昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

2017年台湾(台北・基隆)の旅

BEのぶの台湾紀行-台湾風牛丼店『鮮五丼』に行ってみた

私が台湾に旅行に出かけたのが、もう2ヶ月以上前の8月になります。すっかり台湾ネタを書かなくなりネタがなくなったのかな!?と思った方もいるかもしれません。 とんでもございません!! ないどころか、帰国時に頭の中で考えた構想の半分も書いてなかった…

台北のローマ字に見る台湾アイデンティティ-ウェード式からピンインまで

台湾にはないはずの○○が何故ここに・・・? 先々月、久しぶりに台湾にやって来て早々、違和感を感じたことがあります。 そもそも台湾にあるはずもないものなのにそこにある。なんというか、花粉症のような、アレルギーに近い強烈な「異物感」が。 それは一体…

旧制台北高等学校物語 第3話ー写真でたどる現在の台高【昭和考古学】

2話分を費やし、台湾にあった旧制高校、台北高等学校の歴史を辿っていきました。 parupuntenobu.hatenablog.jp parupuntenobu.hatenablog.jp 今までは過去を書いていきましたが、今回は現在の台高、つまり國立臺灣師範大學がどうなっているのかを写真で紹介…

旧制台北高等学校物語ー第2話【昭和考古学】

(台北高等学校の帽章) 第一話、 parupuntenobu.hatenablog.jp に引き続き、台北にあった旧制高等学校(「台高」)の歴史を書いていきます。 尋常科と高等科 1922年に創立した台高ですが、まず作られたのが「尋常科」というクラスでした。 旧制高校は3年制…

旧制台北高等学校物語ー第1話【昭和考古学】

台灣には、2005年時点で145校もの大学が、島内のあちこちに建てられています。 台湾人の大学進学率は7割近くに達するようで、学問熱心のお国柄もあいまって日本以上の学歴社会となっています。 その中の一つに、台北市内にある 「国立台湾師範大学」 という…

2017年台湾の旅-高雄牛乳大王・・・あれ?

旅行の時、現地に着いたらまずこれをやりたい、○○を食べたいなどという事が誰しもあると思います。テレビやネット、写真などで見て体験してみたい、友達が是非にと薦めていたなど理由は様々だと思いますが、その目的の一つに「思い出」というものもあります…

2017年台湾の旅-台北のゲストハウスOxygen Hostel

台湾旅行の入り口の台北で今回、予約した宿がここでした。 Oxygen Hostel(中国語名:奥斯金旅店)というところ。旅行慣れしている人ならピンとくると思いますが、HotelではなくHostelです。HotelとHostelは、元々「旅の客」という "hospes" というラテン語…

2017年台湾の旅ー台北よ、私は帰ってきた!ものの・・・

==前回までのあらすじ== 四捨五入すると約20年ぶりに台湾へとやってきた私。 初めての関空第二ターミナルに初めてのLCCを満喫し、台北に降り立った。 開通数ヶ月の空港鉄道の、まるでツッコんでくれと言わんばかりのサービスに、お言葉に甘えてツッコミ…

2017年台湾の旅ーいざ台湾へ

予告通り、8月のお盆に台湾へ久しぶりに里帰り・・・ではなく、旅をしてまいりました。 今回の旅の目的を出発前にまとめたのですが、大きく分けて4つ。 20年前に住んでいた時とどれだけ変わったか観察(Observation of Taipei) 鉄道で台湾を一周する 錆び…