昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

大阪珍登山紀行-蘇鉄山と天保山

大阪は平野が南北に伸びる、比較的平らな土地ですが、一方で兵庫県以外の県境がすべて山でもあります。
大阪で有名な山の一つに、金剛山があります。大阪の小学校では耐寒登山で真冬の金剛山に登るのが儀式になっているのですが、最近はミリオタや二次元好きの間で、戦艦『金剛』の命名山になったところとして有名になったそうな。
標高1000mちょっととは言え、金剛山も立派な山ですが(地元の人はサンダルで登るらしいけど)、大阪にある山はこれだけではありません。他都道府県にあれば、たぶんネタにもならない、大阪にあるから輝ける名山ならぬ「珍山」もあったりします。
大阪人なら、タイトルで「ああ・・・」とすべてを察するでしょう。

 

 

1.蘇鉄山

 

 

大阪府堺市大浜公園入口

大阪の堺市に、「大浜公園」という比較的大きい公園があります。
元々ここは江戸時代のお台場から始まり、明治以降は水族館や海水浴場、スーパー銭湯のご先祖様と言える「潮湯」という温泉娯楽施設がありました。
娯楽が少なかった戦前においては、浦安のネズミーランドに匹敵した自称「東洋一」の総合レジャーランド、かつリゾート地。夏になると関西中から観光客が殺到していました。
しかし残念ながら、松尾芭蕉の「つわものどもが夢のあと」が身にしみるほど、現在はその片鱗すら見当たりません。
大浜公園については、別記事で詳しく書こうと思います。なので、今回は軽くスルー。

 

こんなところにも、実は山があります。

蘇鉄(ソテツ)が植えられていることから、長年「蘇鉄山」と呼ばれている山です。

 

蘇鉄山入口

ここが山の入口です。

 

日本一低い一等三角点がある山蘇鉄山の山道

険しい山道を登り、

 

 

f:id:casemaestro89:20171213182711j:plain

よっしゃ、頂上まで登ったで~!

さて、麓から頂上までに要した時間はというと!

 

 

 

大阪蘇鉄山を登る所要時間

「分」ではありません、「秒」です。
それもそのはず、蘇鉄山の標高は6.97m。センチに直すと697cm

え!?それは山なんか!?うちのマンションの方が『高い』やんか!PVが集まらんからってついにタイトル詐欺か!?
まあまあ、落ち着いて話を聞きましょう。

 

一等三角点がある日本一低い山蘇鉄山の三角点

頂上(とおぼしき所)には、このような印があります。これを三角点といいます。
三角点とは、測量の時の基準となるポイントのことで、一等~四等に分かれています。
蘇鉄山の三角点は「一等三角点」ですが、これは測量の際にもっとも重要な土台となるもので、意図的に破壊すると2年以下の懲役または100万円以下の罰金だったりします。

測量の素人が三角点について説明しろと言われても無茶なので、詳しくはこちらのサイトでもどうぞ。

世の中広いもので、登山家は登山家でも「頂上に一等三角点を持つ山だけを登るマニア」もいるのだとか。そんな彼らにとっては、日本一高い富士山にあるものは「二等三角点」なので除外なのに、「日本一低い」蘇鉄山が要踏破リストに入っているということになります。ちなみに、蘇鉄山とは逆に一等三角点がある日本一高い山は、南アルプスの赤石岳(3120m)だそうです。

頂上に一等三角点があり、国土地理院の地形図に「山」として載っている以上、誰が何と言おうとれっきとした「山」なのです。

蘇鉄山の登山口には、こんなものが書かれています。

 

日本一低い一等三角点がある山蘇鉄山入口

「日本一低い一等三角点(の山)」

と書かれた看板があります。「日本一低い」とは書いておらず、あくまで一等三角点と謙虚です。


しかし、「条件付き日本一低い山」を征服した頂上から見える風景は、これがまた絶景。

 

 

日本一低い一等三角点がある山蘇鉄山の頂上からの風景

とは言い難い。マンションの約7mは高く思えるけれども、山の7mはやはり低い。
しかし、ここがリゾート地だった当時は、西を向けば淡路島と神戸市街、北を向けば大阪城が丸見えだったんだそうです。今では全く信じられへんのやけど。

 

蘇鉄山の登山証明書

せっかくの珍山、蘇鉄山を登頂した後は、登山証明書をもらいに行くといいでしょう。

 

f:id:casemaestro89:20171213185125j:plain
証明書があるところは、最寄り駅である南海電鉄堺駅の隣にある神明神社
堺駅の西口にあるひっそりとした神社ですが、伊勢神宮の分社で主祭神はもちろん天照大御神。「堺のお伊勢さん」という通称があります。

 

龍神栄橋遊廓跡神明神社玉垣

また、以前は南海電車を隔てた向こう側には、大阪市以南では最大規模だった龍神・栄橋遊郭という色街がありました。
遊郭の経営者たちが奉納した玉垣が、今も神社の片隅に残っています。


この神社と蘇鉄山は何の関係があるのか。
蘇鉄山の説明文によると、ここの宮司さんが「蘇鉄山山岳会」の代表を兼ねており、社務所で登山証明書を発行してくれるとのこと。

ひとまず五体満足で登山に成功した感謝を神様に報告した後、証明書をもらうべく社務所に向かったのですが、あいにく誰もおらず。これじゃ証明書もらわれへんやん!近くやったらええけど、遠くから来た人はどないすんねん!

でもご安心。登山証明書発行は現在、セルフサービスとなっております。

社務所の前には名簿と名前と日付が空欄の登山証明書があり、名簿に名前と住所を記入の上、証明書にセルフサービスで名前・日付をご記入くださいということです。

名簿を見てみると、近所か大阪府内の人が多いですが、遠くは愛知県・千葉県から来た人もいるようです。

そして、無人の場合は賽銭箱に50円以上のお心尽を入れて終了。

 

蘇鉄山の登山証明書

かくして、私も無事登山証明書をGETしました。私の場合、ロマンティック精神というよりブロガーのネタ精神かもしれない。

 

 

2.天保山

さて、大阪の隠れた登山第二弾の舞台は、大阪市に移ります。

堺の蘇鉄山から天保山までは、電車と地下鉄を乗り継いで・・・という邪魔くさいルートになるかと思いきや、公園の最寄り駅である南海電鉄の堺駅前から天保山まで、直通のバスがあるではないですか。これは大阪珍山登頂にはうってつけの便です。

 

大阪の天保山日曜日

それも、現地のバス停は天保山公園の入り口の目の前。
「蘇鉄山に登ったら、次は天保山もよろしくね~」
という、大阪府と南海バスの陰謀か。

天保山は、名前でなんとなく察せられる通り、江戸時代の天保年間に大阪を流れる安治川にたまった土砂を運び出して作られた、人工の山です。
安治川の河口に作られたこの山は、風景が良かったこともあって次第に桜や松などが植えられたりお茶屋ができたりして、大阪の名勝として名前が知れていきました。

浪花天保山風景錦絵

『浪花天保山風景』という錦絵の一部です。

(※写真はあくまでほんの一部。フルサイズはこちらをどうぞ

幕末の頃の天保山を描いたものですが、明治に入る頃には既にこんな賑やかな公園になっていました。


天保山は、当初は20メートルほどの高さがあったようです。が、砲台作りに土砂が削られたり、戦後の急激な地盤沈下があったりして、標高は徐々に低くなっていきました。

天保山の標高の変遷は、

大正10年(1921):7.2m

昭和46年(1971):7.1m

昭和52年(1977):4.7m

昭和62年(1987):4.5m

平成5年(1993):4.5m

(「天保山山岳会」より)

と徐々に低くなっていき、平成5年(1993)には、お前なんて山じゃねーと地図からも消えてしまいます。
しかし、後に地図から復活し、「日本一低い山」として知る人ぞ知る名所となりました。

 

天保山明治天皇行幸碑

明治元年(1868)に明治天皇がここで軍艦を観閲されたことから、第一回観艦式の場としても知られています。
観艦式とは軍艦のパレードのことですが、日本史の観艦式第一号はここ天保山だったのです。この観艦式もそうですが、これが一大事件だったのは、天皇が500年ぶりに京を離れたこと。そして
「朕は絶対京から出ぬ!」
と駄々をこねていた明治天皇が重い腰を上げたこと。その後、大久保利通によって「大阪遷都論」が持ち上がります。

のちに神戸に譲るものの、大阪は海運の中心地であると同時にモノが集まる経済の中心地でもありました。大阪(当時は大坂)の別名、「天下の台所」という言葉はどこかで聞いたことがあるはずです。
何故か大久保利通は大阪大好きで、ここを首都にしようと政治力を存分に発揮しました。駄々をこねていた明治天皇も大阪ならいいかと妥協し、99.9%大阪が首都になるはずでした。しかし、ある人が「逆転満塁サヨナラホームラン」を放ち首都は一転、東京へ。そして現在に至ると。

大阪人ながら首都は東京で良かったと思いますが、もし大阪が首都になっていたら・・・歴史はどう変わっていたのでしょうか。

 

日本一低い山!だったはず?

天保山の「頂上」は、明治天皇行幸碑の横あたりにあります。

 

天保山頂上

天保山の頂上と三角点

いちおう、ここが「頂上」らしいのです。三角点もちゃんとあります。

標高は4.53m。7mの蘇鉄山よりさらに低いですが、こちらのは「二等三角点」です。しかし、それより高いところが園内にいっぱいある上に、それが迷彩というかカモフラージュとなり、「頂上」を探そうにも意外にわからず、「遭難」してしまいます。
「頂上」が探せない「遭難者」のために、天保山にはなんと山岳救助隊がいます。
救助隊のモットーは「いちびる」。関西弁で「冗談でからかう」「いじる」、犠牲精神と大阪の「いちびり」精神に溢れた方々なのです。
私も登山中に「遭難」し、登頂に15分もかかってしまいました。もし「遭難」してしまった場合は、救助隊に助けを求めましょう。ちなみに、2017年11月現在、救助要請はゼロ件だそうです。嗚呼、天保山は本日も平和なり。

 

天保山は地図から消えた数年間を除き、「国土地理院の地形図に載っている日本一低い山」としてその座を譲りませんでした。
しかし、標高6mだった宮城県の日和山が、東日本大震災の津波と地盤沈下で山ごと消滅。震災が落ち着いた後、土砂が積み重なった山を再測量すると、ここが標高3mと認定されました。天保山は「日本一低い山」から陥落してしまったのです。
それにしても、字面だけだと山が消滅したというより、津波と地震で3m分削られたということになりますが、この出来事だけでも東日本大震災のエネルギーがすごかったことがわかります。

 

天保山日本一低い山の看板

しかし、この看板からわかるように、天保山はいまだ「日本一低い山」を名乗り続けています

その根拠は、日和山には三角点がないということ。

日本一低い山日和山地図

日和山の位置

国土地理院発行の地図から引っこ抜いてきましたが、確かに日和山には三角点がありません。山の標高は三角点によって決められる。三角点がない日和山の標高はただの参考記録。よって「日本一低い山」の王座は天保山にあり。看板に偽りなし。

こういう理屈なんだそうです。

 

ちなみに、天保山も日和山も、そして蘇鉄山もすべて江戸時代以降に築かれた人工の山(築山)です。それなら、「自然形成で日本一低い山」はどこかと調べてみると。

 

徳島県の弁天山(6.1m)というところだそうです。
ほぼ徳島市にあるところなので、徳島観光ついでにネタとして行ってみては如何でしょうか。
うちの家からでも、鳴門大橋を渡ったら1時間くらいで行けそうな所。ヒマと渡橋料金の余裕があれば(鳴門大橋、意外と高いのよ)、ネタとして行ってみようかしらん。

 

天保山は○○の聖地だった!

天保山の大観覧車

天保山の大観覧車

お隣にできた海遊館や、対岸にあるUSJがすっかり有名になりすぎて、少し陰が薄くなったような気がする天保山ですが、
あることで再び注目を浴び、西日本有数のホットスポットとなっている模様です。

実際に天保山に行くと、こんな光景を目にすることとなります。

 

天保山とポケモンGO

みんなスマホを覗き込んでいます。ワイワイ楽しそうに散歩している親子連れもいれば、一人でじーーっとスマホとにらめっこの人も。
それも、人数がハンパではない。何十人ではない、公園全体では200人以上いたレベル。その何百人がほぼほぼ全員、無言でスマホを見ている。見ていない方が完全にマイノリティー。これ、事情を知らないマイノリティーから見ると、正直ものすごく異様な光景です。
で、これ一体なんやろ?と思い、何してるんですかと声をかけて聞いてみました。すると答えはあっけなく判明しました。

 

ポケモンGO天保山


ポケモンGOだったのです。

話によると、ここ天保山とその周辺はポケモンファン必来の聖地なんだそうで、私が話を聞いている間も、レアポケモン出たなんて報告がSNSなどで上がったのか、園内に地響きのようなどよめきが。

 

天保山周辺ポケモンGO2017年12月10日

私がいた当時はこんな状態でした。私のポケモン知識は、せいぜいピカチュウを知っている程度なので、レアポケモンどころか何がなんだかさっぱりわかりません。下にチラッとピカチュウがいるのがわかるのが限界です。試しに現場で「天保山 ポケモンGo」とググってみると、出るわ出るわポケモンGO関連のサイトが。
ポケモンGOは、一時期社会現象になったほどニュースになっていましたが、最近はめっきり話を聞かなくなり、過去の台風かなと思っていました。しかし、私の知らないところでポケモンGOは命脈を保ち、週末とは言えいまだに聖地に数百人が集うツールとなっていました。

 

しかしまあ、ポケモンGoはいいけれど、ちゃんと前向いて歩けよ。なんでスマホ覗かずに前向いて歩いている方が、気を遣って避(よ)けんとあかんねん。
一時、ポケモンGoに夢中になって事故を起こしたというニュースが流れていましたが、この光景を見てさもありなんと。道を通っているのが、人か車の違いくらいなのでね。

 

f:id:casemaestro89:20171213210613j:plain
公園にはこんな注意書きがありますが、スマホとポケモンしか見えない人にはこれも虚しい響き。

大阪市の方、これに

「ちゃんと前見て歩け!」

を付け加えてください。善良な市民の私でさえ、ちょっと悪知恵が働いて、「前方不注意」の皆さんの当たり屋やって何かインネンつけてやろうかと思ったほど。これはいつか誰か大怪我するで。子どもがポケモンGOに夢中になってる横で、親も夢中になって子どもから目を離してるし。
それにしても、人間はマナーだモラルだと偉そうに言うけれど、目の前のニンジンの前にはそんなものは馬の耳になんとか。本能的に獲物を追うオスメスに過ぎないのだと。


こうしてこの日は、2つも山を登ってしまいました。その標高の合計は11.5m。1日で11.5mも登ったのか、どうりでクタクタになったわけやわ。
総登山時間より、バスの移動時間の方が長かったけどね。

高い山に登ればいいというものではない。富士山登頂もいいけれども、低い山に登るというネタとしてはいとをかし。
誰が何を言おうとも、そこが山である以上それは「登山」だから。

 

☆☆最後までご覧いただき、ありがとうございます。

よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪☆☆