昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

消えた遊郭・赤線跡をゆく 三津浜稲荷新地編

 

 

「坊っちゃん」の降り立った地-三津浜

 

愛媛県松山市三津浜地図

三津浜(みつはま)は、愛媛県松山市街の北西にある港町です。
古くから伊予水軍の本拠地であり、江戸時代から明治後期にかけて全国から船が寄港し、ヒト・モノが行き交った盛り場でした。
その後は北部に建設された高浜港に「松山港」としての地位を譲りますが、現在でも漁港・近海旅客船の拠点、そして松山市内のベッドタウンとなっています。大阪に例えたら堺のようなところかなと。

 

かつての三津浜が隆盛ぶりを示す、間接的な証拠があります。

 

三津浜明治時代

大正時代の「三津浜Walker」的な案内書、『みつが浜』(大正12年刊)*1内に掲載された銀行の広告です。
銀行から融資してもらうためには担保が必要ですが、昔の担保は不動産だけではなく、米や海産物など現物も多々有りました。その現物を保管する倉庫、担保用の金庫が銀行は必要で、それだけ三津浜にヒト・モノが集まっていたということ。
これらの銀行も何度も整理・合併を繰り返し、愛媛銀行以外はすべて伊予銀行に。隔世の感を禁じ得ません。

 

喧騒の三津浜に降り立った一人に、「坊っちゃん」がいます。
「坊っちゃん」とは夏目漱石の小説『坊っちゃん』の主人公ですが、オープニングで松山に着いた第一歩の地がここでした。


「ぶうと云って汽船がとまると、艀が岸を離れて、漕ぎ寄せて来た。
船頭は真っ裸に赤ふんどしをしめている。野蛮な所だ。
もっともこの熱さでは着物はきられまい」
(『坊っちゃん』より)

「坊っちゃん」、もとい明治28年(1895)、松山の中学へ赴任した漱石本人が見た三津浜の光景です。
細かい描写はされていませんが、それが逆に漱石の松山に対する第一印象、その後の松山に対する感情を物語っているような気がします。

ここを訪れたのは何も漱石だけではありません。
明治時代、大志を抱き故郷を起った、松山出身の正岡子規や秋山好古・真之兄弟もここから船で東へ向かっています。
特に子規と三津浜の縁は深く、三津浜の海辺にあった『溌々(はつはつ)園』*2という料理屋を帰郷のたびに訪れ、
「ああ三つの いけすに魚の 踊りけり」
などの句を詠んでいます。*3

明治時代三津浜夏目漱石坊ちゃん

明治時代の三津浜の風景。漱石が子規が見た三津浜はこのようなものだったでしょう。

 

三津浜港

現在の三津浜の光景です。
昭和に入り埋立工事が行われ、地形がかなり異なってしまっていますが、山や海の姿は彼らが見たものと変わっていないはずです。

 

伊予鉄道三津駅

伊予鉄道の三津駅です。
地方私鉄という扱いですがその歴史は古く、創立は明治20年(1887)。現存する私鉄としては南海電鉄に次ぐ2番目の歴史を誇る、地味に老舗な鉄道会社です。
この三津駅の開業も明治21年(1888)、伊予どころか四国最初の鉄道開業区間が松山からここ三津までだったことからも、いかに三津浜が重要視されていたかがわかるでしょう。

 

「停車場はすぐ知れた。切符も訳なく買った。乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ」
(『坊っちゃん』より)

 

伊予鉄道三津駅初代駅舎坊っちゃん

『坊っちゃん』に書かれている「停車場」は、写真の初代三津駅舎。
「坊っちゃん」、いや夏目漱石はこの駅舎を見て切符を買い「マッチ箱のような汽車」に乗ったことは間違いありません。

 

マッチ箱のような汽車坊っちゃん

その「マッチ箱のような汽車」の現物写真です。『五十年譜』という伊予鉄道の公式歴史書によると、ドイツから汽車を松山に輸入した直後の記念写真で、機関士らしき人がドヤ顔です。

 

そんな三津浜にはかつて、稲荷新地と呼ばれた遊郭が存在していました。

 

三津浜の遊郭-稲荷新地


人が集まるところ、色街あり。

三津浜も例外ではなく、江戸時代から「十軒茶屋」という置屋・料理屋街(花街)が存在していました。花街とは芸妓の町ですが、「二枚鑑札」と呼ばれた身体も売る芸妓もいたと推定できます。

三津花街十軒茶屋東西新地

稲荷新地の十軒茶屋は別名「東西新地」と呼ばれたとおり主に東西に伸び、この位置にあったのではないかと推測しています。*4
明治に入り人の往来も多くなり、身体を売る商売(貸座敷)も自然発生して十軒茶屋と混在し始め、風紀上好ましくないと明治26年(1893)に貸座敷だけ移転されたのが稲荷新地の始まりです。
漱石が松山に来たのは、稲荷新地が成立した2年後。ピカピカの艶廓を横目で見ながら汽車駅へと駆けたのかもしれません。

 

三津住吉1丁目松山電気軌道

三津駅から港へ続く道です。この道にはかつて、松山電気軌道という伊予鉄とは別の鉄道が走っていました。
松山電気軌道は、路面電車規格ながら標準軌の電車、対する伊予鉄は764mmの「マッチ箱」。*5
路線が完全にダブったこともあり、両社は利用客が増えるほど赤字がかさむほどの熾烈な客獲り競争を開始しました。

 

松山電気軌道と伊予鉄道

伊予鉄道の「マッチ箱」と松山電気軌道の電車が同時に写っている珍しい写真です。*6
左の汽車が伊予鉄道、交差の上を走るのが松山電気軌道。汽車の横は、現在伊予鉄の市内線となっている別の鉄道会社です。

激しい競争の結果、松山電気軌道は大正10年、伊予鉄道に吸収される形で消滅。路線も昭和2年に廃止され、遺構は何も残っていません。

 

松山電気軌道江ノ口停留所

当時の江ノ口電停の貴重な写真です。

 

 

松山電気軌道江ノ口電停跡

江ノ口電停跡現在の姿。当然ながら遺構は何も残っていません。



昭和初期三津浜地図稲荷新地遊廓

この地図でわかるように、江ノ口駅は三津港の玄関口であると同時に、遊郭の入り口でもありました。「遊廓前」なんて副駅名をつけたくなります。

江ノ口電停跡を北上するとすぐ、稲荷新地の入り口にさしかかります。

 

大正2年三津浜全図稲荷新地遊郭

(大正2年三津濱全圖より)
現在は埋め立ての都合で陸続きになっていますが、大正時代までの新地は図のような出島状態でした。
そこには、2本の橋が架かっていました。
江ノ口電停前のが「いなり橋」、もう一つは「ジゴクハシ」…「ジゴク」って地獄?
地元の人や遊客は、は前者を「思案橋」、後者を「見返り橋」と呼んだそうです。

 

松山三津遊郭稲荷新地明治時代

(『明治末期 松山 三津 宇和島写真帖』より)

写真の手前の橋が「思案橋」です。奥はもちろん遊郭。

この橋を前に別世界へ行こうか「思案」し、渡った人が娑婆へ戻る際、未練を残して「見返す」、遊郭に架かる橋によくつけられた名前です。
もしかして、「ジゴクハシ」は遊郭という「天国」から現実という「地獄」に戻ることから付けられたのか…?

なにがともあれ、いつからか埋め立てられ陸続きになった現在、橋は残っていません。

松山三津稲荷新地

2019年、上の写真の120年後の姿です。ここに橋が架かっていたのだなと推測できる跡は残っています。

 

 

松山三津稲荷新地

(『明治末期 松山 三津 宇和島写真帖』より)

三津浜遊郭

(『みつが浜』より)
稲荷新地のピークは、大正末期から昭和初期と言われています。
それは本当かを可視化しようと、『愛媛県統計書』の数字をエクセルに入力したところ、確かに大正後期の1920年代前半が数字のピークで、昭和恐慌の時期に数字がガクンと落ちた…と数字に出てきます。ネット上で見れる『愛媛県統計書』の年度が、ところどころ歯抜けなのでそれ以後の統計が取れないものの、数字的な絶頂期は大正末期と推測できます。

赤線については、『全国女性街ガイド』に

「朝市で名の高い三津浜に84軒、169名」

という記載があるのみで、それを裏付ける資料もありません。ただ、引き続き赤線として存続したことは確かなようです。

 

松山三津浜稲荷新地遊郭貸座敷妓楼

『みつが浜』に掲載されていた稲荷新地の妓楼一覧。発行年の『愛媛県統計書』では貸座敷数19軒、娼妓数145名となっていますが、『みつが浜』には

「十四軒(の妓楼)となり百三十余名の娼妓がゐて」

と書かれており、ここは『みつが浜』の掲載妓楼の方(の数字)を信頼しましょう。

『全国遊廓案内』(昭和5年刊)掲載の妓楼は、「新月楼、八千代楼、敷島楼、稲葉楼、吾妻楼、いろは楼、鈴の屋、住吉楼、日進楼等…」ですが、すべて『みつが浜』の記載と一致しています。
『全国遊廓案内』は、遊郭ブログを書いている人の多くが引用している露出度高めの史料ですが、細かい間違いがけっこう多いので鵜呑みは禁物。みんなドヤ顔で引用してるけれど、ちゃんと史料批判してる?と。
が、三津の妓楼に関してはこの通り当たっています。

三津の稲荷新地

松山三津稲荷新地

旧稲荷新地の敷地は、正直決して広いとは言い難い。ものの10分もあれば一周できます。遊郭・赤線跡はいくつも回っていますが、ここはその中でもトップ10に入るほどエリアが狭く、何の情報もないとかえってガックリくるかもしれません。

その上、当時を知る遺構は何もないのがそれに拍車をかけることでしょう。

 

松山三津稲荷新地

 ただ、新地内に残るこの古アパートに私のアンテナが少し反応しました。

道沿いの部分だけ飾り付けたアパート風、色は少しピンク、そして天井(?)の装飾…ただのアパートとは思えません。仮にそうだとすれば、戦後の赤線時代のものでしょうね。

しかし主観は禁物。何の証拠もない以上、決めつけるわけにはいきません。こうしてヒントは出したので、興味がある方は深く掘ってみると良いでしょう。

 

 

電柱に残る稲荷新地の跡

前項でも触れたように、稲荷新地のあとは全く残っていません。変わらないのは瀬戸内海から吹いてくる潮風のみ。現地を歩いていると余計に感じます。かつてここに、不夜城と謳われた遊廓が本当にあったのだろうかと。それほどひっそりとした港です。
遊郭には稲荷神社がセットでついており、遊郭はなくなっても稲荷神社はけっこう残っているものですが、ここにはそれすらない。「稲荷」という名前なのに不思議な感覚です。
それだけに、感傷的なわびしさを感じてしまいます。時代の流れに不変はないので、仕方ないのではありますが。

 

しかしただひとつ、ここが稲荷新地だったことを示す意外な遺構が残っています。
その意外なものとは、電柱。

 

稲荷新地電柱

「シンチ」という名前が残っています。
全国の「新地」イコール遊郭ではありませんが、三津の遊郭は場所が特定されているので、シンチ=遊郭に相違ありません。

 

 

三津稲荷新地電柱

「稲荷」というのも残っています。現在の住所は住吉2丁目なので、稲荷は地名として全く残っていません。

 

三津浜遊郭電柱稲荷新地

とどめは「稲荷」「新地」のコンボ。

「稲荷新地」は電柱の位置を表す無機質な記号として、わずかにその痕跡を留めています。


逆に言えば、戦前は大いに栄えた稲荷新地の跡はこれしか残っていないということ。往時の建物目当てでここに来ると、がっくりすること間違いなし。白粉の香り漂う妓楼跡は一軒もないどころか、地形すら変わってしまい、どこがどこやらわからないほどです。
しかし、ここが遊郭だったということを隠したい地元の人が多い中、「何もない」のが絶好のカモフラージュなのかもしれない…
特に後ろ髪を引かれる思いもなく、私は静かに立ち去りました。かつて「見返り橋」があったとされる場所から。

 

おまけ

三津は、みんなご存知のあるものの発祥の地であります。

 

ポンジュース発祥の地三津

みんな大好き、愛媛名物ポンジュースの発祥の地だそうです。
えひめ飲料のHPによると、ポンジュースは昭和27年(1952)から生産が開始されましたが、その時の製造工場がここにあったとのこと。

遊郭探索を終えてホッとしたか、ここを完全に見逃していました…orz Google mapに載っているのに、なぜ見逃したのだろう。
行っても石碑しか残ってないようですが、やはり「昭和考古学者」としては見ておきたかったというのが素直な感想です。私もまだ脇が甘いなと思い知らされました。
お詫びに、今日はポンジュースを一本買うことにします。

 

《こんな記事もあります。よかったらいかがですか?》

parupuntenobu.hatenablog.jp

parupuntenobu.hatenablog.jp

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

【参考資料】
『坊っちゃん』
『筆まかせ』
『みつが浜』
『松山市史』
『三津浜誌稿』
『愛媛県統計書』
『三津の風景』
『三津浜築港由来記』
『三津浜築港史』
『明治後期 松山 三津 宇和島写真帖』
『松山百点』
『三津浜(松山)港の"みなと文化"』
『松山市三津浜の港町としての盛衰について』池田善昭論文
その他古地図数点
Webサイト「松山電気軌道概要」
ブログ『伊予歴史文化探訪』
伊予鉄道HP
えひめ飲料HP

*1:国会図書館デジタルコレクション所蔵

*2:子規の大叔父が経営者で、大きな生簀と活魚が名物だった

*3:溌々園についてはこちらのブログが詳しい

*4:『松山市三津浜の港町としての盛衰について』より

*5:明治44年に1,067mmに改軌

*6:現在の古町駅の少し北側