昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

京大はなぜ変人を生むのか。その理由を考察する

 

 

京大のおもしろ看板



前編をお楽しみいただき、ありがとうございます。

parupuntenobu.hatenablog.jp

これでお腹いっぱいかもしれませんが、ここからはデザート代わりに、どうして京大には「変」の文化が浸透し、許容されているのかを、マジメに(?)考察していきます。

 

 

 

 

京大はどうして「変」なのか

京大はネームバリューこそあれど、その割には関西出身の学生が多く、アンサイクロペディアには「関西地方最強最大のローカル大学」と皮肉られています。

 

2013-2015京都大学合格者出身校

(出典:https://www.minkou.jp/university/school/graduate/20484/

しかし、出身校別京大合格者ランキング(2013~2015年)を見ると、ほとんどが関西の高校なのでまんざらでもない。ただ、最近めっきり落ち目だった私の学区のトップ校(遺憾ながら母校ではございません)が14位に入ってるやんと嬉しい、ただの個人的な感想です。

 

それだけ関西ローカル色が濃いと、やはり京大の文化も好き嫌いにかかわらず関西色にならざるを得ない。そんな関西文化から見える京大の「変」さとは。

 

①いちびり精神


「いちびる」という関西弁があります。おそらく関西以外では全く通用しない関西弁の一つですが、意味は以下の通り。

①ふざけた行動をする


②周囲のものごとに面白味を(無理やりにでも)見出しそれに対してはしゃぎ楽しむ

 

「ぶぶ漬けでもどうどす?」でお馴染みの、京都のオブラート・・・ではなく生八ツ橋にくるんだエグい皮肉に、大阪人のボケとツッコミ、関西は「いちびり文化」の聖地であります。

 

いちびり精神

これぞ大阪のいちびり精神

 

「いちびり精神」には2つの効用があります。
一つは、「角が立ったものを丸くする」こと。もう一つは「権力・権威を嗤(わら)いとばす」こと。

京大の名物に「立て看板」がありますが、これこそ「いちびり精神」の結晶だと思えるような看板が入試当日にあらわれます。

 

 

京大入試当日立て看板

京大入試当日の煽り看板

 

f:id:casemaestro89:20180326181814j:plain

f:id:casemaestro89:20180326185813j:plain

f:id:casemaestro89:20180326205022j:plain

f:id:casemaestro89:20180326191327j:plain

完全に受験生をいちびって(煽って)いますが、ストレートに角を立てるのではなく、アニメなどの媒体をパロって角をなくしているところが関西風味です。
こんな看板で青筋立ててる奴は東大に逝ってよしという、京大生の高笑いさえ聞こえてきます。

 

栄光の折田先生像

京大の「いちびり精神」の中で最も有名なのが、「折田先生像」です。

f:id:casemaestro89:20180326211008j:plain

折田彦市(1849-1920)は、旧制第三高等学校の校長を30年勤め、当局の圧力に負けず「自由」の学風を築いた人としてその名を残してます。

その栄誉を讃え、昭和15年(1941)に「折田先生像」が校内に作られました。しかし、戦争の金属供出で撤去され、戦後に再び作られ京都大学となった後も健在でした。

しかし、いつからかオブジェが格好の「創作」の材料となり、様々な「作品」が出来上がりました。

 

f:id:casemaestro89:20180326211507j:plain

顔を赤く塗られたり、

 

f:id:casemaestro89:20180326211550j:plain

司馬遼太郎になったり、

 

f:id:casemaestro89:20180326211703j:plain

果てはウルトラマンゼアスになったり。

あまりにひどいので大学側は像を撤去したのですが*1、それは「折田先生像」伝説の始まりに過ぎませんでした。むしろ、大学側はそれを見越して撤去したのではないかとさえ思ってしまいます。

 

その翌年の入試当日、「折田先生像」のあった場所にあるオブジェが出現しました。

f:id:casemaestro89:20180326211955j:plain

f:id:casemaestro89:20180326212216j:plain

折田先生がマッチョなラオウとなって「復活」しました。

その後も、

 

f:id:casemaestro89:20180326212400j:plain

f:id:casemaestro89:20180326212415j:plain

Mr.コンタックや、

 

f:id:casemaestro89:20180326212600j:plain

f:id:casemaestro89:20180326212612j:plain

キョロちゃんなど。

毎年様々な格好であらわれ、受験生及び部外者を涙と爆笑の渦に巻き込んでいる「折田先生像」は、すっかり京大入試の風物詩になっています。

今年はどんな「折田先生像」があらわれるのかみんなワクワク。当日朝の4時頃にはTwitterで、「#折田先生像」のハッシュタグがついた画像が流出するそうです。

このオブジェ、誰が制作しているのか謎という京大ミステリーなのですが、大学は怒らないのでしょうか。

答えは否。

大学が公式に、

「吉田南構内の風物詩の一つとして一定の期間状況を見守っています」

と声明を出してOK。その上で、「誰のものであれ創作物を壊すという行為は、最も悪質で下劣で野蛮な行為です」と援護射撃までしています。さすがは京大クオリティー。

さらに、折田先生の子孫も、一族郎党みんな知っているという前提で、
「ここまで続けば文化。大学が微妙な形で許容しているのが、自由な気風の伝統でいい」
いいんじゃないですかと全くの許容。さすがは子孫。

 

今年2018年バージョンは、

f:id:casemaestro89:20180326213320j:plain

f:id:casemaestro89:20180326213335j:plain

何のこっちゃ!?と思ったら、任天堂のゲーム「どうぶつの森」の「リセットさん」というキャラのようです。

 

毎年羽目を外したお祭りぶりに、今年はついに「当局」からの「警告」が。

f:id:casemaestro89:20180328164906j:plain

 

今までどんな「折田先生像」があったのかのアーカイブについては、まとめサイトもありますが、本物も含めてここをご覧ください。

sites.google.com


②ユーモア


ユーモアは心の余裕から始まります。

「世界が滅んでも生き残るため、京大生よ変人たれ。酒井教授が語る、カオスに立ち向かうための『京大の役割』」というコラムで(リンクは巻末)、総合人間科学部の酒井教授は「高校の試験は100点を取るためだが、大学の試験は60点でいい」と述べています。残り40点は、「アホなことをやれ」と。
酒井教授本人も京大に入って初っ端に、
「(教養部の最初の2年は)勉強なんてせんでいい、アホなことをしろ」
と言われ面食らったそうで、この「アホやっとけ」が京大のいう自由であり文化であり憲法なのだと。


私なりに解釈すると、40点分の「アホ」は「心の空きメモリ」を作れということですが、「心の空きメモリ」は「心の余裕」を指します。
4割も余裕があれば、ユーモアの一つや2つ、簡単に生まれます。


旧帝国海軍は、「ユーモア」を「社員心得」に入れた日本史上唯一の組織ですが、そのこころは「心の余裕あります」。
「貴様ら、アングル・バーではダメだぞ、フレキシブル・ワイヤーでなくてはいかん」
海軍士官は、まずこれを叩き込まれたそうですが、フレキシブル・ワイヤーのように物事に柔軟に対処できる「頭の空きメモリ」を作っておけということなのです。
もっとも、海軍史を俯瞰すると、硬すぎて曲げることができないアンクル・バーな海軍軍人が増えていった時から、海軍の滅亡は始まっていました。

 

京大ユーモアの個人的傑作が、入試当日にあらわれたこのオブジェ。

f:id:casemaestro89:20180326181950j:plain

f:id:casemaestro89:20180326213140j:plain

 このひねりの意味がわかれば、あなたは相当頭が柔らかい。偏差値70級のユーモアです。

 

この「アホなことをやれ」、京大卒でもないのですが、すごくわかります。
私は遊び呆けすぎて大学受験に失敗、落武者と言われても文句が言えない有様で中国へ渡りましたが、授業に出たのは最初のうちだけ、基礎の中国語を身に着けたらこっちのもの、あとは「書を捨てよ、街へ出よ」。
町中の見知らぬ中国人と一日中麻雀をやっていたり、上海の町中でテントを張って野宿したら警察に捕まったり、上海からウルムチ(新疆ウイグル自治区)まで、当時所要3日だった急行列車の座席車で72時間、往復144時間座り続けるガマン大会をしたり、
「本当にバナナで釘が打てるのか?」と真冬の旧満洲で釘を打ちに行ったり・・・それこそ「アホなことばっかり」やっていました。アホなこと以外をやった記憶があまりない。

しかし、こんなものは若いうちにしか出来ないことです。今の年齢でやる勇気・・・それ以前に体力と気力がありません。
若いうちの「アホなことをやれ」は、必ず経験値として還ってきます。

 

③自由”放牧”主義

「総長カレー」という、変な京大名物を生み出した尾池和夫元総長が、こんな言葉を残しています。

「京都大学は放任主義と言われますが、放任ではございません。放牧です」

 

自由”放任”だと、エネルギーが有り余っている学生がどこへ行くのかわからない。
それ以前に、学生が本当に路頭に迷ってしまう。
実は大学も、知らんふりしつつも学生を導く「餌」は撒いているようです。無軌道な学生がヘンな方向へ行かないように、柵も作っている。
ただし、京大はその柵が破れていることが多いそうですが。


「餌」に気づくか気づかないかは学生次第、気づいても食うか食わないかは学生次第。ただし、餓死しない程度に食えよとアイコンタクトは取っている。
言葉や行動では決して促さない。
学生たちは自由に草を食いながらも、ほったらかしにされていると危機感を持ちます。人間にとっていちばんの苦痛は、「無視されている(≒ほったらかしにされている)」ことだそうですから。
そうなると、自分は一体何やってんだと内省し、やりたい道を必死に見つけ出す。それが見つけることができれば、先生が何も言わなくても学生は勝手に進んでいく。道に迷った時だけ、教授の部屋の扉をノックすればいい。
だから放任ではなく、大学という牧場で「放牧中」なのだと。

 

自由放牧主義と関西イズム

この自由放牧主義には、ちょっとした歴史があります。

江戸時代、江戸に比べて京都と大坂は武士の割合が少なく、大坂は江戸時代を通して人口の1~2%前後でした。
町の運営は町人たちに任され、武士は口を出さないのが不文律、大坂は町の運営が「アウトソーシング」されているというわけですわな。
それだけに一般ピーポーならぬ一般武士に発言権はなく、俺様は武士だと少しでも上から目線でものを言おうものなら、口さがない大坂の町人に「いちびられ」、ネタにされていました。


それどころか、武士がどんどん町人と同化していきました。
1万円札の福沢諭吉は武士ですが、大坂生まれもあってノリは町人、いや今の大阪人とあまり変わらない。しゃべる言葉もコテコテ大坂弁でした。慶應義塾の卒業生によると、東京に移った後も死ぬまで関西訛りが抜けなかったそうです。ちなみに、「大阪弁」と言っても現在テレビでお笑い芸人が使うようなあれではなく、「船場言葉」という元祖大阪弁です。

 

これは京都も同じ。お公家さんのメッカということもありますが、やはり町人が町の自治を仕切っていました。

学校の日本史では、京都の自治をあらわす「町衆」という言葉が出てきますが、それが江戸時代に発展解消され、「町組」が出来ました。

この区分は明治時代初期にマイナーチェンジし、今の小学校の学区のエリアとして現在でも残っているそうですが、町の細かい運営はアウトソーシングされていたわけですね。

 

この2つの自治都市は、ある共通点を生み出しました。それが「自由」
江戸時代の京都と大坂は、「学問自由都市」の顔も持っており、寺子屋のような実用一点張りではない、今で言えば大学もどきのような学校が多数作られました。
1万円札によると、江戸末期は「蘭学は大坂だよね」がトレンド。江戸の蘭学は、京・大坂に比べると数段レベルが低かったと述べています。
「蘭学」というと、解説書には難しいことを書いていますが、要は理系全般+知識吸収用外国語(オランダ語)のこと。適塾は、今なら、東京理科大や北里大学、大阪府立大学のような理系総合大学に近い。
ただし、当然「学部・学科」どころか教授も存在しないので、各々興味のベクトルに応じて勝手に勉強せい、が当時の塾スタイル。
特に適塾はそれが徹底しており、入った途端に草原の真ん中に放り出されるMight and Magic。
先生の緒方洪庵は、それを黙って見守るのみ。学生には一切口を出さない。唯一の先生である洪庵が学生を教えることは、ほとんどありませんでした。
諭吉は、適塾時代をこう述べています。

 

「塾生は立身出世を求めたり勉強しながら始終わが身の行く末を案じるのではなく、純粋に学問修行に努め、物事のすべてに通じる理解力と判断力をもつことを養った」
(『福翁自伝』より)

 

これって、明治時代の京都帝国大学の建学コンセプトに非常によく似ています。

江戸時代の上方は、行政から学問まで「自由放牧」。その血は近代になっても引き続き残っていたと思います。しかし、気づいたら管理社会となり周囲には消え、京大にだけ残っていた。それが「なんだか変な大学だな」と見られているのだろうと。

 

京大のような完全フリーダムな世界だと、各々やることが違ってきます。学生の数だけベクトルが違うし、自然にまかせていれば勝手にそうなる。
すると、多種多様な価値観が生まれてきます。価値観は自分だけの宇宙。学生の数だけ「宇宙(コスモ)」があります。夢に向かって勉強する「宇宙」もあり、世界中を放浪する「宇宙」もある。
京大は、それぞれの「宇宙」を認め、許容する器を身につける自由牧場でもあるのだろう、私はそう思います。

 

 

世間を斜めに構えて嗤う「いちびり精神」「アホ」を奨励する空気、さらに「アホになるかならないかはあんた次第」という自由
京大の「変」の校風は、これら3つが時間をかけ融合した結果ではないでしょうか。


「社会」を「みんなと同じことに安心すること」と定義すれば、明らかに「社会不適合者」である私には、「変人道」を邁進している京大はまさに理想の大学。京大がこんな楽しそうな大学だと知っていればちゃんと勉強してたのにと、後悔の念が絶えません。
しかしながら、京大ならではの変人は最近はめっきり少なくなったらしく、ついに「変人講座」を開き「立派な変人」を育成し出したほど。
しかし、現役京大生いわく、だいたい1割程度なので毎日は見ないものの、変人は今も確実に存在しているそうです。
偏差値だ難易度が、就職率が東大がという蝸牛角上の争いではなく、もっと上のステージ、そう、変人が変人として過ごせる文化的な器を、京大は持っているのでしょう。
そんな大学に入っていれば、また人生観が変わっていたかもしれない。

もっとも、お前にそんな地頭があるのかと問われると、あまり良い返答はできません。

 

もしかして自分は変人ではないか!?なんだか社会人やってても息苦しいしな・・・。

そうひそかに思っている人におすすめ。

私はこれを見てインスパイアされました。私は京大と何の縁もないですが、酒井教授に君はこのまま突き進めと、背中を押されているようなエールを受け取った気がします。 

kyodai.360-degrees.jp

 

*1:現在、時計台の中にある博物館で余生を過ごしています。