昭和考古学とブログエッセイの旅へ

昭和の遺物を訪ねて考察する、『昭和考古学』の世界へようこそ

横山やすし-昭和最後の芸人の幼少期を訪ねる【昭和考古学】

昭和最後の芸人の死

平成8年(1996)1月の大阪摂津市。ある男が、自宅で短くも太く濃い波乱の人生に幕を閉じました。その男は死の前夜酒を飲み、長年の深酒に肝臓が悲鳴を上げたアルコール性肝硬変でした。
「あんた、これ以上飲んだら死ぬで」
と医者に通告されていた中の深酒。傍目から見ると自殺そのものでした。しかし当人にその自覚はなく、当然遺書もありませんでした。

 

f:id:casemaestro89:20171220161054j:plain


その男の名は横山やすし。本名は木村雄二。非常にクセのあった、しかしどこか愛された昭和最後の、そして空前絶後の破滅型芸人でした。

昭和に生き、戦後昭和に彗星の如くあらわれ、そのピークを笑いで支え、そして昭和の終わりと共に消えていった芸人、横山やすし
「昭和考古学」は今まで、建物などの「モノ」を中心にしてきましたが、彼の人生もまた、「昭和考古学」として取り上げるべき材料としてうってつけでしょう。

 

続きを読む

海の向こうの阪神・淡路大震災

1月17日は阪神・淡路大震災発生の日。今日であれから23年が経ちました。

まずは、震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りしたいと思います。


ブログサーフィンをしていると、今日はやはりそれ関連の記事が多くなっているように感じます。
はてなブログでも、このように当時の思い出を語る方もいます。

 

www.utsu-joso.com

 

3710920269.hatenablog.jp

 

www.cobalog.com

 

www.katsuolog.com

 

私は生まれも育ちも大阪ではありますが、実は阪神・淡路大震災は体験しておりません。
実はまだ生まれてなかった・・・ゲフンゲフン、当時は大阪にいなかったことが理由。
いや、厳密に言うと日本にすらいなかったのです。

震災の記憶は様々な人がアップしていますが、私は外国からという少し違う視点からの話を。

 

続きを読む

大阪の「雷伝説」を訪ねるー長承寺の雷井戸と歯痛地蔵(堺市西区)

 

少し間が空いてしまいましたが、新年の「くわばらくわばら」の由来を訪ねる第二弾です。

parupuntenobu.hatenablog.jp

 前回は、「くわばらくわばら」という言葉の由来と言われる「西福寺」(大阪府和泉市)というお寺を訪ね、「くわばら」は「桑原」が絡む話を含め解説しました。

 

f:id:casemaestro89:20180103192949j:plain

次に訪ねたるは、西福寺から約6キロほど北にある、「鳳」(おおとり)というところ。

鳳凰の「鳳」という、地味に格好いい名前がついたこの地域は、日本武尊ヤマトタケルノミコトと深いかかわりがあります。日本武尊は死後、魂が白鳥(大鳥)となったという話は有名ですが、鳳は最後に舞い降りたという地とされ、ここに日本武尊主祭神とする大鳥大社が建てられています。

その「大鳥」が明治になり、「鳳」という縁起の良い字に変わったというわけです。

 

f:id:casemaestro89:20180115133759j:plain

また鳳は、南北を熊野街道が貫く交通の要衝でもありました。大鳥大社への参拝客はもちろん、熊野詣での巡礼者もここを通り、古代・中世近畿を南北に貫く幹線道路でした。そのせいか、古い時代から人があつまり、街道沿いに集落が作られていました。
すでに平安時代には、特殊技能を持った人たちが住んでいたという「陰陽師村」、下層の賤民とも音楽を演奏する芸能集団とも言われる、「夙(しゅく)」または「夙の者」と呼ばれた人々が住んでいた「夙村」もありました。「夙村」は関西独特の集落で、関西各地には、時折「夙」がついた地名が目につきます(神戸の「夙川」が有名ですね)。

鳳界隈の歴史はなかなかもって謎が多いので、ほじくってみると色々面白いネタが出て来るかもしれません。

実はここにも、雷様伝説が残っているのです。

 

JR阪和線鳳駅の東口を出てすぐ左折すると、熊野街道との交差点に当たります。そこを右折し商店街となっている旧街道を南下、商店街のアーケードをくぐって出た所は、その昔「長承寺」と呼ばれた地域だったそうです。

 

f:id:casemaestro89:20180108135134j:plain

 

現在、「長承寺」という地名は残っていません。バス停とだんじりの寄合に、わずかにその名を残しているのみです。「長承寺」そのものも現存していませんが、地名で残っているほどなので、昔は存在していたのでしょう。

 

それはさておき、ここ長承寺にも西福寺のような雷様伝説があることは、前回書いた地域が有名すぎて、あまり知られていません。ググっても3~4件しかヒットしないことから、ほとんど知られていないのでしょう。実際、『くわばらくわばら』の由来として西福寺に来る人は多いものの、ここはほとんど見逃している。嗚呼、せっかく和泉市まで来たのにもったいない。これも灯台下暗しというのでしょうか。

長承寺の雷様伝説はどんなものかというと。

 

昔、長承寺村(今の西区鳳南町)には、家や田圃に家や田圃などに雷が落ちることが多く、村人たちは困り果てていました。
長承寺の住職はその難儀を見かねて、ある夏、境内に落ちた雷を法力を用いて捕まえ、井戸中に押し込めました。
雷は泣きだし「二度と落ちません」と謝りましたが、「落ちないのはあたりまえじゃ、それぐらいでは許すものか」と脅しかけたところ、「では旱天の夏に雨を降らせて差し上げます。『長承寺の雷はん』と何度か唱えてください。きっと降らせます」と誓いましたので、和尚は呪縛を解いてやりました。
それ以来、この地方には雷の災いから逃れるようになったといわれています。

 

「くわばらくわばら」という言葉こそ絡んでいないものの、前回の西福寺などに伝わる物語と、大筋は一緒です。
大阪(2ヶ所)に兵庫、そして長野というなんの接点もない地域に、話の大筋が同じ伝説が残っていることが、日本史の大きなミステリーだし、かつ面白いところですね。

長承寺の雷伝説は、地元では古くから伝承されていたらしく、だんじり地車)にもこの話が彫刻として描かれています。

f:id:casemaestro89:20180116175552j:plain

 ここ鳳だんじりは、知る人ぞ知るだんじりのメッカ。
え?岸和田じゃないの?という人もいますが、ほとんど観光客向けの見世物と化した感がある岸和田に比べ、鳳界隈のは昔の泥臭さを色濃く残す、通好みのだんじり
だんじりの起源はいくつかあり、まだはっきり決着がついていないのですが、ここ鳳も起源の一つとされています。少なくても岸和田ではないことは確かで、岸和田のだんじり天明5年(1785)、隣の泉大津から伝来と記録に残っています。

 

 長承寺の雷井戸を訪ねる

長承寺雷井戸の場所

長承寺の雷井戸は、上の地図の矢印の場所にあります。
ここあたりはいわば「鳳の旧市街」に等しく、狭い道が幾重にも絡んでいます。
裏路地大好きな人生裏街道の方冒険好きな方にはたまらない道です。方向音痴な方は、かなり不安になることでしょう。

 

f:id:casemaestro89:20180115115807j:plain

雷井戸の前には、「南公園」と呼ばれる小さな公園があるのですが、そこを目印にするとベストです。車では到底通れない狭い道なので、車で来るつもりであればどこかで置いて徒歩で来た方が良さそうです。

 

 

f:id:casemaestro89:20180116175715j:plain

地名に残る長承寺はここに、あるいはここ付近にあったとされています。
現在はここに薬師如来を本尊とする「ちちやくし堂(乳薬師堂)」が建てられ、お乳がよく出るようにと授乳・安産祈願のお参りをする人が多かったお堂です。

 

f:id:casemaestro89:20180116175922j:plain

 こちらが鳳に伝わる「雷井戸」です。

和泉市の西福寺もそうですが、井戸がとても小さい。雷様はもしかしてめちゃくちゃ小さかったりして。

周囲はふつうの住宅街になっておるのですが、その間にお堂と雷井戸という異空間が、口を開けたように存在しています。ふつうならとうに忘れ去られ、壊されていると思うのですが、こうして残っているということは、地元住民によって長い間守られてきた「何か」があるのでしょう。それが本当に雷様かどうかは、雷様のみぞ知る。

 

もう一つの古跡ー歯痛地蔵

雷井戸の近くには、もう一つ不思議なものがあります。

 

f:id:casemaestro89:20180116181143j:plain

雷井戸の左側に、「歯痛地蔵」と書かれた場所があります。

徒歩したら十数秒・・・っていちいち書くまでもない時間で到着。

 

f:id:casemaestro89:20180116181401j:plain

実際に行ってみると、こんな感じになっています。

きちんと雨除けの屋根もつき、花も新しい。地元の人に忘れられず大事にされていることがわかります。

この歯痛地蔵はその名のとおり、歯が痛い時に手を合わせると歯痛が治ると言われております。そんなアホな、迷信やと片付けるのは簡単ですが、長い間伝えられている伝承は、伝わるうちに話が違う方向に進んでいるとは言え、元にあった話は伊達ではない。私はそう思います。まあ、今なら歯が痛いなら歯医者行けでおしまいでしょうけどね。

歯痛地蔵は全国に数体あるようで、熊野街道をはるかに南に進んだ、世界遺産になっている熊野古道沿いにも、有名なものがあります。「歯痛地蔵」で検索すると、おそらくそちらが出てきます。こちらの歯痛地蔵は熊野街道からは少し外れているものの、同じ熊野古道つながりで歯痛地蔵があるというのも、少し不思議です。

 

f:id:casemaestro89:20180116182421j:plain

この地蔵尊で不思議なことがもう一つあります。

写真は真正面なのでわかりにくいですが、長方体の石塔の4面に地蔵尊らしき姿が彫られている、ちょっと変わった形です。特に右側は、一面に着座した姿が4体分彫られ、それが4面。何故かは全く不明、誰もわからないそうです。そのそもこのお地蔵さんがいつつくられ、いつからここにあるのか、誰もわからず。うっすら「元禄」と書かれているそうですが、それが建立日と関係あるのかどうかもわからない。

もしかして、かつてあった長承寺にあった遺留物かもしれません。

 

f:id:casemaestro89:20180116182848j:plain

裏に何やらひらがなで書かれた字が彫られているのですが、何が書いてあるやらよくわかりません。

 雷井戸が目的でやってきたものの、むしろこちらの方がミステリーになってきました。

 

鳳は、私が生まれ育った場所の隣の地域と言っていいほど、昔から馴染みの場所だったのですが、ここにこんなものがあったとはつい最近まで知ることはありませんでした。キラキラ輝くほどではないものの、小さな、小さいけれどいぶし銀に光る小さな歴史の宝を今の今まで見逃していた、自分の堀りの浅さを反省しないといけませんな。

私の歴史探求の旅は、この身朽ち果てるまで続く。

 

 

モスクワ地下鉄のリング型ICチケットと、ある日本人の予言

ロシアはモスクワで、こんな地下鉄ICパスが発売されたそうです。

 

f:id:casemaestro89:20180114195727j:plain

https://twitter.com/hiduki_8kd/status/952152998674817024/photo/1

 

現物はこんな感じ。

ロシアモスクワ指輪型リング地下鉄ICパス

この中にICチップが入っており、改札を素通りするだけで処理されるというシステム。手袋をはめたままでもOK、その上防水防塵仕様という情報です。当然、世界初の試みです。

去年の11月か12月に発売されたそうですが、即日完売で年明けから再入荷の予定だとのこと。

画期的なICパスだけあって、お値段は2,200ルーブル。現在1ルーブルは1.96円ですが、面倒くさいので2円とすると¥4,400也。日本のICパスのように、デポジット込みなのかは不明ですが、どちらにしてもICパスにしてはえらい高い。

しかし、やはり革命的に小さいICパス。話題作りも含めるとこの¥4,400は決して高くないかも。

 

他にも、

 

モスクワ地下鉄ICパスブレスレットタイプ

時計かブレスレットタイプや、

 

f:id:casemaestro89:20180114201649j:plain

カードに穴が開いているから、バッグのどこかに引っ掛けるタイプ(?)も販売されています。

上の写真に値札がありますが、300ルーブル(¥600)と書いてあるので指輪型の2200ルーブルに比べればお安いもので。

 

それ以上の情報はないですが、我々がまばたきをし、あくびをしているうちに、時代はどんどん進んで行くのだと感じました。

 

で、今日は予定を変更して何故この話題を持ってきたかというと。時を約20年前に戻す必要があります。

 

続きを読む

ブログ忠魂碑:あのブロガーたちは今・・・

f:id:casemaestro89:20180111163951j:plain

一説によると、ブログを始めたものの半年か1年で9割の人が、途中で更新をドロップアウトしてしまうそうです。
10人同時に始めたとしたら、1年後には9人がいなくなってしまう計算となります。
更新しない=ブログの「死」とみなすと、1年以内の「死亡率」は実に9割の世界!ブログの世界は、かくも過酷な世界なのです。9割など、ライオンやチーターが跋扈するアフリカのサバンナよりサバイバルな世界。いや、モヒカン野郎が跋扈する北斗の拳の世界より過酷かもしれない。
そんな世界に身をおいている我々は、一体何なのでしょうか。それを深く考える必要があるかと思います(笑)

 

それはさておき、ブロガーというものは現れては消え、消えては現れる存在です。
消える事情は、ネタがなくなった、リアル世界で多忙になった、引っ越しや結婚などで生活環境が激変したなどなど、ブロガーの数だけ理由や事情があるはずです。一度、「元ブロガー」の方々に止めた理由をアンケートして、ちゃんとした統計を取りたい気分です。

ネット世界の特徴の一つに、突然消えてしまうということがあります。リアルでの引っ越しなら、隣近所に挨拶してから住んでいた住居を離れるのが一般常識です。何も言わずに去ると、夜逃げと間違えられますからね。
しかしながら、ブログの世界はある日突然消えることが非常に多い。ずっと楽しみに見ていたのに、突然ネット界から逐電しブログの更新も途絶えてしまう。

「あなたにずっとついていくわ♪」

と堂々とコメントしていた人が、次の日から来なくなる。言葉と行動が伴ってへんやないかいと怒りたくなりますが、仕方ない。これがネットの世界。


民法では、配偶者が失踪して7年以上音信不通になると、家庭裁判所の審査を経て死亡したとみなされるのですが、一定期間以上更新せず他のブログを訪問した形跡もないブログは、「ブログとしての死亡」と言えるでしょうね、残念ながら。
その「死亡」したブログの中でも、いつも私が楽しみにしていたり、コンセプトや文章などが面白かったのに、何故止めた!?
と、小一時間問い詰めたいようなブログを紹介していきたいと思います。

 なお、ブログのチョイスはあくまで個人的な独断と偏見です。

 

続きを読む

サイゼリヤの季節限定メニュー「魚介クリームソースのトロフィエ」を喰らふ

f:id:casemaestro89:20180108204158j:plain

今日は私用で島を脱獄して大阪に来ています。

用事は明日なので、一日早く上陸してフリータイムを楽しんで・・・という予定だったのですが、こんな時に限って雨、あめ、アメ・・・。昨日まで快晴やったのに~。己の雨男ぶりを呪うばかりです。

 

今日はこれまた諸事情で市内に宿を取っているのですが、さて晩御飯はどうしようか。せっかく新世界に宿を取っているので、串かつにしようか、お好み焼きにしようか、それともたこ焼き?

考えた挙句、ここ行こう!と決まったところは。

 

続きを読む

「運ちゃん」から見える、台湾に残る日本語

Twitterで偶然見つけた記事です。

www.sankei.com

 

なんのこっちゃ!?とお思いでしょうが、百聞は一見にしかず、こちらをどうぞ。

 

f:id:casemaestro89:20180105214929j:plain

このタクシーの運ちゃんは、どこを見て運転しているのでしょうか。

ここまで全面がコチャゴチャしていると、何を見ていいのかわからなくなりそうですね。でも、これで事故っていないからまあいいか。

これを見て、

 

f:id:casemaestro89:20180105225745j:plain

 

ガンダムのコックピットを思い出してしまったのは、私だけでしょうか。

 

続きを読む