昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

「オレ」の奇妙な冒険

 

日本語の歴史

日本語はムズカシイと日本語学習中の外国人を悩ませる理由の一つに、
「人称表現がめちゃくちゃ多い」
というものがあります。

一人称(自称)だけでも、私、僕、小生、我輩、余、我・吾(わ)、はては磨呂に朕など数知れず。
「私」は「わたし」「わたくし」、マイナーチェンジ版「あたし」「あたい」「わて」など派生語があり、私は前職の影響で、ビジネス文書では下名を使っています。

 

外国人の頭痛のタネは、単語が多いだけではなく、その正しい用法。
日常で「朕」を使ったら
「お前はいつから天皇になったんだww」
と笑いものになるし、女子なのに「僕」を使ったら、
「今流行りのボクっ娘か?」
とオタク扱い。この用法を適切に使うことも、総合的な日本語力の一つと言えますが、外国人にはそれが非常に難しい。

ところが、海外に目を向けると、英語だと" I "、仏語は" je "、中国語だと" 我 "一択。至ってシンプルです。

 

日本語オレ

日本語の歴史をさかのぼると、現在使われている人称表現が常に使われてきたわけではありません。
例えば「私」は四民平等になった明治以降に頻繁にあらわれ、興味深いところでは、長州藩の松下村塾が発祥の地である「僕」があります*1

その中に、

「俺(オレ)」

があります。一人称の中でも、公の場での使用がはばかられる卑俗な言葉、そして男性用語として定着しています。
しかしよく考えれば、東北弁の代名詞「オラ」は「オレ」の変化型だし、東北の年配者では女性でも「オレ」を使っている人がいます。
Twitter情報ですが、東北の地方によっては、JKもふつうに「オレ」を使っているのだとか。

それは東北弁だけの世界でしょ、と切り捨てるのももったいない。女子も「オレ」を使っている以上、もしかして昔は男女ともに使っていたのではないか。
そんな仮説を立てて、日本語の歴史をタイムスリップしてみることにしました。

 

なおこの記事は、『人称詞オレの歴史的変化』(米田達郎 大阪工業大学論文)を骨格にし、わかりやすいように肉付けしました。

 

 

 

1.奈良時代


さて、「オレ」はいつから使われているのでしょうか?
その歴史は、『古事記』『日本書紀』に記載例があるほど古かったりします。
文字として残っているのが上記なので、日本語としてはおそらく老舗中の老舗なのです。

上代での用例は以下の通り。

 

■大きに怒りて誥び嘖ひて曰はく、「虜、が造れる屋に、自ら居よ」といふ。
(声を荒げて叱責して、「敵のやつめ、が造った建物には、まずうぬ自ら入ってみろ」と言った)
(『日本書紀』①207 頁)

 

 

■汝が庶兄弟をば坂の御尾に追ひ伏せ、亦、河の瀬に追ひ撥ひて、おれ大国主神と為り…
(お前の腹違いの兄弟を坂の御尾に追い詰め、また川の瀬に追い払いて、お前は大国主神となって)
(『古事記』85 頁)

 

大昔の「オレ」、使い方が現代とは真逆です。今の「オレ」は一人称なのに対し、奈良時代の「オレ」は対称、つまり二人称。現代日本語で言えば「お前」という感じでしょう。
さらにこの「オレ」、相手を詰問したり罵ったりするときの、見下した感じを醸し出します。「てめー」「この野郎」に近いかも。
もう一つの特徴は、呼びかけにも使われていること。明らかな目上が目下に「おいお前!」と呼びかける使い方もしています。


2.平安・鎌倉時代

奈良時代では、「オレ」は相手に対する他称として使われてきました。
結論から言ってしまうと、平安時代も奈良時代と使い方は変わっていません。

が、平安末期の源平が台頭する頃になると、「オレ」に現代と同じ自称で使われる場面が出てきます。だた、他称ほど出てこないようなので、用法としてはまだまだ赤ちゃんだと思われます。

 

■ただほれてゐたるに、御前のおはしまして、「いざ、いざ。黒戸の道をおれが知らぬに、教えよ」とおほせられて、引き立たせたまふ
(ただぼうっとしていたところに、鳥羽天皇がお見えになって、
「さあさあ、黒戸への道を私は知らないので、教えておくれ」
と仰って、私たちをお引き立たせなさるので)
(日本古典全書『讃岐典侍日記』「萩の戸の花」458 頁)

 

この例では、6歳の鳥羽天皇が発していますが、他にも農民が領主に向かって使っていることから、今のようにぶっきらぼうな表現ではなかったのではないか。アカデミックな考察ではそうなっています。

 

3.室町~江戸時代前期

室町時代になると、「オレ」に大きな変化が訪れます。
この時代に二人称としての「オレ」は消え、自称一本となります。

ここで注目すべきは、「オレ」は男女ともに用いられてきたこと。
上に書いたとおり、東北地方では年配者、場所によっては10代の若い女の子の間でも使われるそうですが、やはり昔は男女関係なく使われてきたという、私の仮説が当たったことになります。論文の筆者の仮説ですが、「オレ」は平安時代から男女ともに使われてきたのではないかとしています。

さらにこの時代あたりから、「オレ」はぶっきらぼうな表現のにおいを発してきます。

 

戦国・安土桃山時代はすっ飛ばして、江戸時代初期。
元禄の文化が花開くと「オレ」は高度成長期を迎え、近松門左衛門の『曽根崎心中』井原西鶴『好色一代男』など、有名な作品にも出てきます。

この時期の「オレ」については、身分の貴賤なく男女ともに使われています。
ただし、日常会話で気ままに連発する男性に対し、女性は親密な仲の内輪での用法のみとなっており、使用範囲が男性に比べ狭くなっています。

 

■ひとつ\/覚え侍る太夫殿の声として、「おれはくるみあへの餅をあく程」とあれば
(『好色一代男』 ①-181 頁)

上は女性の「オレ」の例ですが、遊郭の太夫(高級遊女)どうしの会話であり、また武家の姫君と乳母との会話でも「オレ」が使われています。

 

4.江戸後期

ここでいう「江戸後期」は、19世紀はじめ~明治10年前後とお考えください。

この時代は文献が非常に豊富なため、「オレ」もそれに漏れず様々な本に出てきます。
江戸落語の演目にも「オレ」が出現します。

大きな変化もあります。
江戸時代前期では男女、身分の上下を問わず使用されてきた「オレ」ですが、この頃には「町人(庶民)」「男」に限定されます。
そして目上→目下の関係から、お互いを「オレ」と言い合う「対等な関係」どうしの表現が加わるなど、現代と用法がほぼ変わらなくなります。
対して女性の使用は非常に少なくなり、上方では廃れたものの、江戸ではそこそこ使われていたようです。

 

■(ながしの男)サアお撥さん背中を出しなせへ
(女)コレ、此人はや。おれが先へ来たものを
(『浮世風呂』二編巻之上86 頁)

 

『浮世風呂』は、19世紀初めの江戸の銭湯での会話をそのまま文字に起こした読みもの。当時の話し言葉や口調が文字として残る第一級資料として非常に面白いので、機会があれば読んでみて下さい。江戸っ子だけではなく上方女の会話、つまり200年前の関西弁もあります。
で、『浮世風呂』の中に女性の「オレ」がいくつか収録されているということは、まだ使う人はいたということです。
ただし、江戸前期でもそうであったように、あくまで身内や気心がしれた仲だけの言葉。「ながしの男」は風呂屋勤務歴45年という解説がついているので、客の女性とも長い馴染みだったのでしょう。

当時の庶民目線の洒落本の一人称がどうなってるのかを、ある研究者が調べたところ、

 

オレ:22(聞き手が目下)
オレ:19(聞き手が話し手と同輩・対等な関係)
オイラ:8
ワシ:6
ワタシ:1(女性)


まだ一例だけなものの、現在の女性の一人称「ワタシ」がこの頃から出現します。

 

ちなみに、「ワシ」は数百年前上方で出現した表現で、おそらく「ワタシ」の派生語。
じいちゃん婆ちゃんの表現に思われますが、関西の端っこ(大阪南部や和歌山、淡路島など)では今でも使います。
かく言う私も、方言リミッター解除モードになると「ワシ」になるし、「ワシ」と言ってた女の子もそこそこの数いました。

ただ、「ワ」と「シ」の間に「っ」が入って「ワッシ」に聞こえた気もするので、「タ」が促音化しただけ(本人は「ワタシ」と言ってるつもり)だった可能性もあります*2
今なら当該の女の子をナンパ…ではなく根掘り葉掘り聞くのですが、如何せん小中学生の頃だったのでねー。

 

5.明治時代以降

明治時代に突入しても、男性の使う「オレ」にほぼ変化はありません。しかし女性は「ワタ(ク)シ」となり、「オレ」は消えます。

 

■慈母さんア口惜しくって\/ならないよ
(『浮雲』第二編第十二回 お勢→お政 390 頁)

 


■此処はしが遊び処、お前がたに指でもさゝしはせぬ、ゑゝ憎くらしい長吉め
(『たけくらべ』美登里→長五郎 142 頁)

 

 

江戸時代には郭(遊郭)で頻繁に使われていた「オレ」も、「私」に入れ替わっています。「オレ」がゼロになったわけではなく、使用例がなきにしもあらずですが、もはや例外の部類。女性表現の「オレ」はここで終了です。
ただし、上にも書いたように、現代でも東北では女性の使用者もおり、愛知県東部から静岡県西部での使用例もあるそうな。

 

二人称としての「オレ」も、まったく消えたわけではないよう。
「何言うとんじゃオラ!」
オラ!どけよ!」
というように、「オラ」という罵声がありますが、これは古代日本語の用法の生き残りだと言われています。
試しに、オラを「お前」など二人称や、「おい」のような目下に対する呼びかけ表現に変換してください。しっくりくるでしょ?

そして『ジョジョの奇妙な冒険』の名シーン、

 

ジョジョオラオラオラオラ

これも掛け声ではなく、二人称&罵倒語の奈良時代的用法の残滓…という仮説を考えることもできます。
試しに「オラ」ひとつを、

「この野郎!」

に脳内変換してみて下さい。さほど違和感ないでしょ?
これは論文に書かれていない私の仮説ですが、仮に元論文の筆者も気づいても、論文にジョジョを出すわけにはいかないでしょうしね。そこは「自由文」の私の方が気楽です。


★人称の変化は他にもある

「オレ」は二人称から一人称への変化を遂げましたが、これは別に特殊な例ではありません。
たとえば「自分」。一人称の他に、関西では「お前」と同じ二人称でも使っています*3
他にも、河内の農民言葉からヤクザ用語に華麗な転身(?)を遂げた「ワレ」も同様。もともと「我(ワレ)」という一人称のはずですし。
詳細はわかりませんが、もともと一人称だったのが、時代の流れで二人称としての意味合いも持つようになったのだろうと思います。
また、江戸っ子の代名詞といえる「オイラ」は、「オレラ」という二人称複数形、つまり「わたしたち」が時代と共に一人称になった例です。

 

こうして「オレ」をめぐる奇妙な日本史を並べてみましたが、日本語という名の森を少し冒険するだけで、普段何気なく使っている言葉にこんな経緯があったのかと。
これも実はれっきとした歴史。仮説でもいいのです、ちょっとした気づきやひらめきをとことん追求してみると、面白い発見が見つかるものです。
今回は、それに書き手の方が改めて気付かされた記事でした。

 

==こんな記事もどうぞ==

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

*1:ただし、広まったのは明治以降の学生言葉として

*2:東北弁の「わす」「わだす」も発音の違いだけで、語彙的には「ワタシ」

*3:ネットでは名古屋人も使うという証言を散見します