読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

八田與一像破壊事件-犯人像を考察する

八田與一の銅像

 

朝起きてニュースサイトを見ると、ショッキングなニュースを見つけました。

 

headlines.yahoo.co.jp

台湾にある八田與一という日本人の銅像が、何者かによって首を斬り捨てられました。
何の罪もない銅像が、何故こんな姿になってしまうのか。ショックです。憤りを感じます。

 

しかし、これがある意味「何者」かによる工作だったら?

 

八田與一と台湾

八田與一(はったよいち)については、私が書くより元台湾総統李登輝氏が『新・台湾の主張』で書いた文がわかりやすく、また詳細なので引用します。

 

八田與一といっても、日本ではピンとくる人は少ないかもしれない。
台湾にダムと灌漑用水路を建設し、不毛の土地を穀倉地帯に変えた八田は、台湾にとって恩人ともいえる人物である。

 

(中略)

 

八田は1886年に石川県金沢市で生まれた。第四高等学校を経て、1910年に東京帝国大学の土木工学科を卒業。まもなく台湾総督府土木局に勤めてから56歳で亡くなるまで、ほぼ生涯を台湾で過ごした。

 

八田が台湾に赴任したとき、すでに後藤新平は台湾を離任していた。後藤の時代に台湾の近代化はかなり進んだとはいえ、河川水利事業や土地改革事業は遅れていた。台湾の年間降雨量は多く、河川も多く流れている。

だが、夏季と冬季の降水量の差が激しく、灌漑用水として使用できなかった。とくに南西部に位置する嘉南平原(総面積4500平方㎞)は当時不毛の地といわれ、農業の生産性は低く、農民の生活は苦しかった。

八田は台湾に赴任後、台北の南方、桃園台地の灌漑用農業水路である桃園大シュウの調整設計を行ない、1921年に完成させた(大シュウは大きな水路の意味である)。これが今日の石門ダムの前身である。


この工事の途中から八田は、烏山頭ダム台南市)の建設並びに、嘉南平原に蜘蛛の巣のように張りめぐらせた約1万6000㎞もの水路工事に着手する。地球の全周が約4万㎞であることを考えれば、工事の規模が想像できよう。


さらに、この水路には水門や橋、堤防などが設けられ、主要建造物の数は4000を超えた。烏山頭ダムとこの水路設備全体を合わせて嘉南大ダシュウという。
じつに10年の歳月と総工費5400万円(当時の金額)の予算を要した大事業であった。私の心の友、司馬遼太郎さんはその事業を「日本史上、空前の大工事」と評した(『街道をゆく 台湾紀行』)。

 

1930年に工事が完成した際、八田はなんと44歳の若さであった。
戦後日本で最大規模の灌漑工事となった愛知用水の10倍を超える事業を、当時の台湾で行なったことになる。その偉大さについては、私も賛辞を惜しまない。
八田がつくった新しい水路から水が流れてきたとき、嘉南平原に住む台湾農民60万人は「神の水が来た」といって感激のあまり涙を流し、これを迎えたと伝わる。
工事では十年間に134人もの人が犠牲になったが、嘉南大シュウの完成後に殉工碑が建てられ、日本人、台湾人の区別なくその名が刻まれた。

 

その後、八田は南方開発派遣要員として陸軍に招聘される。そして1942年5月8日、大型客船「大洋丸」に乗ってフィリピンに向かう途中、アメリカ潜水艦の魚雷攻撃に遭って船が沈没し、八田も遭難してしまう。享年56。

 

3年後、日本の敗戦によって日本人が一人残らず台湾から去らなければならなくなったとき、八田の妻・外代樹は烏頭山ダムの放水口に身を投じて夫の後を追った。御年46歳であった。八田夫妻に対する台湾人の哀惜の念は尽きない。


新幹線の窓から、台湾最大の穀倉地帯に生まれ変わった嘉南平原を見渡すと、青々とした田園が広がっている。そこに「嘉南大シュウの父」八田與一の義の精神が眠っていることを、台湾人は永遠に忘れないであろう。

李登輝著『新・台湾の主張』

 

現存する八田與一の像は、ダム完成後の1931年に作られました。

八田は自分の銅像を作る必要などないと辞退したのですが、農民たちの熱意に押され渋々OKしたと言います。
その後、戦争中の金属供出や戦後の国民党による反日教育で壊されそうになった危機がありました。
しかし、地元の人たちは渡してなるものかと地元しか知らない倉庫に隠し、再び表に出せる機会を待ちました。
1981年、八田與一像はダムを見下ろす位置に、再び設置されて現在に至っています。


その後ろには、八田夫婦の墓がひっそりと建てられています。
銅像もお墓も、地元の人たちによって代々きれいに掃除されています。

八田與一の功績は台湾では知らぬ人はいないというほど有名で、歴史の教科書にも載っています。

 

日本で言うならば、分野は全然違いますが野球の王貞治さんじゃないでしょうか。

王さんは我々の感覚では、ずっと日本で野球をしていたので日本人という感覚でしょう。王さんは誰も疑うことのない「日本のヒーロー」です。しかし、王さんはれっきとした中華民国籍であり、いわゆる外省人2世です。

八田氏は、その逆バージョンという感覚でいいかなと思います。

 

かと言って、八田與一が昔から有名だったわけではありません。

知名度が全国区になったのは、やはり教科書に載り始めてからであり、それまでは地元の人だけが知っていた、知る人ぞ知る人物でした。

 

司馬遼太郎の『街道をゆく 台湾』にも、こういうやりとりがあります。

本で八田のことを知った司馬が、

「山中に八田與一の像が残っているようですね」

聞かれた「老台北」が返す。

「どんな人です」

『この博覧強記の人にして、知らないことがあったのである』

(司馬遼太郎街道をゆく 台湾』)

台湾のことなら何でも知っている「老台北」にしてこれだから、25年前の八田與一知名度は、この程度だったのです。

 

日本でも話題になった台湾映画「KANO」でも、絡みはフィクションながら八田が出てきます。
この映画を通して八田氏の事を知った方もいるかもしれません。
「KANO」の監督の馬志翔氏も台湾のテレビで、「この事件は台湾にとって悲しいことだ」とコメントしています。

 

 

八田與一像斬首事件を考察する


この件に限らず、動機や意図が不明な事件を観るときは、考えなければならない基本があります。
それは「事を起こして誰が(いちばん)得をするか」です。

 

八田與一は台湾の発展に生涯を捧げた日本人。
日本と台湾の絆の象徴の一つでもあります。

地元の人は、戦争中や戦後の反日のさなかにも、地域を挙げて像を隠していたほど、彼への敬意は強い。
首を斬るということは、酔った勢いやいたずら程度で出来ることではない。
斬り口を見ると、明らかに銅像の構造を知った上で、抜き取るように持ち去っていますね。
つまり、計画的に事が行われたという可能性が高いということです。


さて、日台がかつて「同じ国」だったシンボルを壊して、得になるのは誰か。

 

■台湾人説
この可能性も、決してゼロではありません。ゼロではない以上、考察の余地があります。
しかし、日本では八田與一の「は」すら知られておらず、台湾在住の日本人の間で知る人ぞ知るという知名度の時、地元の人、それも彼を直接見たり接したりしたことがある人から熱い思い、八田に対する深い敬意を聞きました。
むしろ、

 

「なんで日本人は八田先生のことを知らないんだ!今の日本人は(台湾に対して)無知すぎる!」


とお説教タイム。

しかし、それは出来が悪い孫をお爺さんが叱りつけるような「愛」を感じました。


地元の人が壊すということは、私の経験からしてほぼあり得ない。。
可能性としては消して良いと思います。


■中国人観光客説

八田氏はあくまで台湾で知られている日本人。日本人でさえ20年前は知名度ほぼゼロだったのに、
わざわざこんな田舎まで来て見るのでしょうか。
中国人は、自分の損得勘定というのを非常に計算します。
八田與一の像を壊して、自分は一体得をするのか?

 

しかし、「どこか」からお金でももらっていて、「誰か」からの意図があればば話は別。
日本でも明治神宮の一件で、中国人(名前からして朝鮮族ですが)が犯人ということが確定しています。
台湾でもこの一件がニュースになっていたせいか、観光客という名目の工作員の仕業じゃないかと推測している台湾人は多いです。


■韓国人説
日本でお地蔵さんを壊したりして前科はあります。
日本のまとめサイトや掲示板では、真っ先に思い浮かぶ犯人説です。

でも、今回は外した方がいいでしょう。

 


■台湾の「反日勢力」説
台湾人の間では、犯人は彼らじゃないかとウワサしています。
私も、彼らを「容疑者の最有力候補」と推測しています。


「台湾=親日というイメージばかり先行していますが、台湾の人々も千差万別です。
確かに大多数は親日ではあるのですが、中には「ガチの国民党員」や「中国に注射」された連中も少なからずいます。
「中国の統一」を政治信条にした政党も存在しています。

 

今のところ現実無視の「中国統一派」は、国会に議席はありませんが、選挙の時には新聞にデカデカと広告を貼り付けることがあります。
そんな広告を貼る資金源は?といつも疑問に思うのですが。

 

彼らは裏で中国とつながっているので、中国の動きといつも呼応しています。
事実上、中共の台湾出張所のような存在です。
よって、概ね傾向は「反日」です。
「元日本人」の李登輝元総統に言わせると、
「国民党教育を受けた台湾人は全員反日または予備軍」
らしいですから。

 

こういう台湾に巣食う「親中派反日勢力」を、台湾人は『中国人』と呼んでいます。
もっとひどい言い方(放送禁止レベル)だと、「豚」です。
何故「豚」なのかは長くなるので、下の記事をお読み下さい。

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

彼らが「中国人」と呼ぶ対象は、中国に観光に来たりする中国人だけではないことも、台湾情勢を知る上で欠かせないキーワードです。

 

このように、日本と台湾の絆が深まるのを快く思わない連中も、ごく少数なものの、しかし一定数台湾には存在しているのです。
台湾=親日の一枚岩と思っている人は、受け止めるべきこういう現実もある、ということを知っておいて下さい。

 

情報工作の臭い

とあるサイトでは、

蒋介石銅像が壊されてもニュースにならないのに、日本の銅像が壊されたらなんで騒ぐのだ?」


「日本植民地の犬だから壊されて当然」


「治水工事で穫れた米は、全部日本に送られ農民は搾取された」

 

などという書き込みが見られます。
ニュースサイトの書き込み欄では、日本と台湾の歴史を否定するような書き込みが集中しています。

これが本音かどうかはさておき、歴史の事実だけを羅列します。

 

烏山頭ダムの完成で、荒れ地だった嘉南平野は台湾一豊かな農業地帯となった
・それによって農民の所得が増え、豊かになった
・それに対して地元の人達は八田氏に感謝している
・その感謝を形にしたものが銅像
・その銅像は今でも大切にされ、感謝祭も毎年行われている

 

本当に「搾取」されていたなら、教科書に載りますかね?
本当に「搾取」されていたなら、農民の生活は豊かにならないですよね?
本当に「搾取」されていたなら、「搾取」される側が自発的に本人の銅像を作って、80年以上も大切にしますかね?

 

ちょっと考えたら簡単なことです。

 

この事実を無視した書き込みは、情報工作の常套手段である「レッテル貼り」です。
世論を誘導しようとしている意図が見え隠れします。
「レッテル貼り」は新聞でもサラっとやっている工作なので、記事にある「根拠がない断言」はフラグを立てて見た方が賢明です。
特に日本人は、良くも悪くも人を疑うということを「悪」という教育を受けているので、こういうのにコロッと騙されやすいのです。

 

台湾で取れた米が日本に送られたことは事実です。
しかし、果たしてそれが「搾取」かどうか。
信頼できるソースから引き出してきた、当時の数字です。

 

■台湾の米の収穫高(円)
昭和6年(1931):¥85,186,821 ※烏山頭ダムが出来た翌年
昭和7年(1932):¥134,934,783
昭和11年(1936):¥213,942,263

 

■台湾から輸出された穀類の総額(円)
昭和6年(1931):¥5,057
昭和7年(1932):¥64,396
昭和11年(1936):¥27,677
※残念ながら、米だけのデータは存在しませんでした
※1:「輸出」は、全部日本に行っているとは限りません。中国や朝鮮などへの輸出も含んでいます
※2:台湾の米の「輸入」は、昭和9年からゼロです

(出典:台湾総督府統計書』国立国会図書館蔵)

 

 


烏山頭ダムが出来る前と後では、収穫高はダブルスコア以上ということがわかります。
それも、これは米だけで他の農産物は入れていません。
全部入れたらどうなるか、これは学者の偉い人に任せます。そんなヒマありません(笑)

統計書の農業・商業項目をピンポイントで見ただけですが、この数字だけでも「搾取」が嘘っぱちということがわかります。

事実にそれとなく「ウソ」を混ぜる。またはウソの情報にちょっと「本当のこと」を、隠し味程度に入れる。
これも情報工作の常套手段です。


書き込みの中には、中国で使われる簡体字の書き込みも見られます。
中国から台湾のサイトへは、ネット制限で一般人はアクセスできないはずなので、ここに「何らかの意図」が隠されていますね。
(中国以外に住んでいる人間からの書き込み、という可能性もありますが)
そもそも、台湾のローカルな人物である八田與一のことで、何故「中国人民」が反応するのでしょうか?
上にも書いた通り、中国人民は自分に「損得」がない限り、ネット制限をくぐり抜けてまで書き込む自発的意図はあまりありません。
明らかにおかしいです。
おそらく、中共のネット工作員である「五毛党(ウーマオタン)」の集中書き込みなのだと推定できます。

そういう意味では、動機も十分です。
蒋介石銅像に損害を受け、「仕返し」「仇討ち」とばかりに八田與一銅像を破壊する筋書きは十分あり得ます。


しかし、ここで疑問が浮かびます。

「なんで今?」

蒋介石銅像にペンキをかけられたり、壊されたりしている出来事もあります。

 

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

しかし、蒋介石の像が壊されているのは、昨日今日の話ではありません。
李登輝氏が総統だった時代から、徐々にですが撤去されたり破壊されたりしています。
動機が「蒋介石先生の敵」であれば、八田氏の像はとっくに壊されています。
去年一昨年に同じ事件が起こっても、何らおかしくなかったのです。

ここに、中国の意図が見えてきます。
あくまで表向きは「台湾の反日勢力」ですが、国民党もろとも中国とツーカーなのは明白です。
だから仮に犯人がそういう思想の人たちとしても、裏で中国が操っていると考えた方が妥当です。

 

「情報戦争」は既に始まっている

今は弾丸やミサイルは飛んでこないものの、情報・宣伝戦では既に日中は「戦争状態」と言っても言い過ぎではありません。
日韓の慰安婦うんぬんも、裏では中国が仕掛けていると、個人的には思っています。
かと言って、中国が直接日本を攻撃はするか?というと、現状では絶対にやりません。
今の兵力では不可能な上に、国際社会から叩かれて自分の首を絞める結果になります。

中国とてバカではないので、それくらいは考えています。

 

中国の究極の目標は「戦わずして勝つ」、弾丸を一発も放たず日本が白旗を揚げてくれればOK。
そのためにはどうするか?
南シナ海を「占領」してシーレーン(海上輸送の高速道路)を抑えたら、日本はジリ貧になってイヤイヤ白旗を上げざるを得なくなります。
日本は中国の属国として、いつも首根っこを抑えられた状態になります。


同じく台湾の周りの海も、日本にとっては重要なシーレーンです。
そこで日台(プラス米)が同盟を組まれると、中国は手も足も出ず百年の計もすべて水の泡となります。
だから、日本と台湾の関係に楔を打ち込み政治問題化させ、それをきっかけに日台関係を悪化させる。
動機は十分です。


中国というのは、謀略の国です。
日本人は「性善説」が細胞レベルで染み付いているので、「謀略」や「策略」などと聞くと感情的に拒否反応を示します。

しかし、弱肉強食の世界の中国では、謀略・策略ありきなのです。
私も中国人には散々騙されましたしね~(笑)
国際政治においては言うまでもありません。
謀略・策略、ましてや嘘は「悪いこと」なんて彼らは思っていません。
むしろ「良い機転」「頭がいい」と賞賛されます。
日本人が中国人を見誤る最大の要因が、ここなのです。


そして、
「何も弾やミサイルの飛ばし合いだけが戦争ではない」
「情報戦争という、見えない弾丸による戦争もある」
という現実があることを、日本人はそろそろ認識すべき時期に来ているのではいかと思います。

おまけに、残念なことにこの情報戦、中国が十八番な分野な上、日本がいちばん苦手・不得意な分野なのです。情報工作も苦手ながら情報リテラシー力(嘘を嘘と見抜く能力)もほぼゼロですから。

結論

私の筋書きはこうです。

中国が「反日勢力」または「中国人観光客(を装った工作員)」に破壊指令を出す。

計画を立て、それに基いて破壊

台湾のサイトに「反日」を書き込むことによって、世論を操作しようとする

それを見たり、翻訳したのを見た日本人が、台湾人への悪感情を引き立てる

日台関係がギクシャクする(はず)

 

 

しかし、中国の見方も甘いなと思うのは、一時的に歴史を共有した日本と台湾の信用はそんなことで崩れるものではない、ということ。
中国人は基本的に、自分に得にならない以外の他国の歴史には、何の興味も持ちません。
なので、日本語ペラペラの人でもビックリするほど歴史に無知なのが多いのです。

台湾には中国の工作員が多数紛れ込み、日々情報誘導を行っているので、これからの日台関係は正直わかりません。
しかし、今後の日台関係のためにも、日本人は感情的にならずこの事件の刑事的推移は台湾に任せる。
そして、こちらは冷静かつ客観的に、中国の動きも含めて洞察することが肝要です。

 

そしておそらく、この一件は中国が仕掛ける「情報戦争」のほんのジャブに過ぎません。
これからどんどん「見えない弾丸」を放ってくるのは目に見えているので、我々もそれに備えなければならない。


八田與一事件を見て、そう考察して終わりとします。

 

追記

犯人が出頭したようです。

犯人は元台北市議会議員の李承龍。中国との統一を主張する「中華統一促進党」 の党員との報道です。共犯に女がいるようです。

中華統一促進党」 は台湾にある中国の統一派の政党の一つで、その中でも過激派と言って良いほどの急進派です。台湾人に言わせたら「中国の工作員出張所」。しかし政党といっても、国会に議席は持っていません。

 

中華統一促進党の総裁は張安楽という人物で、通称「白狼」。中華マフィアのドンで数々の犯罪に手を染めた非常に悪名高い人物であります。

彼の黒い噂はいくらでもあるのですが、日本の「沖縄独立派」などの極左とも繋がっているとされています。

中国とも当然ズブズブの関係です。

 

一言で言えば、「中国に注射された」典型的な組織が行なった犯罪ですね。

 

俺の予想が当たりました。やはり反日勢力、台湾人風に言うと「中国人」でしたね。

蓋を開けてみると、あの連中ならやりかねんなと思います。しかし、「中華統一促進党」が何故すぐに出てこなかったのか、不覚でした。

 

日本の明治神宮の器物破損や靖国神社の放火も含めて、やはり中国というキーワードで全部つながりました。

 

 この話の続きは、下の記事を御覧ください。

parupuntenobu.hatenablog.jp

 

 

☆☆よろしければ、立ち去る前に下のボタンを押していただけると喜びます♪☆☆