にしました。当然、私はどちらもゲーセンにかじりつきかなりの数プレイしましたが、正直面白さは甲乙つけがたい。現在の知名度はストⅡの方が上ですが、餓狼伝説も同じくらいのクオリティでした。

SNKの本社は、大阪府北部の吹田市江坂という場所でした。SNK絶頂期の頃は江坂駅がSNKとNEOGEOの広告ばかり。地下鉄江坂駅が「SNK駅」か「ESK駅」に変わるのではないかと思ったほどの勢いでした。


しかしこのNEOGEO、本体が58,000円、ソフトが30,000円以上(!!)こんなの大きなお子様かスネ夫しか買えません。おまけに販売がバブル崩壊直後。バブル絶頂期ならPCエンジンのCD-ROM2(価格はほぼ同じ)のように売れたものの、ちょっと販売時期が悪いんじゃないのかしらん。

それ故最初はレンタルから始めたのですが、これが意外にも好調でした。これで気を良くしたSNKはコストを下げ、家庭普及版を販売させました。

 

が!!!!

運の悪いことに、「奴」がゲーム界にあらわれます。

 

 

f:id:casemaestro89:20181006190314j:plain

それがあの「プレイステーション」(初代)。任天堂との仲が上手くいっていなかったナムコ*2やスクウェア*3に近づき、ファミコンから寝返らせるなど準備万端のプレステに、格闘ゲームしか能がないNEOGEOは打つ手なしでした。のちにCD-ROM版の「ネオジオCD」も発売されるものの、効かぬわとプレステの高笑いのみが響くだけでした。

 そして格闘ゲームブームの終焉。

良くも悪くも格闘ゲームしか能がなかったSNKは時代の進化についていけず、2001年に経営破綻しました。その負債額は約380億円。ゲーム界では当時最大の額でした。100 MEGA でSHOCKを起こした会社は、最後に380億SHOCKを起こして壊れました。

 

しかし、ググってみたらわかりますが、株式会社SNKは生きてます。

www.snk-corp.co.jp

ロゴも同じです。

え?どういうことやねん?BEのぶ、お前ウソついたんか?

いえいえ、ウソはついていません。

SNKは破産後、プレイモアという会社にすべての権利を譲りました。そのプレイモアは「SNKプレイモア」となり、2016年に「二代目SNK」に商号を変更、現在に至っています。上にあるサイトは、生まれ変わったSNKであり、ネオジオを作ったSNKとはある意味関係がありません。

おわりに

 

このように、ゲーム業界は百家争鳴と同時に、大ヒット作に恵まれても消えてしまう戦国時代でもあります。この記事を見て、あのメーカーが、自分も楽しんだあのゲームを作った会社がなくなったとは・・・とショックを受けた方もいるかと思います。

ゲームには夢があっても、作る側には夢はなし。なんだか砂漠のようなドライな世界を垣間見てしまった、今回の記事でした。

 

==こんな記事もあります。よかったらいかがでしょうか==

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

*1:そのかわり、佐藤・鈴木は東日本の方が圧倒的に多い。

*2:現バンダイナムコゲームス。

*3:現スクウェア・エニックス。