昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

台北帝国大学の歴史 中編【昭和考古学】

前編では、台北にある台湾大学の前身、台北帝国大学の歴史をざっくり書きました。はい、あれでざっくりです。 parupuntenobu.hatenablog.jp 中編は、実際に現在の台湾大学への冒険へと旅立ち、台北帝国大学の遺構を目(写真)で味わいましょう。 台湾大学へ…

太平洋戦争中、『戦争反対!』と言ったらどうなるの?

「昭和は遠くなりにけり」時代は21世紀となり、平成ももうすぐ終わりを告げようとします。昭和という言葉がますます遠くなり、じきに文化財扱いされるのではないかと、昭和生まれの私はつくづく思います。 しかし、メリットもあります。「昭和」という時代…

ガンガンいこうぜ!-ドラゴンクエストスペシャルコンサート@洲本

ある休日のこと、洲本の町を歩いていると、こんなポスターを見つけました。 ほう、交響楽団による生ドラクエか。 そう言えば、ドラクエどころか生オーケストラは、ヨーロッパで1回だけ聞いたことがあるものの、日本では一度もなかったりします。当時全国ト…

他人をコントロールしようとする事、他人にコントロールされる事

日本特別扱いに中国反発=台湾地震の救援めぐり headlines.yahoo.co.jp 台湾東部の地震で、蔡英文政権が中国ではなく日本の救援チームを受け入れたことに中国国内で反発が出ている。 共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は8日、「大陸を拒絶しなが…

ブログと自分史

2月6日はブログの日 なんだそうです。 www.yuru-ppo.xyz こんな日誰が決めたんや、そもそもなんで2月6日がブログの日やねん! と吠えても仕方ない。ただ、ブロガーとしてこの日はちょっと見逃せない。全日本2,300万の(?)ブロガーの諸君は、この日にい…

台北帝国大学の歴史 前編【昭和考古学】

台北の郊外、公館という地に台湾大学が鎮座しています。11の学部に50以上の学科を備え、3万人ほどの学生が在籍している、台湾一の総合大学です。 中国の伝統的価値観では、犬である武官より犬をコントロールする文官の方が格上でした。しかし、台湾では何故…

不要(プーヤオ)

海外に旅行や仕事で行く際、現地の言葉を覚えるのは決して必須ではありません。しかしながら、挨拶の言葉くらいは覚えておくのは、ちょっとしたマナーとも言えます。 そう言われなくても、いろんな思惑で覚えてから行く人は多いと思います。 しかし、そうい…

ジョージア見聞録ー栃ノ心幕内最高優勝に添えて

2018年(平成30年)大相撲初場所 2018年大相撲初場所、春日野部屋の栃ノ心関が幕内最高優勝を遂げました。 彼の経歴は、ググればすぐ出てくる事なのでここでは語りません。ただ、彼が右膝を大怪我し、三段目に手が届きそうな幕下の下まで落ちた時は、せっか…

ベルクマンの法則と中国人

ふと適当にググっていると、「ベルクマンの法則」という、少し聞き慣れないものにぶつかりました。ベルクマンの法則とは一体なにか。 「同じ種類の生物であれば、寒い地域にすんでいるほうが体が大きい」 平たく言ってしまえばこういうことです。 これは、体…

日本語は何故、どこが難しいのかー外国人から見る日本語のムズカシイ

アメリカの外務省にあたる国務省に、 「外国語習得難易度ランキング」 というデータがあります。 国務省は日本なら外務省にあたる組織なので、外交官を養成する必要があります。外交官は語学が基本中の基本ですが、その語学習得の時間で難易度を分けた表が、…

横山やすし-昭和最後の芸人の幼少期を訪ねる【昭和考古学】

昭和最後の芸人の死 平成8年(1996)1月の大阪摂津市。ある男が、自宅で短くも太く濃い波乱の人生に幕を閉じました。その男は死の前夜酒を飲み、長年の深酒に肝臓が悲鳴を上げたアルコール性肝硬変でした。「あんた、これ以上飲んだら死ぬで」と医者に通告され…

海の向こうの阪神・淡路大震災

1月17日は阪神・淡路大震災発生の日。今日であれから23年が経ちました。 まずは、震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。 ブログサーフィンをしていると、今日はやはりそれ関連の記事が多くなっているように感じます。はてなブロ…

大阪の「雷伝説」を訪ねるー長承寺の雷井戸と歯痛地蔵(堺市西区)

少し間が空いてしまいましたが、新年の「くわばらくわばら」の由来を訪ねる第二弾です。 parupuntenobu.hatenablog.jp 前回は、「くわばらくわばら」という言葉の由来と言われる「西福寺」(大阪府和泉市)というお寺を訪ね、「くわばら」は「桑原」が絡む話…

モスクワ地下鉄のリング型ICチケットと、ある日本人の予言

ロシアはモスクワで、こんな地下鉄ICパスが発売されたそうです。 https://twitter.com/hiduki_8kd/status/952152998674817024/photo/1 現物はこんな感じ。 この中にICチップが入っており、改札を素通りするだけで処理されるというシステム。手袋をはめたまま…

ブログ忠魂碑:あのブロガーたちは今・・・

一説によると、ブログを始めたものの半年か1年で9割の人が、途中で更新をドロップアウトしてしまうそうです。10人同時に始めたとしたら、1年後には9人がいなくなってしまう計算となります。更新しない=ブログの「死」とみなすと、1年以内の「死亡率」…

サイゼリヤの季節限定メニュー「魚介クリームソースのトロフィエ」を喰らふ

今日は私用で島を脱獄して大阪に来ています。 用事は明日なので、一日早く上陸してフリータイムを楽しんで・・・という予定だったのですが、こんな時に限って雨、あめ、アメ・・・。昨日まで快晴やったのに~。己の雨男ぶりを呪うばかりです。 今日はこれま…

「運ちゃん」から見える、台湾に残る日本語

Twitterで偶然見つけた記事です。 www.sankei.com なんのこっちゃ!?とお思いでしょうが、百聞は一見にしかず、こちらをどうぞ。 このタクシーの運ちゃんは、どこを見て運転しているのでしょうか。 ここまで全面がコチャゴチャしていると、何を見ていいのか…

大阪の『くわばらくわばら』の由来を訪ねるー西福寺(和泉市)

昔々の日本では、ゴロゴロと雷鳴が鳴った時に、「くわばら くわばら」と唱えると雷に落ちない、というおまじないがありました。それが転じて、「くわばらくわばら」は災難や嫌なこと除けのおまじないとして広く伝わりました。「ありました」と言っても今でも…

2018年、新年の挨拶

平成30年、2018年あけましておめでとうございます。 旧年中は、ブログを見ていただきありがとうございました。 今年もよろしくお願いいたします。 この記事はただの挨拶です。内容はありません(笑 さて、今年の抱負となりますが、ブロガーとしての抱負は 「…

2017年を振り返って-今まで書いた記事で打順を組んでみた

まで 2017年もあと1日となりました。 皆さんは、1年の時間の流れを早く感じたでしょうか。それとも遅く感じたでしょうか。早く感じればもう年です。1年が半年くらいに感じれば重症です。私は3ヶ月くらい前におせちを食った気がします・・・これはビョーキで…

ブロガーのためのボキャブラ辞典ー「笑」

ブロガーというと少しニュアンスが軽い感じがするのですが、「もの書き」と書くと威厳がどこからか発生し、重々しくなります。 小説家だってコラムニストだって、大分類すれば「もの書き」。我々ブロガーは、「もの書き」としてはノーベル文学賞の川端康成大…

宝塚のブスの25か条

いきなりですが、この記事は女性にケンカを売っているわけではありません(笑 『宝塚のブスの25か条』 というものを聞いたことがありますか? 「宝塚」とは宝塚歌劇団(以下タカラヅカ)のことで、音楽学校や舞台裏に突然、誰でも目が届く所にある日突然貼ら…

台湾の標準時が変わる!?そこから見える台湾の「脱中華」

昨日、夜も遅いしそろそろ寝ようかと思っていたところ、スマホであるニュースを見てビックリ仰天しました。 台湾の標準時変更か現状維持か 台湾の標準時をめぐり、市民から変更と現状維持で対立する要望が寄せられたのを受け、内政部は19日、標準時変更は形…

禁煙して半年経ったので、所感をQ&Aで書いてみる

禁煙してからはや半年が経ちました。 と言っても、あと3日で7ヶ月達成なのですが、独断と偏見で「七捨六入」します(笑半年とは長い禁煙街道の中でも、「まだ半年」とも「もう半年」とも思えるこのビミョーな時期ですが、ファイザー製薬によるとアメリカでの…

ANAは堺市が発祥だった?!日本航空輸送の魁、日本航空輸送研究所と大浜飛行場【昭和考古学】

堺という町 大阪市の南にある堺市は、日本でいちばん新しい政令指定都市・・・かと思ったら違っていました。時代は私の意思とは関係なく動くものです。しかし、その歴史は古墳時代にまでさかのぼります。 堺が大発展したのは室町時代から。商業を中心とした…

大阪珍登山紀行-蘇鉄山と天保山

大阪は平野が南北に伸びる、比較的平らな土地ですが、一方で兵庫県以外の県境がすべて山でもあります。大阪で有名な山の一つに、金剛山があります。大阪の小学校では耐寒登山で真冬の金剛山に登るのが儀式になっているのですが、最近はミリオタや二次元好き…

BEのぶの外国語論 第三章ー英語落語で英語を勉強しよう

英語をはじめとする外国語を勉強する方法・・・勉強したいけれどという人は、まずそこで迷路にはまってしまうことが多いです。本屋に行っても、英語のテキストが山というほどありますしね。しかし、私が外国とその言葉に興味を持ち始めた30年前、小学生の…

上方で活躍した江戸落語家、東京で活躍した上方落語家

私の中で、激しく燃えているわけではないけれど、メラメラと小さな炎が絶えることがない静かなブームが落語になっています。 というか、世間でも1960年代以来の「平成落語ブーム」なんだそうです。落語に(漫才のような爆発的)ブームはない、と言ったのは誰…

淳仁天皇陵後編-淳仁天皇ゆかりの地を訪ねる

以前、淡路島にある唯一の天皇陵、淳仁天皇陵のことを取り上げました。 parupuntenobu.hatenablog.jp 天皇陵を紹介して終わり、なに、簡単なお仕事だというつもりで書き始めたつもりでした。しかし、この天皇陵、淡路島の伝承も重なりなかなか奥が深い。これ…

上海の地下鉄怪綺談

以前、こんな記事を書いたことがあります。 parupuntenobu.hatenablog.jp 中国ならではというか、とんでもない所に地下鉄の駅を作ったと、当時話題沸騰となりました。その本文中に、「鬼站」(ゴーストステーション)ということを書きました。「鬼」は中国語…