昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

阪和射撃場-阪和電鉄幻の施設が今ここに明かされる

現在、関西空港へのアクセスラインとして大車輪の遅延騒ぎを起こし・・・は今や昔、JR西日本のドル箱路線として活躍している阪和線。昔は「阪和電気鉄道」、略して阪和電鉄という私鉄であった。

当時の経営陣は、ネタを残すために経営していたわけではないのだが、阪和電鉄がこの世から姿を消して75年、こうして後世によって愉しくネタにされている。そういう意味では、その努力は決して無駄ではなかったと心から思う。

阪和電鉄の伝説といえば、暴走「超特急」が有名である。が、そんなの飾りです偉い人にはそれがわからんのです…ではなく、阪和電鉄伝説の真骨頂は、多角的な、あまりに多角的すぎた経営。

当時の私鉄では常識となった住宅地設営はもちろんのこと、

 

f:id:casemaestro89:20180503215247j:plain

夏真っ盛りの海水浴場に人気漫才師を呼び、

 

阪和電鉄新聞広告兎狩り

冬には兎狩りツアーを行い、

 

f:id:casemaestro89:20180503215323j:plain

「いも掘り」やら「松茸狩り」やら、果てには「高射砲実弾射撃大会」まで。

阪和電鉄は旅行代理店かイベント会社か?と見間違うほどの行事の数々。お客さんに電車に乗ってもらおうと、涙ぐましい努力を行っていたというわけである。*1

 

 

そんな阪和電鉄のお涙頂戴の経営の中でも、

「こんなものまで手を出さんでも(笑)」

と呆れ半分、驚き半分なものがある。

以前取り上げた天王寺駅や砂川遊園も、ニッチ度は上な方だと書いた本人も認識している。しかしながら、これらは資料があるだけまだマシな方。

しかし今回の件、わかっているのは「あった」ということだけ。あったのはわかっちゃあいるけれども、私をもってしても(?)資料がなかなか見つからず、かなり長い間塩漬けにしていた案件である。

 

 

日本初の総合射撃場

すでにタイトルでネタバレしているが、阪和電鉄が経営していたニッチなものとは「射撃場」

その名は「阪和射撃場」、それも阪和電鉄の直営である。

常識的に考えれば、なんで鉄道会社が射撃場なんて運営しとんねん?と不思議な感覚を覚えるのだが、それは考えるだけ無駄なこと。なぜならば阪和電鉄だから…その一言で解決できる。

 

 

ところで、阪和電鉄直営の射撃場はどこにあったのか。

 

f:id:casemaestro89:20180503224050j:plain

当時の案内図を見ると、駅で言うならば上野芝と鳳の間に位置していた。あれ?津久野は?とお思いの地元の人もいるだろうが、津久野駅ができたのは戦後のこと、当時は影も形もありゃしない。

しかし、もし現在にも阪和射撃場があると妄想すれば、最寄り駅は間違いなく津久野駅となる。

 

 

大阪府堺市西区向ヶ丘第二団地

津久野駅から15か20分ほど歩くと、小さな丘陵の上に建つ団地が見える。UR(旧公団)向ヶ丘第二団地である。

実はここに射撃場があったのだが、団地や分譲住宅が立ち並ぶ閑静な住宅街と化した今では、住民ですら想像できないと思う。

 

 

阪和電気鉄道史阪和射撃場

阪和射撃場の開業は、時代が戦争の臭いできな臭くなった昭和13年1月10日。触れ込みは「日本初の総合射撃場」

 

大阪朝日新聞阪和射撃場

昭和13年1月11日付の『大阪朝日新聞』掲載の阪和射撃場のニュースである。阪和電鉄は、浜寺の海水浴場でもそうだが、朝日新聞と手を組んでいたらしく広告も『大阪朝日』がほとんどである。

 

阪和射撃場新聞広告

同年4月頃の『大阪朝日新聞』の広告である。ふつうであれば、

「こんな非常時に!」

と「愛国国民」が目くじらを立てるだろうが、設立の趣旨にはこんなことが書かれている。

「今や国家非常時局の真唯中まっただにあっては各人射撃の心得を会得しておくことは、銃後の備えとして忘るべからざることであります」

(阪和射撃場パンフレット(後述)より)

 もちろん、会社である以上金儲けの本音を隠しているのだが、あくまで国策に沿った施設ですアピールしている阪和電鉄もあくどい。

 

 

阪和電鉄射撃場

これらの阪和電鉄の沿線案内から、以下のことがわかる。

敷地面積3万坪

営業時間:8:00-17:00

年中無休

入場料20銭

銃器は無料貸出

実弾費:5発20銭(二二径小銃)、1発9銭(三八式単銃)

また、オープン当時の新聞広告によると、銃は三八式単銃、二二径小銃、ブローニング猟銃、拳銃等があったようだ。

 

阪和射撃場阪和電鉄

 (『阪和電気鉄道史』より)

どうもロゴも制作されたようである。

 

 

阪和電鉄のパンフや資料を多方面から探してみると、少しは気合を入れたか意外に写真が残っている。

阪和射撃場

(『阪和電気鉄道史』より)
射撃場は軍銃用の200mレーンと、50mの小銃・拳銃用レーンに分かれ、10レーンまで用意されていた。上屋があって雨天でも射撃可能、他の射撃場とは電話連絡ができたという、一時の戯れで作っていない。阪和電鉄、本気です。

 

上野芝射撃場南海阪和

(『南海沿線厚生施設篇』1941年より)

女性も気軽に射撃訓練できます!と広告でも宣伝しているのだが、そもそもここに来るまでが大変である。今でも津久野駅から歩くとなかなかの距離。おそらく車で来れるほどのブルジョアであろう。

 

阪和射撃場上野芝

(阪和電鉄の沿線案内より)

学生たちの射撃訓練の場にも使われたこともあったという。大正14年(1925)から学校での軍事教練が始まったが、阪和射撃場での射撃訓練も行われていた。

 

阪和電鉄の射撃場

いつの広告か失念してしまったが、国民のための射撃大会も開催したようである。

 

 

昭和16年のものだが、射撃場は次のように紹介されている。

「射撃場は緑池々畔の風景に恵まれた丘陵地、詳しくは泉北郡八田荘村の平岡・八田寺・堀上・毛穴の四大字に跨る三万坪の地域を割し万全なる装備のもとに建設された実弾射場、クレー射場を持つ一般公開の総合射撃場である。

その開設以来、学生、在郷軍人、町内会、狩猟家、会社員等団体と個人を問わず婦人射手も交って日毎に利用客激増、真摯な射撃練習が行われている」

『南海沿線厚生施設篇』

すべてが本当かは疑わしいが、なかなかもって本格的な設備を誇っていたことがわかるだろう。

 

 

「日本初の総合射撃場」の肩書だけあって、パンフレットも豪華であった。

阪和射撃場パンフレット

存在は確認していたが、ついに見つけた現物の阪和射撃場のパンフレット。資料なさすぎで『阪和電気鉄道史』すら「ありました」しか書けなかった阪和射撃場の尻尾をつかんだと、私の興奮は想像に難くない。

 

阪和射撃場パンフレット

 

阪和射撃場パンフ

阪和射撃場パンフレット

詳細を見てみると、昭和初期にしては実にクオリティが高い。

パンフの説明によると、写真のスキート射場は左右にある発射装置からクレー(お皿のような的)が射出されるという仕組み。今ではクレー射撃なら当たり前の設備だが、ここが日本初とのこと。

 

このパンフをよく見てみると、英語表記が目立つどころか日英二ヶ国語表記である。想像だが、客層を日本人だけに絞らず、日本在住の外国人射撃愛好家もターゲットにしていたのかもしれない。

 

 

 

消えた射撃場

阪和電鉄もかなりの設備投資をしたと思われる射撃場も、親会社の数奇な運命に巻き込まれることとなる。

 

 

南海阪和合併新聞記事

昭和15年12月、阪和電鉄は永遠のライバル南海*2に吸収合併させられ、「南海山手線」となった。

と同時に、阪和射撃場から「阪和」の文字が消え、「上野芝射撃場」と名称が変わることとなった。が、営業は相変わらず続けられていたようで、

 

f:id:casemaestro89:20180504233427j:plain

昭和17年の南海の沿線案内にも「上野芝射撃場」として掲載されていた。

 

 

射撃場の運命は、戦争の激化によってさらに狂うこととなる。

 

f:id:casemaestro89:20180504234226j:plain

南海山手線は昭和19年、国に買収され現在の阪和線となる。南海に言わせれば「国家権力を使った強奪」なのだが、その話については今回は省略する。

上の資料はそれが決定する直前の南海の沿線案内で、上野芝射撃場の「山手線」のところに「省線」というスタンプが押されている。

国に買収された際、もともと阪和電鉄の財産だった射撃場も同じく買収され、国有地として戦争と戦後のどさくさに放置されたのだろう。以前ブログに書いた砂川遊園と同じく、射撃場が閉場した正式な「命日」はいまだにわかっていない。

  

 

ネット初公開!阪和射撃場の…

 

ここに、一枚の航空写真がある。

 

f:id:casemaestro89:20180504230927j:plain

何の変哲もない、古そうな航空写真である。ただ、赤い丸の部分に注目いただきたい。人工的に作られた、長方形のなにかが見えるはずである。

 

上野芝射撃場航空写真堺

実はこれ、阪和射撃場を上から撮影した航空写真である。昭和17年に大阪市が撮影した航空写真*3で、偶然射撃場が写真に入っていたものである。

こちらはパンフに続く射撃場特ダネ第二弾。そもそもこの航空写真、射撃場とは全く関係ない別件調査で見つけたものだが、撮影時期は昭和17年、上述のとおり生みの親の阪和電鉄は既に無く南海の里親のもと「上野芝射撃場」に変わっていたころのものである。

これがこの世に残る、唯一の「上から見た阪和射撃場」である。

 

阪和射撃場上野芝射撃場

阪和射撃場時代のパンフレットと照らし合わせると、施設の位置関係はこうなると思われる。

航空写真を見る限り、設備は阪和射撃場時代から変わっていないと思われる。

 

阪和射撃場の位置

Google Map上に反映させると、だいたいこんな感じになる。なお、スキートとトラップが逆になっているのは、単に私のミスである。また同じ図を作るのが面倒くさいので、そのままにしておく。

 

 これをベースに、射撃場の跡を歩いてみることにした。

 

  

射撃場跡への里帰り・・・

 

前述のとおり、射撃場跡は現在UR(旧公団)の向ヶ丘第二団地や分譲住宅が立ち並ぶ閑静な住宅地になっている。 

 

f:id:casemaestro89:20180503211736j:plain

現在のこの位置となるが、今でも決して交通至便とは言えない地にあった射撃場、実際の客は車で来ざるを得なかっただろう。

 

阪和電鉄鈴の宮ハイキング

その気になれば歩けないことはない。が、ここ界隈はそもそも阪和電鉄が「トレッキングコース」として案内していたところで、アップダウンが非常に激しい。かつて、阪和電鉄のトレッキングコースを体感してみようと、上野芝~射撃場跡~泉北高速鉄道深井駅まで歩いてみたが、これがなかなか過酷であった。  

 

 

堺市立平岡小学校

津久野駅から歩くこと十数分、射撃場跡の一部は現在、堺市立平岡小学校となっている。

 

なぜ私がたかが一射撃場跡にこれだけ血眼になっているか。誰も振り向かないニッチな遺構を掘るのには、少し話が脱線するが理由がある。 

 

実は私、この平岡小学校卒で、住んでいたのも当然この周辺。今は住んでいないどころか、当時の家自体既に取り壊され現存しない。

 

小学校5年生だったと思うが、社会科の副読本にこの射撃場が掲載されていたことを覚えている。

f:id:casemaestro89:20180505000107j:plain

(昭和16年『南海沿線厚生施設篇』より)

副読本掲載の図も、これだったはずである。

実際の授業でこれが取り上げられたかまでの記憶は残っていないが(まあやっていないだろう)、住んでいる地域に射撃場があったという物珍しさが、私のセンサーに引っかかったのかもしれない。

しかし、当時はそれ止まり。射撃場のことは私の側頭葉の片隅でしばし眠りにつくこととなる。

 

それから30年以上の月日が経ったある日、『天王寺駅の怪』執筆の資料集めで『阪和電気鉄道史』に目を通した時、射撃場の記述と下の広告を発見した。

f:id:casemaestro89:20180503224050j:plain

「あ!」

と思わず声が出た。

30年前、副読書で見たあの記憶が、昨日覚えた知識のように蘇った。あの射撃場は実在したんだ!と。

母校のすぐ近く、かつて毎日通って遊んでいた場所に、(ネットでは)誰も触れていない歴史が隠されていたのかと思うと、興奮するなという方に無理がある。規模は全く違うが、トロイ遺跡を見つけた時のハインリヒ・シュリーマンも心境は同じだっただろう。

この「再会」は何かの縁なのだろう、阪和射撃場の「発掘」はここからひそかに始まった。

ちなみに、もののついでに副読本も発掘してやろうと思ったのだが、ソースは私の脳みその記憶のみ、堺市立図書館の調査員に無茶言いなさんなとやさしく諭されて諦めた。

 

 

平岡小学校

平岡小学校

前は何度か通ったことがあるが、校内へ足を進めたのは卒業以来30数年ぶりである。卒業生です久しぶりに見学させてねー、なに怪しい?免許証出すから卒業アルバムと照合しなwと一声かけ、射撃場のことは少し横に置き中を回ってみた。

教室のドアがアルミになっていたり、トイレがやけに清潔になっていたり、30年も経つと変わっているところは変わっている。が、全体的な雰囲気は変わっていない。記憶というのは怖いもので、つい数分前まで思い出してもいなかったものが、歩いてみると30年前の風景が泉のように湧き出てくるのである。

 

しかし、数々の懐かしい話は今回の主題ではない。

 

平岡小学校ふじやま

グラウンドの端に、「ふじやま」と呼んでいたコンクリート製の小山がある。在校生時分はここに登ったりして遊んでいたことは書くまでもないが、いい大人が童心に帰り「登頂」し、射撃場があった方向を眺めてみた。

 

阪和射撃場跡と平岡小学校

「ふじやま」から射撃場跡の方向を見てみると、ゆるやかな傾斜になっていることがわかると思うが、実弾射撃場も段々畑のような上り傾斜になっており、射撃場が地形を活かした形になっていたことが、間接的にわかる。

このグラウンドが、おそらくかつての実弾射場の入り口の場所だったと思われる。

 

堺市立平岡小学校

敷地の大小の誤差はあるが、位置的にはこのような感じである。実弾射場は、過去の地図と徹底的に比較して作図したので、ほぼ間違いない)

 

 

 

ところで、阪和線の国有化と戦争の激化で放置された射撃場は、どうなったのか。

それを物語る資料はないが、航空写真でいちおうは確認できる。

 

上野芝射撃場跡1946年航空写真

終戦から一年経っていない昭和21年6月時点では、クラブハウスがあった建物はすでに撤去されているようでだが、実弾射撃場の長方形の跡はくっきりと残っている。

 

平岡堀上緑町昭和31年1956写真

戦後11年経った昭和31年(1956)でもまだ跡が残っていた。隣の堀上緑町の府営造成地(当時)が眼の前まで迫っているが、逆にこれが射撃場跡の場所の特定の決め手になった。なぜならば、数十年後ここに私が住むことになったから。つまり「庭of庭」である。

 

向ヶ丘第二団地堀上緑町八田寺町昭和36年

5年後の昭和36年(1961)、向ヶ丘第二団地の造成が始まり整地が進んでいる。現存する道筋もこの時期に明確になったと同時に、射撃場の跡はすべて整地の果てに消え去った。

 

 

f:id:casemaestro89:20180504005815j:plain

そのため、現地を歩いても遺構は全く確認できない。遺構どころか、存在すら団地造成時に削られた丘と共に消え去っている。

 

こうして、私の里帰りも兼ねた射撃場探索は終わった。

射撃場跡の「発掘」は、歴史家としての自分の原点中の原点に回帰したネタであったが、同時に歴史の面白さに気づき始めた小学校5年生の自分に対する、30年後の回答でもある。

 

==参考資料 ==
『阪和電気鉄道史』
『南海沿線厚生施設篇』
国土地理院空中写真
他阪和電鉄のパンフの数々

Special thanks
堺市立図書館
きしわだ自然資料館
泉南市埋蔵文化財センター

そして最後に…

我が母校堺市立平岡小学校

 

 

==こんな記事もあります!==

parupuntenobu.hatenablog.jp

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

*1:しかしながら、広告を見ると大鐵(今の近鉄南大阪線)や南海も同様の松茸狩りを行っていることから、秋の国民的行事だったのだろう

*2:当時は「南海鉄道」

*3:大阪市立公文書館所蔵