昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

紀和駅と駅名の由来-かつてここは和歌山駅だった

和歌山県和歌山市。かつてここには、「和歌山駅」があった…
いや今でもあるやんかという声が聞こえてきそうだが、現在のJR和歌山駅のことではない。

 

南海電鉄和歌山市駅からJR和歌山駅まで、東西に走る一本の線路が走っている。
地元住民か鉄道好きのお友達以外、使う機会はほとんどないというほど存在感が薄いが、ここは紀勢本線。
亀山から紀伊半島を縫うように和歌山に至るあの紀勢本線、常識的に考えれば終着駅は和歌山だと思うことだろう。だが、紀勢本線はまだ先へ続き、和歌山市駅が本来の起点終点なのである。

 

JR和歌山市駅と105系

現在の和歌山市駅は、和歌山との間を2両の電車がのんびり往復するローカル線の起点と化している。
が、かつては新宮や白浜などへの普通列車がここから発車していた。昭和50年代の和歌山駅で、
「和歌山市-新宮」
というサボ(行先標)を掲げた旧型客車を阪和線の電車から見たことがある。

 

 

急行大和サボ和歌山市

和歌山県立博物館ブログ様より)
昭和37年から5年間だけであったが*1、東京行きという鉄道マニアが胸躍らせそうな列車(1両だけだったが)も走っていたことは、端っこで申し訳なさそうに存在するホームを見ると、到底信じられまい。*2
和歌山市駅に停車している寝台車の貴重な写真は、

http://okazu1945.moo.jp/simoda/yamato.htm

http://okazu1945.moo.jp/simoda/yamato2.htm
に掲載されている。

 

南海急行きのくに

東京行きは記憶にないものの、南海の難波駅から急行「きのくに」が市駅から紀勢本線に乗り入れ白浜や新宮へと向かっていたことを、私はリアルタイムで知っている。
平成生まれの間ではそれすら伝説扱いらしいが、それが伝説であれば、東京行きは日本鉄道史における恐竜の化石の如しか。

 

紀和駅、その栄光と衰退

傍点をつけて強調しないといけないほど存在感が薄い紀勢本線・・・・の市駅~和歌山間、その存在感と歴史を象徴するような途中駅がある。
紀和駅である。

 

紀和駅と105系

現在は、ポツンと片面だけのホームがある無人駅だが、ここがかつて全和歌山県の駅、「和歌山駅」の大看板を背負っていたことは今や昔。

紀和駅は明治31年(1898)、私鉄の「和歌山駅」として開業し、同40年に国有化され国鉄の駅となった。敷地面積から、国もここを拠点に和歌山のターミナル駅を構築しようとした痕跡がうかがえる。
が、場所が悪かったか、国の戦略が甘かったか、後に開業する南海の和歌山市駅にすぐ玄関口の座を奪われ、後発の東和歌山駅(現在の和歌山駅)にすら抜かれてしまう場末の駅となる。

 

紀和駅東和歌山駅乗降客数

戦前の和歌山市主要駅の乗車客数(一年あたり)の統計を見ると、和歌山市・東和歌山駅がどんどん上昇に対し、和歌山駅は昭和2年をピークに下降線をたどっている。
表にはないが、貨物取扱量も大正12年(1923)と12年後の昭和10年(1935)を比較すると、半分に落ち込んでいる。数字的な戦前のピークは、大正末期と断言しても良い。
だが、戦前を通して「和歌山駅」の大看板を他駅ほかに譲ることはなかった。和歌山駅は和歌山駅のものだったのである。


前述したとおり、現在市駅~和歌山駅間をピストン輸送する電車だけが走っている。

 

昭和42年時刻表紀勢本線和歌山市

ところが昭和42年の時刻表を見ると、和歌山市駅から南紀方面に多くの列車が運行され、様々な行き先の列車が行き交う賑やかな路線であった。他にも、現在は和歌山駅発着の和歌山線の列車が市駅を拠点にしていた。

それどころか、和歌山駅始発の列車も存在していた。今の姿からは到底信じられない。くどいようだが、当時の「和歌山駅」は紀和駅のこと。「東和歌山駅」は現在の和歌山駅である。

 

紀和駅旧駅舎

(写真:Wikipedia 2003年の姿)
かつての紀和駅は、ホームだけでも2面3線の設備を持ち、大量の乗客をさばける始発駅としての設備と貫禄を十分に備えていた。
駅舎もターミナル駅にふさわしい、横広の堂々としたものであった。

 

紀和駅航空写真1947

(昭和35年航空写真より)

構内には機関区や客車区、いわゆる車庫も併設されその敷地はかなり広くとられていた。それだけでも駅の重要性がわかる。

時刻表にある昭和42年の時点で、人の流れはすでに和歌山駅に移っていたものの、「和歌山駅」という大看板はまだ所有していた。
ところがこの翌年、70年守ってきた看板を東和歌山駅に譲ることとなり、ステーションビルが作られた和歌山駅への人の流れは決定的となった。
紀和駅と改名された後の凋落は急速に進む。
ここにあった客車・機関区も、数年後には「新」和歌山駅の方へ移転。人の足もすっかり途絶えた紀和駅は、市街地にありながら「死骸駅」と化した。

 

下のブログに、昭和55年(1980)の姿が残っている。

senrohaisenzu.cocolog-nifty.com

駅は昭和60年(1985)に無人駅となったので、まだ荷物扱いや難波からの急行「きのくに」の急行券なども扱う有人駅だった頃のもの。

無駄に思えるほど広い敷地に木造の跨線橋、
「つわものどもがゆめのあと」
と詠んでしまいそうな、草が自然に生えるにまかせた機関区跡、和歌山駅・・・・だった風格を残した駅舎とホーム。
「和歌山」という大看板を外され、生気を抜かれたような姿が遺影のようで(白黒写真なので余計に)、在りし日の紀和駅の賑わいを知っている人は涙を禁じ得ないかもしれない。
小さな乗り鉄だった私も、この頃の紀和駅に立ち寄ったことがありその姿をうっすらと覚えている。記憶が正しければ、上記ブログと同じ頃だと思う。
天王寺駅や難波駅のような幅の広さと貫禄を持ちながら、乗客が誰一人おらず、華やかさも全くなかった。駅が抱えた歴史など知らないガキには、ただ寂寞として薄気味悪かったことだけが記憶に残っている。

 

国鉄が消滅しJRとなった後も、しばらくはその枯れた姿を留めていた。

 

紀和駅

が、そのまま朽ちて消えるかと思われた2008年、高架化と同時に駅舎は現在のようにミニマムなサイズになった。雑草が生え放題だったかつての敷地も公園となり、地元住民のウォーキングコースとして第二の駅生を歩んでいる。
利用者数という現実を照らし合わせると、現在の紀和駅は贅肉を削ぎダイエットに成功した姿といえる。それは筋肉質ですらある。

が、紀和駅がほんのわずかに放っていたいぶし銀を知っている人間から見ると、駅員もいない、線路一本ホーム一本だけの「スリムさ」は骨と皮だけの姿にしか見えないかもしれない。


以上、一連の紀和駅史をTwitterで軽くツイートしたところ、
「だから駅の周辺が広いんだ!」
というツイートがチラホラと。高架化される前の紀和駅を知らない若い地元の人のコメントだろう。
そうか、もうそれすら知らない世代もいるのか…と隔世の感を禁じ得ない。

 

紀和駅の由来

 

紀和駅には、ある謎が存在する。駅名の由来が不明なのである。
Wikipedia先生の紀和駅の項目には、以下のような記述がある。

 

紀和駅由来

 

前述のとおり、紀和駅の名称は昭和43年に駅名を譲った後のものだが、なぜ駅名が「紀和」なのかは定かではないと。
最初に知った時は、ああそうですかと特に興味もなく流していたのだが、そんな中、別件で昭和14年(1939)の和歌山市街地図を目で舐め回していたところ、おや?と引っかかる場所が。

 

紀和町紀和駅由来

「紀和町」という文字がくっきり判別できる。
あれ?「紀和という地名」は「存在せず」じゃなかったのか?
まあ、Wikipedia先生とて万能ではないし、記述の元ソースにそう書かれているということに過ぎない。
しかしながら、なんやWikipediaの書いてることってウソやん!という感情的な早とちりも禁物。地図という一次資料の「紀和町」こそが何かの間違いかもしれない…という可能性だってある。*3
地図上の「紀和町」が本当か実証する必要がある。これを「史料批判」といい、歴史の研究には絶対不可欠な作業。
ブログなどネットでは、二次史料どころか「それホンマか?」という出処不明の書物まで史料批判なしで垂れ流していることが多いが、おそらく史料批判そのものを知らないのだろう。
史料批判をしない史料は調理していない食材。具材をドン!とテーブルの上に置かれそれを食えと言われても困ることが、ネットでは多見される。


他の地図での紀和駅周辺の地名ではどうなっているのか。実際に和歌山市の図書館で過去の地図帳・住宅地図を物色した。 

昭和33年和歌山駅紀和駅紀和町

昭和33年の和歌山市住宅地図では、「紀和町」とはっきり書かれている。他の地図でも記載があり、「紀和町」が過去に存在していたことはこれでほぼ確定だろう。


しかし、別の角度で確証を求めるべく、実際に紀和駅へ向かい現地で証拠を収集してみた。

 

紀和駅前通り

駅から南へまっすぐ通る道。かつては道沿いに「紀和劇場」などの映画館や食堂、旅館などが立ち並び、繁華街特有の喧騒を抜け胸を躍らせながら和歌山の繁華街である「ぶらくり丁」まで歩く…それが昭和の和歌山っ子の定番お愉しみコースであったという。
紀和駅が「和歌山駅」だった頃は、学生やサラリーマンが大勢この道を南下し、駅前商店街も活気に満ちていた。
今の姿を見ると、失礼ながらここが賑わっていたとは到底思えないが、それだけに古い看板などが残り、「紀和町」の一片かけらが残っているかも…そんなほのかな期待を胸に秘め、歩いてみた。

 

紀和町

紀和町紀和劇場紀和駅

「紀和町」は行政の記号としては消えても、自治会名として残っていた。古くからの「紀和町」への愛着があるのだろう。
散歩していた町の古老に聞いてみても、ここはかつて「紀和町」だったと、明確に答えてくれた。
これで「紀和町」がかつて存在し、Wikipediaの
「駅の所在地および周辺に『紀和』という地名も存在せず」
の記述が誤りなのは確かだろう。
Wikipediaとは言え、こうして「俗説」をひっくり返し正しい事実を発見していく作業は、歴史家としてやりがいを感じる一瞬である。
かと言って大金が手に入るわけでも、テレビに取り上げられるわけでもない。ただの自己満足である。しかしそれでいいのだ。そう自分に言い聞かせている。


紀和駅は、創設の役目を終えた。ここがかつて和歌山の中心駅、いや、和歌山駅そのものだったと説明しても、今の姿を見て想像できる者は少ない。
ただ、駅の周りの長細い公園が、かつての隆盛への想像力を少しはかきたてられるのではなかろうか。
後輩の活躍をひっそりと見守りながら余生を送る黄昏の駅として、かつてここに紀和町があったことの間接的な証人として、今日も高架上に電車は走る。

 

==こんな記事もあります!==

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

 

*1:いわゆる「ヨン・サン・トオ」で廃止

*2:http://senrohaisenzu.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/1980313-353d.htmlによると、市駅はかつて二面二線だったらしい

*3:地図だけでなく、戦前の出版物は誤植がけっこう多い