昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

台北帝国大学の歴史 前編【昭和考古学】

 f:id:casemaestro89:20170906230047j:plain

台北の郊外、公館という地に台湾大学が鎮座しています。11の学部に50以上の学科を備え、3万人ほどの学生が在籍している、台湾一の総合大学です。

中国の伝統的価値観では、犬である武官より犬をコントロールする文官の方が格上でした。しかし、台湾では何故か昔から理系重視の流れでした。最近は特にその傾向が顕著らしく、台湾大学の「台湾一」という看板は外れつつあるそうです。とは言ってもブランド価値はまだまだ台湾一。キャンパスを歩いていると「台湾の東大」の風格を見せています。

 

そんな台湾大学、日本統治時代は「台北帝国大学」という名前で、キャンパスも校舎もそのまま流用しています。少なくとも、前回の旧制台北高等学校(現国立台湾師範大学)よりかは有名じゃないかと。

しかし、台北帝国大学だったのはわかっているけれど、一体どういう経緯で作られて、どういうコンセプトの大学だったのか。何故台北に大学が出来たのか?

そう問われると、人に偉そうなことを書いている自分が、わかっていそうでわかっていない。

今回は、そんな外地にあった帝国大学の話を。

 

 

目次:

 

 

 

 台北帝国大学の種をまいた男と、花を咲かせた男

旧制台北高等学校をはじめ、台湾の教育制度に間接的ながら穴を開けたのは、時の首相原敬ということは、旧制台北高等学校物語の第一話で説明しました。

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

原は1921年(大正10)に暗殺されますが、彼が蒔いた教育の種は引き続き台湾で芽吹くこととなります。

 1924年(大正13)、10代目の台湾総督としてある男が台湾の地を踏みます。

f:id:casemaestro89:20170906215130j:plain

伊沢多喜男(1869-1924)という内務官僚です。

「日本初の普通選挙を行った内閣」として日本史で学ぶ加藤高明内閣で、伊沢は大臣の任命を受けます。しかし彼はそれを断ります。

その代わりにと、彼は言いました。

台湾総督にさせてくれ」

台湾総督というと、「総督」という名前の響きもあって地位が高そうな印象がありますが、実は名前ほどでもありません。

時代は既に文官総督時代になっており、法律によって総督の権限は縮小されていました。なので、台湾総督は内務省官僚の1ポストに過ぎない。おまけに序列は東京市長より格下、当然日本の内閣で大臣をやっている方が地位が高いし、老後の恩給(年金)の額も全然違う。大臣を蹴っての台湾総督は、自ら二階級降格処分を申し出るに等しい。

それなのに、彼はなぜ台湾総督を望んだのか。

それを語るには、今でも台湾で語り継がれている、ある物語が絡んできます。

 

1895年(明治28)、台湾は日本の領土(植民地)となります。日本の統治が英国などの列強とひと味違っていたのは、植民地にまず学校を作ったこと。

「日本は植民地に対してええ格好をつけたかった」

と李登輝氏が語る通り、これが台湾人インテリの平均的な日本統治時代の歴史観ですが、「生かさず殺さず」の欧米型植民地支配とは明らかに何が違っていたことは確かです。

台湾にとって非常にラッキーだったのは、日本が世界でもまれに見る初等教育オタクだったこと。台湾に教育を広めるべく、日本はある男を台湾に派遣します。

 

f:id:casemaestro89:20170906220402j:plain

彼の名は伊沢修二(1851-1917)。名字でわかる通り、台湾総督伊沢多喜男の兄です。ただし、兄といっても親子くらい年齢が離れています。

彼は弟と違い教育畑一筋を歩んだ人物で、特に音楽教育に力を入れた人でした。一度は誰でも歌ったことがある、「ちょうちょ、ちょうちょ、この葉に止まれ」の『蝶々』は、伊澤がスペインかスコットランドの古歌からメロディーを拝借したものです。

ある日、伊澤はある男が作ったオルガンの調律をお願いされました。浜松からわざわざ東京までオルガンを持って来た心意気に伊澤は承諾するものの、男は音楽のド素人。楽器を作るならちゃんと音楽理論を学ぶべきだと諭しました。

男はそれに奮起して音楽理論を学び楽器メーカーの王者となるのですが、名前は山葉寅楠。みんなお馴染みヤマハの創業者です。

そんな彼が、

「台湾なんかもらってどうするんだ、フランスに売り払ってしまえ」

「台北なんて都市計画の失敗作。更地にして街を作り直してしまえ」

と、お雇い外国人にすらコテンパンの酷評だった台湾に赴任した理由は、やはり教育の普及でした。教育面において、日本はいきなりエースピッチャーを投入したというわけです。

日本の統治下に置かれた1895年、台北北部の芝山巌(しざんがん)「芝山巌学堂」という小学校を設立しました。四書五経を教える私塾程度の学校は点在していたものの、近代教育の学校は芝山巌学堂が初となり、今でも「台湾教育の聖地」となっています。

しかし、1896年(明治29)に芝山巌学堂が抗日ゲリラによって襲撃されました。伊沢はたまたま日本に帰っていたので難を逃れましたが、残っていた6人の教師(「六士先生」)は惨殺されてしまいます。これを「芝山巌事件」と言います。「芝山巌事件」は台湾史に必ず出てくる出来事です。

抗日ゲリラが襲撃することは事前に漏れており、周囲は避難するよう勧めたものの、教師側は「実に死に甲斐あり」とその場を離れず、堂々と殺されたと言います。

彼らの死に様と犠牲精神は、今でも「芝山巌精神」という名前で台湾で知られています。伊沢修二も、教育に貢献した人としてそこそこ知名度がある日本人の一人です。

この事件のせいではないものの、伊沢兄は翌年台湾を離れます。

 

その27年後、弟が志願して総督として赴任しました。

大学設立自体は、伊沢総督の前から決まっていたものの、彼は総督府として正式に「大学設置費」の予算を組み、在職期間のほとんどを帝国大学設立のために費やしました。彼の総督としての志は、ぼんやりとした気体だった台北帝国大学計画を凝縮し、個体にすること。彼も兄が遺した意思を背負って挑んでいたに違いありません。

文学的な表現をするならば、兄が蒔いた種が花開こうとした時、弟がそれを飾る花壇を作りに来たと言っていいかもしれません。

 

大学を作ってみたものの・・・

 

f:id:casemaestro89:20170907104818j:plain

伊沢多喜男が1926年(大正15)に台湾を離れ、後任総督が大学創立事業を引き継いだ1928年(昭和3)、当時の富田町に台北帝国大学は設立されました。

 

幣原坦写真台北帝国大学初代学長

初代学長は、大阪出身の幣原坦(たいら)という人でした。「幣原」「大阪」でピンと来る人は来るように、戦前に外務大臣を歴任し戦後に総理大臣になった幣原喜重郎の兄にあたります。

元々朝鮮史が専門で台湾は門外漢だったのですが、伊澤前総督たっての願いで台湾に赴任。大学の基礎を固めるため、8年間という異例の長さの就任でした。

台北帝大は帝国大学としては7番目に作られ、外地に作られたものとしては京城帝国大学(現ソウル大学※1)に次いで2番目。1931年(昭和6)設立の大阪帝国大学(現大阪大学)、1939年(昭和14)設立の名古屋帝国大学(現名古屋大学)よりも先輩格です。ただし、内地の帝国大学はすべて「国立」に対し、台北帝大は「台湾総督府立」という違いがあります。

(※1:ただし、ソウル大学は前身を京城帝国大学とは認めていません。校舎はまるまる使ってるのによく言うわw)

 

f:id:casemaestro89:20170906234214j:plain

台湾百年歴史地図より)

1927年、台北帝大ができる直前の富田町の地図です。当然帝大はまだ出来ておらず、同じ場所に「高等農林学校」がありました。高等農林学校は、台北帝大にできる農学部の母体となりますが、農林学校自体はのちに台中に移転され、今は「中興大学」という国立の理系大学として現存しています。

 

f:id:casemaestro89:20170906234413j:plain

台湾百年歴史地図より)

台北帝大設立4年後の1932年(昭和7)の全く同じ場所の地図です。既に帝大が鎮座していることがわかります。当然、今の台湾大学も全く同じ場所に位置しています。

ちなみに、台湾大学の南西、上の地図なら左下の部分には台北の水道の水源があります。地図にも「水源地」と書かれ、帝大が出来た頃には水源池が作られていますが、それは今も同じ場所で現役で稼働し、台北市民300万人の水がめとなっています。

 

何学部を設置するかは、台湾に文学や理学など抽象的な学問はまだ早い、実学重視という内地の声に、伊澤総督は台湾の将来を考えたら抽象的な学問は必須と意見が分かれました。結局は伊澤総督の意見が通り、ひとまず総合大学の体裁を整えようと「文政学部」「理農学部」が出来上がりました。

しかし、このどっちつかずの玉虫色が台北帝大を悩ませることになります。

大学は作ってみたものの、厄介な問題が起こりました。学生が全然集まらないのです。

帝国大学というブランドを引っさげたら学生など勝手に集まってくる。そんな「武士の商売」で開校したのでしょう。しかし蓋を開けてみると、

「そんな辺境の田舎の大学、誰が行くか!」

と高校生たちにことごとくにスルーされ、完全に当てが外れてしまいました。

さらに台北帝大は、同じ台湾総督府立として「姉妹校」だった旧制台北高校の受け皿、つまり、事実上の「台北帝国大学付属高等学校」である台北高校の卒業生をすべて「付属大学」へ、というレールを総督府は敷いたつもりでした。しかし台高生たちには、

「ただの大学に興味ありません!」

と早々にアウトオブ眼中宣言されてしまいます。今学生目線で考えても、海の物とも山の物ともつかない新設大学と東大京大、どっちに入学したい?と聞かれたら、そりゃ後者の方がいいわな。

以前紹介した台北高等学校の擬人化マンガ「台北高校物語」でも、そんな現実を踏まえて、このように描かれています。

マンガ台北高校物語1

 

マンガ台北高校物語2

 

「台北高校物語」は日本統治時代史の台湾的権威の大学教授が監修しており、「アウトオブ眼中」の歴史的事実が漫画でよくわかるように描かれています。

台北帝国大学は、学生一人に対する教授の数が多い「日本屈指の少数精鋭大学」を謳っていました。戦前の大学案内である『帝国大学案内 昭和13年度版』に書かれた台北帝大の案内には、

「約200名の学生を擁し(中略)広大な用地と遺憾なき研究設備の中に、教授・助教授約150名に対してほぼ同数の学生と云ふ。真に他の帝大では思いも寄らぬ贅沢さである」

とあり、先生の数に対してほぼマンツーマン。

少数精鋭、この言葉の裏を返すと、先生の数に対して単に学生がいなかったというお寒い現実があったのです。それにしても、マイナスを逆手に取る、なかなかセンスあるコピーライトだと思います。

 

台北帝国大学における台湾人学生と女子大生

向学心がある本島人(台湾人)は、台湾に高等教育機関がなかった頃には、内地(日本本土)へ留学するしか道がなかったのですが、台北高等学校や帝国大学の開学でその流れが少し変わりました。
本島人学生の数は、昭和3年(1928)の開学時には6人。ただし、学生総数が55人なので6人でも1割強が現地の人。
6年後の昭和9年(1934)になると、学生総数127人のうちの26人。割合は20.4%なので、本島人学生の割合がほぼ倍増です。
昭和11年(1936)、台帝大に念願の医学部が新設されます。
ここに台湾人学生が殺到することとなり、昭和15年(1940)のデータでは台湾人の割合が25.6%にまで上がっています(83/323人)。

医学部に集中はしているものの*1、当時の帝大生の4人に1人は本島人という計算となります。

そして昭和19年(1944)、全学生394人に対し本島人学生は117人。3割に達していました。

台湾の教育がかなり熟してきていたということがこの数字でわかるのですが、如何せんこの1年後に終戦→帝国大学としては廃止となったので、すべてが遅すぎた。

 

 

戦前の大学は、基本的には旧制高校、あるいは大学予科(後述します)卒が入学資格でした。寝てても志願者が殺到する東大や京大はそれで良いですが、それ以外は学生獲得に一苦労していていたのが現実でした。

それは帝国大学というブランドを背負っていても同じ。学生が来ない他の大学はそんなことを言ってられず、法律に何も書いていないことを逆手に取り、独自で入学資格を緩めていました。
大正デモクラシーの影響もあって、旧制高校だけではなく当時の専門学校などからも広く学生を募集し、そこで「工業(商業)学校→高等工業(商業)学校→大学(工学部・経済学部)」などの新しい大学進学ルートが開拓されました。
慢性的な学生不足に悩んでいた台北帝大も、入学者の出身校を見るとかなり幅広く学生を取っていたことがわかります。その中で、かなりレアなものを見つけました。

 

f:id:casemaestro89:20170907155020j:plain

 1943年(昭和18)の学生名簿から見つけた、女子大生の名前です。少し驚きかもしれませんが、戦前にも少数ながら女子学生がいたのです。

旧制高校は、法律で「入学資格は男子に限る」と明記された女人禁制でした。が、大学は「男子に限る」なんて法律のどこにも書いていません。それを逆手に取り、定員割れの二次募集ながらも、大正時代から東大・京大以外の大学はおおっぴらに女子も採っていました。東大は正規の学部生は戦前を通してゼロだったものの、大正時代の一時期、聴講生の女子大生がいたそうです。

戦前の女子大生がいちばん多かったのは、東北帝国大学でした。

東北帝国大学は、最初に女子大生を採った大学としても知られていますが*2「北海道帝国大学理学部における女性の入学」という論文によると、1923~1945年の23年間で理学部22名、法文学部105名の「女子大生」が在籍し、他にも九州帝大の31名、北海道の19名、大阪・名古屋の5名となっています。

女子大生の出身校を見てみると、上記論文からの抜粋のため北海道帝大のみですが、東京女子高等師範学校*3、奈良女子高等師範学校*4、日本女子大学や東京女子大学*5がほとんどです。台北帝大の名簿を見ると、同志社女校*6や津田英学塾*7の名も見えます。
昭和18年の台北帝大の資料を探ってみると、全員文政学部の文学科だけながら女子は6人(聴講生含む。内2人は台湾出身で名前からおそらく内地人と思われ)。当時の文政学部の学生数が222人の6人なので、女子率は2.7%です。工学部の男女比率もこんなものでしょ。
2.7%は「特例」の割には多いですが、他の学部の女子はゼロなので、大学全体で見るとたった0.7%。やはり「特例」でしょう。
しかし、仮にいても1人くらいだろうと思っていたので、5~6人も女子大生がいたのかと驚きです。

 

f:id:casemaestro89:20170907220620j:plain

台湾大学の図書館で資料を漁っていたら、台北帝大の女子大生の写真の写真を見つけました。背後に『臺北帝國大學』の文字が見えます。台北どころか戦前の女子大生の写真を見る自体、10年以上の「昭和考古学者」生活で生まれて初めて。まさか日本ではなく異国で初見になろうとは。

 

台北帝大のニッチ戦略

学生がなかなか来ない状態が続いた台北帝大でしたが、伊澤や幣原初代学長は設立前から、ある仕掛けを作っていました。

台湾の気候の基本ベースは熱帯ですが、そこに目をつけ、熱帯研究のメッカとして個性的な講座を開講しました。文系は「南洋史」や、台湾や東南アジア民族の「人類学」、理系なら「熱帯農業」「熱帯医学」「熱帯植物学」などの研究者を招聘し、ここでしか学べないマニアックな学科をつくり、研究所を新設しました。

それを足場に、フィリピンやインドネシアなどの東南アジアへの研究も進めようという、けっこう壮大なビジョンです。南洋の言語の通訳養成などの実学的なものは、すでに山口高等商業(現山口大学経済学部)や長崎高等商業(現長崎大学経済学部)が専門科を設置していましたが、人類学や考古学、理系分野は当時の日本ではほとんど手をつけられていない、学問のフロンティア。

文系理系を問わない「熱帯学」「南洋学」の研究者育成、それが台北帝大に課せられたミッションでした。

  

ブログでも「雑記ブログ」が良いのか、はたまた特定の分野に一点集中の「ニッチブログ」なのか。今でも議論が絶えない永遠の課題です。

大学も実は同じこと。雑記ブログが総合大学、ニッチブログが単科大学に例えるとわかりやすいと思います。旧帝国大学をブログ界に当てはめると、数多くの有能ライターを抱える雑記ブログの帝王東京・京都帝大に対し、「熱帯学」という、誰も手を付けていないオンリーワンを見出したニッチブログが台北帝大と言えるでしょう。

 

同じ時期に、台北帝大と同じ悩みを抱えていた大学がありました。台北と真逆の札幌にあった北海道帝国大学(今の北大)です。

北大はクラーク博士で有名な農学校以来の歴史を掲げ帝国大学(=総合大学)へ改組したものの、逆に大学としての個性がなくなってしまい、学生が集まらないというジレンマに陥っていました。昭和11年(1936)の募集時も、定員80名に対し志願者数49名。派手に定員割れです。

しかしある時期から、雑記ブログじゃダメだ、東大京大と同じことしてても勝てないと悟り、台北帝大とは真逆の「寒帯学」(寒冷地の研究)というマニアックな方向にベクトルを向けました。しかし、気づいたときには戦争が始まってしまい頓挫。意思は新制北海道大学に受け継がれ、現在「寒帯学」研究のメッカとして世界中から研究者が集まっています。

 

台北帝国大学の最終形態(終戦時)は文政学部、農学部、理学部、工学部、医学部でしたが、マラリアの研究や米の三期作の実験など、台湾ならではの研究が台北帝大をニッチ大学へと成長させることになりました。それが大学の個性となり、入学を希望する学生も徐々に増えていきました。

同じ外地にありながら、これといったニッチな個性を発見できず最後まで中途半端だった朝鮮の京城帝国大学に比べると、台北帝大は全然幸せな方だったと思います。

 

大学予科

しかし、一部には注目されても、あてにしていた台北高校の学生には、理系以外はチラ見すらしてくれない。統治当初からあった総督府立医学専門学校を吸収し医学部が出来ると、台湾人学生の入学が激増し盛り返してくるものの、それ以外はさっぱり。

慢性的学生不足をどう解消するか。台北帝大はあるアイデアを思いつきます。

「なら、学生を青田買いしてキープしておけばいい!」

1941年(昭和16)、当時の総督長谷川清海軍大将によって台北帝大は「予科」を新設します。

 

「大学予科」という、また現在の学校制度にはない学校が出てくるのですが、これ何ぞやと簡単にいうと「ほぼ旧制高校」。しかし旧制高校ではありません。雑記書や回想録などでは、旧制高校と大学予科をごっちゃにしている人もいますが、制度上は全く別個の学校です。

しかし、旧制高校と大学予科の違いはただ一つ。「学校選択の自由があるか否か」

旧制高校は以前説明した通り、卒業後空きさえあれば全国の大学どこでも、基本は無試験で入ることができます。

しかし、大学予科卒業生は「本科」に入学が必須です。東京大学教養学部は現代日本に唯一残る旧制高校と以前説明しましたが、東大以外に進学不可という意味では「東京大学予科(3~4年生が本科)」という言い方の方が妥当でしょう。

大学予科は、「進学の縛り」を除けば旧制高校生と何の変わりもありません。ストームもあったし、バンカラな格好も同じ。台北でも、台高生と帝大予科生の違いは制帽の徽章くらいで、パット見だけでは見分けがつかなかったそうです。

ただ、予科を設置していた大学はけっこう多く、国公立でも今の一橋大学、神戸大学、大阪市立大学、私立でも関西大学や龍谷大学などに置かれ、帝国大学でも台北の他、北海道帝大や京城帝大にも設置されました。逆に言うと、予科を置いていた大学は学生集めに苦労していたということとも言えなくもない。

 

台北帝大予科の場所

台北帝大予科は実質4年間しか開かれなかったせいか、卒業生も少なくわかっていないことも案外多い学校でもあります。
例えば場所。設立当初の校舎は、帝大の場所を間借りしていたことは確かなものの、場所は広い大学内のどこだったんだというと、実は今でもわかっていません。

もう一つ確かなのは、設立させて数年後、おそらく1942年(昭和17)あたりから移転を開始していること。

 

台北帝国大学予科ー芝山巌1945年米軍撮影航空写真

台湾百年歴史地図-1945年米軍撮影航空写真より)


移転先はかの「芝山巌」。台湾初の学校が作られ、「六士先生」が祀られていた芝山巌神社の隣に作られたのです。
帝大からはるかに離れた位置、それも台湾教育発祥の地に、予科とはいえ大学を作る。芝山巌という台湾教育の原点の地に高等教育機関を作ることによって、これで台湾の教育は完成だという総督府の思いが秘められている気がします。しかし、結果論ですがすべてが遅すぎた。

台北帝大や予科も時代情勢によって振り回された結果、未完に終わった台湾教育の未来予想図の跡だったのでしょう。

台北帝国大学予科ー芝山巌神社前学生写真

予科学生が芝山巌神社の前で記念撮影をしています(1943年)。左の旗には、めくれていますが「臺北帝國大學豫科(台北帝国大学予科)」と書かれています。

「大学予科」と言っても、マントに下駄履きと姿格好はバンカラ旧制高校生と変わらないことがわかります。

 

台北帝国大学予科の学生たちー芝山巌神社前にて

これも芝山巌神社の前で校旗を中心にしてストームしている学生です。1943年、昭和18年の写真なのですが、とても戦争真っ只中のものとは思えないほど学生たちが生き生きとしているように見えます。

しかし、この写真がどのアングルから撮られたものなのか。ホントどうでもいいことですが、こんな細かいところが気になってしまうのが私の悪いクセです。

 

 

f:id:casemaestro89:20170907215707j:plain

当時の航空写真から切り抜いてきたものですが、たぶんこの方向から撮影したのではないかなと推定しています。

 

f:id:casemaestro89:20170907212621j:plain

現在の予科の跡は、こんな風になっています。

ここは戦後に国民党に接収されて以来、今でも国民党の施設となって立入禁止だそうです。しかし、建物の形になんとなく面影がある気もしないでもありません。

 

なお、台北帝大予科の写真は、台湾大学校史館が数々の写真を収蔵しています。

当時の学生たちが生き生きと写っているので、時間があればどうぞ。

台湾大学校史館旧写真-台北帝大予科


予科vs台高

台北高校は、台湾唯一の高校として台湾で独自の地位を築き、独特の存在感を作り上げてきました。
ストームなどで街中を暴れまわる高校生に、保守的な台湾住民はかなり違和感を感じたものの、それを受け入れる土壌が徐々に出来上がっていきました。
そこで台帝大予科が出来ることによって新たな刺激が出来たようで、お互いをライバル視するようになります。

そんな10代後半の若いエネルギーを発散させよう、お互い交流の機会を作ろうと行われたのが、

台帝大予科vs台北高校 対抗運動会

でした。
「早稲田vs慶応」「東大vs京大」のように、今でもライバル校どうしの対抗試合が行われていますが、戦前の台湾にもそういう運動会があったんですね。

 

f:id:casemaestro89:20170907224321j:plain

台湾大学資料館から借りてきた運動会の時の写真です。

台北高校のグラウンドは狭いので、競技は台北帝大のグラウンドで行われたそうです。
昭和17年の第一回は台北高校が勝利したのですが、翌年は予科の勝利。1勝1敗で翌年に持ち越されたのですが、19年は戦争の激化で中止。
終戦でどちらの学校も消えてしまったので、「第三回」が永遠に行われることはありませんでした。行われた時代が少し悪かった、幻の運動会でした。
現在、それぞれの後輩にあたる台湾大学と台湾師範大学は運動会などの交流を行っておいないようです。去年(2017年)は「台北高校創立95周年」、今年(2018年)は「台北帝大創立90周年」。台北高校95周年は過ぎてしまいましたが、今年は台北帝大、いや台湾大学の創立90周年。せっかくなので今年限定で復活させたらイベントとして面白いのに。もし私が台湾電○かリク○ート(あればですがw)の社員なら、頭の上に電灯載せながら、

「やらないか(違」

と両大学に企画書持って行くけどな~。

 

お次は、台北帝国大学の面影を視覚で見ていくことにします。

  

続きはこちら↓

parupuntenobu.hatenablog.jp

*1:当時の医学部は日本人74人に対して本島人は74人(朝鮮人1人)。日本人より多い。

*2:黒田チカ、牧田らく、丹下うめの3人が日本初のJD。

*3:現在のお茶の水女子大学

*4:現奈良女子大学

*5:「大学」とは名乗っているけれど、法律上は専門学校

*6:現同志社女子大学

*7:現津田塾大学