昭和考古学とブログエッセイの旅

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

中華コラム(中国・台湾・香港等)

ただごとではないファーウェイ問題

本題に入る前に 10月以来、約2ヶ月ぶりの更新です。この2ヶ月間、ブログ営業ツールのはずのTwitterにかまけすぎたこともありますが、今後のブログの展開について考えていました。私のブログは、長い、長い、とにかく長い。それが個性といえばそうですが、…

台南で慰安婦像設置…おっとちょっと待て!

ブログの管理人ページを見ていると、ある記事へのアクセスが爆伸びしていました。 parupuntenobu.hatenablog.jp 約1年前に書いた記事ですが、書いた本人も忘れていたような古いものが何故今ごろ・・・と不思議に思ったと同時に、 「台湾で何かあったな」 と…

なぜ中国人は声が大きいのか。そこから考察する中国人の文化的背景

中国人はなぜ声が大きいのか 日本を訪れる外国人観光客は年々増加の一方です。先日、大学の公開講座で京都へ行ってきたのですが、右を向いても左を向いても外国人だらけ。全国規模で見ればローカル線の叡山電鉄ですら、乗客の半分は外国人な状態。日本旅行の…

台湾に残る日本語の世界 Part.2

前回の記事の「アタマコンクリ」、台湾には日常会話に相当の日本語が入っていることに衝撃を受けた人が多かったと思います。 parupuntenobu.hatenablog.jp 台湾で使われている台湾語や北京語などに浸透している日本語を、「日式台語」と言います。和製英語な…

アタマコンクリ ー 台湾に残る日本語 Part.1

目次: 台湾の言語事情 台湾史から見る日本語 台湾に残る日本語 台湾で見つけた「日本語」 昔はもっと残っていた日本語 アタマコンクリ アタマコンクリの立役者はあの人だった!? 日本でも使われていた!? アタマショート ネイティブによるアタマコンクリ…

日本人が誤解している飲茶の世界

私のブログをずっと読んでくれている方には、何をいまさら的な事ではあるのですが、かつて・・・もう20年以上も前になりますが、中国に留学し中国語を学んでいました。 最初に中国の地に降り立ったは1994年、今からもう24年も前になるのですが、場所は上海。…

「運ちゃん」から見える、台湾に残る日本語

Twitterで偶然見つけた記事です。 www.sankei.com なんのこっちゃ!?とお思いでしょうが、百聞は一見にしかず、こちらをどうぞ。 このタクシーの運ちゃんは、どこを見て運転しているのでしょうか。 ここまで全面がコチャゴチャしていると、何を見ていいのか…

台湾の標準時が変わる!?そこから見える台湾の「脱中華」

昨日、夜も遅いしそろそろ寝ようかと思っていたところ、スマホであるニュースを見てビックリ仰天しました。 台湾の標準時変更か現状維持か 台湾の標準時をめぐり、市民から変更と現状維持で対立する要望が寄せられたのを受け、内政部は19日、標準時変更は形…

上海の地下鉄怪綺談

以前、こんな記事を書いたことがあります。 parupuntenobu.hatenablog.jp 中国ならではというか、とんでもない所に地下鉄の駅を作ったと、当時話題沸騰となりました。その本文中に、「鬼站」(ゴーストステーション)ということを書きました。「鬼」は中国語…

あなたの知らない中国と中国人の世界-「商人気質」

今や日本でも常識となりましたが、中国は世界有数、いや、世界一のコピー大国です。 KFGとか (Gって何の略やねん) ユニプロとか (ネタにここで買い物したいわ) 挙句の果てには・・・ なんやねんこれ!! (ダウンタウンの浜ちゃん風に) こんなのはまだ…

台北のローマ字に見る台湾アイデンティティ-ウェード式から漢語ピンインまで

台湾にはないはずの○○が何故ここに・・・? 先々月、久しぶりに台湾にやって来て早々、違和感を感じたことがあります。 そもそも台湾にあるはずもないものなのにそこにある。なんというか、花粉症のような、アレルギーに近い強烈な「異物感」が。 それは一体…

台湾が慰安婦問題で謝罪要求。・・・だがちょっと待て!

何気に台湾の情報を探していると、こんなニュースが目に飛び込んできました。 headlines.yahoo.co.jp 私はこの記事で非常に腹が立ちました。すごく怒りを覚えました。非常に不愉快です。 頼行政院長に? いえいえ、レベルの低いコメントを偉そうに書いている…

軍事施設の撮影には気をつけろー中国での日本人拘束に添えて

既にリンクが切れてしまいましたが、日本人が中国でスパイ罪で捕まったニュースがありました。 どういう経緯で捕まったのかが書かれていないので、詳細は不明ですが、2つの可能性が考えられます。 ①日本に対する政治的圧力②軍艦などの軍事施設を、もの珍しさ…

中国の幽霊-霊感ゼロの私が唯一「何か」を感じた話

今週のお題「ちょっとコワい話」 霊の存在を肯定したくて心霊スポットを巡った話 - AzuYahi日記 今日は、はてなのお題と他記事言及のダブル、二段構えです。 だからといってどうということはありません(笑 言及先のAzuYahiさんは、数々の心霊スポットを巡っ…

中国三大竈(かまど)の話

日本も本格的な夏に入り、毎日暑い毎日が続いていますが、お隣中国もやたら暑い毎日です。 www.afpbb.com 中の記事を見ていただくとわかりますが、中国内陸部の重慶ではあまりの暑さにプールの中で麻雀をやる人が出る始末。そこまでして麻雀やりたいか!はい…

イングリッシュネーム

中華圏の人と触れ合っていると、「ジョン・ワン」とか「ジェニファー・リー」とか、名前がイングリッシュになっている人が多いことに気づきます。 もちろん、「ジェニファー・リー」さんでも「李麗霞」とかの中国語名、つまり本名を持っているのですが、じゃ…

老台北、逝く

世間では、ノーベル平和賞受賞者の中国人、劉暁波氏が亡くなったことが大々的に取り上げられていました。その中で、あまり知られずひっそりと流れていたニュースがあります。 www.sankei.com 「老台北」こと蔡焜燦(さいこんさん)さんが死去したというニュ…

隠れた台湾の名総督。その名は・・・

台湾の発展に貢献した日本人と言えば、最近像の首が切取られ話題になった八田與一など、いろいろ名前が出てきます。 parupuntenobu.hatenablog.jp parupuntenobu.hatenablog.jp 他にも、児玉源太郎・後藤新平・新渡戸稲造・明石元二郎などなど。 彼らの名前…

上海に数年だけ存在した幻のモスバーガー

私の大好きなファーストフードの一つに、モスバーガーがあります。 ファーストフードにしては高くつきますが、多い時は週2回以上通うほどお馴染みでした。 残念ながら淡路島にモスバーガーはないので、神戸など島を離れないと食べられないのが玉に瑕です。…

中国語屋さんが教える!中国人と台湾人の見分け方

たまたまですが、こんなニュースが目につきました。 news.searchina.net 「中国人はマナーが悪い」 「大声でしゃべってうざい」 「あちこちでツバや痰を吐く」 という声は、チラホラ耳にしますし、中国の掲示板でも話題になります。 わかります。よくわかり…

西朝鮮-中国人民の魂の自虐

慰安婦像の設置などで日本政府の堪忍袋の緒が切れ、かなり強い抗議を示したりして、日韓関係がこじれています。 さらに北朝鮮の工作員第二号のような熱い人が大統領になり、まことに燃えたぎっている日韓関係ではありますが、そこで忘れがちなのが北朝鮮の存…

日本人の中国語読み

日本では、中国人の名前は、たとえば「習近平」を「しゅうきんぺい」と日本語で読みます。中国語読みは「シーチンピン」なのですが、 「中国の『シーチンピン』国家主席は・・・」 とニュースで流れても、誰もピンとは来ないでしょう。なんだか麻雀用語みた…

ついにニーハオトイレ撲滅?-中国に「便所革命」か

本文の前にこの記事はちょっと下世話な話なります。食事中の方は、とりあえず食事を済ませてからご覧下さい。気分を害しても当方は一切の責任を終えません(笑) ついに、あの中国がトイレ革命のために重い腰を上げたようです。 中国のトイレと言えば、あれ…

五毛党と噴青-中国人留学生卒業スピーチに見える、中国の歪んだ愛国心

中国人のスピーチに対する批判 今日、何気にYahooの今日のニュースを見ていると、こういう記事が目に入りました。 headlines.yahoo.co.jp 楊さんという中国人が大学でスピーチをした際、 中国で育った後に米国に来たことは「清新な空気」を吸うようなものだ…

アジア初!台湾が同性婚容認へ 【新聞記事で時事中国語を勉強しよう】

headlines.yahoo.co.jp 台湾の司法院大法官会議は、同性どうしの結婚を認めない現行民法は違憲であると判断、2年以内の法律の修正を指示したとのことです。 まだ「法律を改正せよ」と大法官会議が表明しただけなので、まだ認められたわけではありません。 …

北京語、台湾語、客家語。台湾で使われている言葉

台湾で使われている言葉は中国語・・・まあ正解と言えば正解です。 しかし、果たしてそれだけで済ませて良いものでしょうか。中国語とひと言で言ってもいくつかの方言に分かれているし、中国語だけで台湾を語るには、確実に片手落ちです。 中国の言語事情を…

曹家湾-重慶地下鉄のとんでも秘境駅

まずは、この写真をご覧下さい。 何かのジオラマかCGかと思うでしょ。というか、そもそもこれは何!?と。 2ちゃんねるのまとめサイトで、中国のこんな駅が話題になっていました。 blog.livedoor.jp 駅の構内は、 至ってふつうの地下鉄の駅なのですが、外に…

今の中国は何故尊敬できないのだろうか。その歴史的経緯

前回に書いたブログ parupuntenobu.hatenablog.jp のはてブに、kame710さんからこんなコメントがありました。 昔の中国はこんなにすばらしかったのに、今はあんまり尊敬できることなく、残念です。 文字からため息が聞こえてきそうなこの言葉、同じような声…

ドラマ「東亜村の憂鬱」第一話 Nの憂鬱

外交とか国際政治というと、言葉の重みもあり我々にはわかりにくい部分があります。さらに、駆け引きや謀略なんでもありの世界。その上、評論家が難しい言葉を並べて説明するので、余計難しく感じる。 しかし、よく考えてみて下さい。これをれやっているのは…

蒋介石像の破壊-ショービニスムの危険性

前回、2回に渡って台湾の八田與一氏の像が破壊された事件を記事にしました。 parupuntenobu.hatenablog.jp parupuntenobu.hatenablog.jp まだ首は見つかっておらず、現在警察がダムの底を捜索しているのですが、報道は沈静化してやれやれ・・・と思っていた…